Coronary Intervention(コロナリーインターベンション) 定期購読・最新号・バックナンバー

Coronary Intervention(コロナリーインターベンション)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Coronary Intervention(コロナリーインターベンション)雑誌の詳細です。


Coronary Intervention(コロナリーインターベンション)の公式サイトへ
本・雑誌 Coronary Intervention(コロナリーインターベンション)
本・雑誌内容 インターベンション治療に関わる医療従事者なら,ぜひとも知っておきたい情報が満載。フルカラーで大きく配置した写真が,理論,テクニックの理解を助けます。その他,国内外の学会情報や海外のカテラボ紹介など,内容盛りだくさんでお届けします。
本・雑誌内容詳細 Contemporary Stentless Strategy 2018

目次・コンテンツ
Over View
・・・三重ハートセンター循環器内科 西川英郎
1. ステント留置後の長期予後には期待できない…特に下肢動脈ステント留置には問題点が多い
・・・小倉記念病院研究部 井上勝美
2.非保護左主幹部病変に対するStentless Strategy
・・・心臓血管研究所付属病院循環器内科 嘉納寛人/及川裕二
3.分岐部病変に対するStentless Strategy
・・・高岡市民病院循環器内科 平瀬裕章
4.石灰化病変に対する Stentless Strategy
・・・三重ハートセンター循環器内科 宮原眞敏
5.血栓性病変に対するStentless Strategy
・・・愛心会東宝塚さとう病院循環器内科 大辻 悟
6.私ならこうしてステント使用を避ける
1)POBA, Rota を活かす
・・・豊橋ハートセンター循環器内科 松原徹夫
2)DCAを活用する
・・・時計台記念病院循環器センター 木谷俊介/五十嵐康己
7.DCBを活かす
・・・福岡山王病院循環器センター 横井宏佳
8.DCBによるStentless Strategy…長期予後は良好か
・・・倉敷中央病院循環器内科 三浦勝也/羽原誠二/門田一繁
9.BRS/BVSはbreak throughになるか…どこまでStentless Strategyは可能か
・・・三井記念病院循環器内科 田邉健吾
10.BRS/BVS…その期待と限界,次なるステップは
・・・藤田保健衛生大学循環器内科 村松 崇
11.EVTにおけるStentless Strategy…薬剤溶出性バルーンへの期待
・・・京都桂病院心臓血管センター 舩津篤史/中村 茂
12.ステントレスPCIにおけるFFRの役割
・・・東京医科大学八王子医療センター循環器内科 田中信大
13.ステント治療を見直す…その光と影と将来
・・・京都大学医学部附属病院循環器内科 塩見紘樹/木村 剛


特別連載 Road to MitraClip
第1回 MitraClipとは何か?
・・・Heart Center Brandenburg/Medical School Brandenburg 金子英弘


JTVT2017
第8回日本経カテーテル心臓弁治療学会学術集会ランチョンセミナー
経験豊富な術者が語るTAVIの現状と今後


座談会
ガイドエクステンションカテーテルの現状と課題
第2世代のガイドエクステンションカテーテルは何が違うのか?


Discussion
PCIに残された課題に挑む
長期予後を見据えた治療戦略/DESの長期成績をどう捉えるか Part 1


REPORT
LMT分岐部に対する3リンクDP-EESの有効性
・・・豊橋ハートセンター循環器内科 羽原真人


DAPT治療のパラダイムシフト
De-escalation戦略を考察する


Series
ATIS予防の為の脂質低下療法を再考する ~脳・心・末梢の専門医が語る~
PCSK9阻害薬が適応となる患者像とは‐医療経済の観点を踏まえて‐


Silicon Valley発 次世代New Deviceレポート
シリコンバレー流 産学協同
第五十五章:バイオデザイン的医療機器開発 
Chapter 15:知的財産の基礎 Part 2
・・・バイオデザイン協会 大森初夏
・・・Stanford University 池野文昭
プロダクトNo 1281683355
出版社 メディアルファ
発売日 毎奇月31日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。