高尿酸血症と痛風 定期購読・最新号・バックナンバー

高尿酸血症と痛風の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

高尿酸血症と痛風雑誌の詳細です。


高尿酸血症と痛風の公式サイトへ
本・雑誌 高尿酸血症と痛風
本・雑誌内容 現在において壮年層のおよそ20%が高尿酸血症を呈している状況を鑑みると,今や痛風は糖尿病と並ぶ現代成人病の一つと考えられる。本誌は,高尿酸血症を核として,プリン体代謝から痛風までの諸問題を幅広く取り上げ,基礎研究者はもとより,整形外科をも含む直接臨床に携わる各科の方々の研究・診療の一助となるべく,毎号,最新の研究・情報を提供する。
本・雑誌内容詳細 ■特集 高尿酸血症・痛風治療薬の臨床薬理
1.高尿酸血症・痛風治療薬の分類と薬物動態学・薬力学(PK/PD)序論/岸 愼治 ほか
2.PK/PDに影響する諸要因
 1)薬物代謝酵素/藏城雅文 ほか
 2)トランスポーター/降幡知巳 ほか
 3)Pharmacogenomics/谷口敦夫
3.各論
 1)アロプリノール/藤森 新
 2)フェブキソスタット/大野岩男
 3)トピロキソスタット/細谷龍男
 4)ベンズブロマロン/市田公美
 5)ラスブリカーゼ/山内高弘 ほか
 6)クエン酸ナトリウム・クエン酸カリウム/清水 徹
 7)コルヒチン/益田郁子
4.今後期待される薬剤/細山田 真

■連載
○患者教育実践講座・49
 痛風患者のアドヒアランスを上げるために/谷口敦夫
○尿酸代謝に関連する疾患 第2回/毛山桜子 ほか
○血清尿酸値に影響を与える薬剤 第8回/嶺尾郁夫 ほか
○症例検討―症例を読む
 ベンズブロマロン投与により尿酸値降下とともにインスリン抵抗性が改善した心不全の1例/荻野和秀
○痛風Q&A/藤森 新
○最新文献紹介/細山田 真/大澤彦太 ほか
○巻頭グラビア
 目でみるアルコールと尿酸Ⅰ―アルコールと尿酸,痛風に関する疫学/森脇優司
○投稿/此下忠志 ほか
プロダクトNo 1281683168
出版社 メディカルレビュー社
発売日 3,9月の20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。