明治聖徳記念学会紀要 定期購読・最新号・バックナンバー

明治聖徳記念学会紀要の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

明治聖徳記念学会紀要雑誌の詳細です。


明治聖徳記念学会紀要の公式サイトへ
本・雑誌 明治聖徳記念学会紀要
本・雑誌内容 明治聖徳記念学会は明治の精神、神道、日本文化等について、学際的な研究・活動を行っている学会です。同学会が年1回発行する『明治聖徳記念学会紀要』は毎号テーマを設定し、各界で活躍する研究者による「論文」の他、「書評」「随想」「史料翻刻」「シンポジウム」「書籍紹介」など多彩な内容を収録。
本・雑誌内容詳細 【論文】
「昭和大礼記録」の編纂について〔堀口修〕
鎮守の縁起―上野国那波郡上之宮村倭文神社の場合―〔時枝務〕
明治天皇と昭憲皇太后の御真影―栄典制度としての御真影下賜―〔刑部芳則〕
伊勢神宮工匠の発生とその展開―特に進止権の所在を中心に―〔細谷公大〕
阿部國治による筧克彦「神ながらの道」の受容と展開―生き方に連なる『古事記』の教え―〔中道豪一〕
改暦前後の神社祭祀〔竹内雅之〕
近現代における北野天満宮瑞饋祭の変化について―西之京の変化を焦点に―〔吉野亨〕
丸山作楽の神祇官論について―雑誌『隨在天神』に注目して―〔半田竜介〕

【史料紹介】
井上正鐡直門野澤鐵教の生涯―岸本昌熾『先師野澤鐵教先生眞傳記』の翻刻と紹介―〔荻原稔〕

【講演】
明治天皇巡幸と地域社会―民衆統合の観点からみる研究動向と展望―〔川越美穂〕

【随想】
由利公正と神宝神社―福井県における明治天皇準御生祀の例―〔⻆鹿尚計〕
嘉永五年 菅公九百五十年御忌の諸相〔中澤伸弘〕
近代神社制度から仰ぐ御聖徳〔河村忠伸〕

【書評】
國學院大學研究開発推進センター編・阪本是丸責任編集『昭和前期の神道と社会』〔昆野伸幸〕

【紹介】
企画・編集委員会
吉川竜実著『千古の流れ』/平泉澄著・日本学協会編『続 平泉澄博士神道論抄』/三宅守常著『三条教則と教育勅語』

【彙 報】
プロダクトNo 1281683145
出版社 錦正社
発売日 11月の3日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。