旅行人 定期購読・最新号・バックナンバー

旅行人の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

旅行人雑誌の詳細です。


旅行人の公式サイトへ
本・雑誌 旅行人
本・雑誌内容 「旅行人」は個人旅行者のための唯一の旅行雑誌です。一般的な旅行雑誌では取り上げられることのないマイナーな国、辺境などを特集し、その地の文化や人々の生活を紹介する異文化マガジンです。つねに最新の取材で、旅行情報を掲載、カラー写真を満載し、毎号が完全保存版となるような読み応えのある特集をお送りします。
本・雑誌内容詳細 馬でフランス氷河を見にいった──チリ◆椎名 誠
昔語りのヒリ交易──パプアニューギニア◆門田 修
天を衝く世界最大の岩を見に行く──パキスタン◆船尾 修
南アラビア、泥の摩天楼シバーム──イエメン◆小松義夫
至福の山、ジェベル・マッラ──スーダン◆田中真知
屋根の上のもののけたちを探して──インド◆蔵前仁一
子供の集落──ウガンダ、グル近郊の名もなき集落◆石井光太
コンゴの密林で愛を語る──コンゴ共和国◆高野秀行
セベの木陰──バンナのボリ村──エチオピア◆増田 研
最後の戦士──ケニア◆早川千晶
権力に挑むものはこれを見よ──トルクメニスタン◆下嶋岳志
ビザンティンのフレスコ画を訪ねて──マケドニア◆渡邉義孝
尾行してたどり着いた村──ルーマニア◆森 優子
KAPIKULE──トルコ~ブルガリア◆さいとう夫婦
灰に埋もれた「観光地」──パプアニューギニア◆おがわかずよし
『ラバウル小唄』を歌う少女──パプアニューギニア◆山崎まゆみ
原始の森クレイドル山──オーストラリア◆伊藤伸平
神の聖域ギアナ高地──ベネズエラ◆片岡恭子
「普段着」のキューバ、モロン──キューバ◆松尾よしたか
アシャニンカ族の村で──ペルー◆北澤豊雄
トリニダーの昼下がり──キューバ◆岡崎大五
ジャングルの戦闘訓練──ニカラグア◆加藤健二郎
洛東江のほとり──韓国◆池 彼方
開平調楼──中国◆富永省三
火口湖を登り下りする男たち──インドネシア◆前原利行
バンコク本屋散歩──タイ◆前川健一
空想でも現実でも山水画のニンビン──ベトナム◆宮田珠己
変わるソイ・アーリー──タイ◆下川裕治
原生林の風が吹くビラチェイの森──カンボジア◆上島善之
〈不毛〉の大地に響く唄──インド◆小西公大
カッチ湿原の野生動物──インド◆緒方明彦
ボンダの幻のペインティング──インド◆小川京子
ハニ族の奇跡──元陽の棚田──中国◆大久保信三
ホーメイに魅せられて──トゥバ共和国◆井生明
谷を埋め尽くす大ゴンパ──中国◆長田幸康
カンゼの雪山が私を呼ぶ──中国◆浜井幸子
幸福行きの旅──中国◆グレゴリ青山
魅惑の中国炭鉱鉄道──中国◆岡田健太郎
山東省の炭鉱トロリーバス──中国◆宇井良輔
シベリアの小さな村で──ロシア◆滝野沢優子
宇宙に続く入口──ネパール◆石川直樹
タライ平原の村へ──ネパール◆平尾和雄
ソクラっち、危機一髪!──ネパール◆堀田あきお&かよ
二三歳のヒマラヤ──ネパール◆小林紀晴
プロダクトNo 1281683143
出版社 旅行人
発売日 6,12月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。