INTENSIVIST(インテンシヴィスト) 定期購読・最新号・バックナンバー

INTENSIVIST(インテンシヴィスト)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

INTENSIVIST(インテンシヴィスト)雑誌の詳細です。


INTENSIVIST(インテンシヴィスト)の公式サイトへ
本・雑誌 INTENSIVIST(インテンシヴィスト)
本・雑誌内容 「世界標準の集中治療を誰にでもわかりやすく」をコンセプトに、若手医師の育成や情報交換を目的として発足した「日本集中治療教育研究会」(JSEPTIC)の活動をベースに、年4回発行。 重症患者の治療にあたる医師として最低限必要な知識を手中に収めるべく、テーマは集中治療にとどまらず、内科、呼吸器、救急、麻酔、循環器にまで及び、ジェネラリストとしてのインテンシヴィストを追求する。集中治療専門医、それを目指す若手医師をはじめ、専門ナース、各科臨床医に対し、集中治療を体系的に語り、議論し、意見交換ができる共通の場(=アゴラ)を提供する。
本・雑誌内容詳細 Vol. 10 No. 1特集PICS集中治療後症候群

〔責任編集〕

井上 茂亮 東海大学医学部付属八王子病院 救命救急医学

藤谷 茂樹 聖マリアンナ医科大学 救急医学/東京ベイ・浦安市川医療センター




Part 1 PICSとは何か

1.なぜ今PICSなのか:高齢社会のなかで重症患者救命後の長期予後改善を目指して

 井上 茂亮 東海大学医学部付属八王子病院 救命救急医学




Part 2 PICSの危険因子

2.PICSの疫学:発症率,予後と予防法

 一二三 亨 香川大学医学部附属病院 救命救急センター 

3.敗血症とPICS:生存率は改善した,次の目標は?

 福家 良太 東北医科薬科大学 感染症学教室

4.ARDSとPICS:PICSを防ぐ急性期治療とは

 三反田 拓志・則末 泰博 東京ベイ・浦安市川医療センター 救急集中治療科 集中治療部門

5.ICUケア・環境とPICS:環境因子と治療介入因子の調整によるPICS予防

 和田 剛志 北海道大学病院 先進急性期医療センター 救急科/Department of Surgery, Brigham & Women’s Hospital/Harvard Medical School

6.鎮痛・鎮静による譫妄予防とPICS:浅い鎮静と譫妄予防の薬物療法

 矢田部 智昭 高知大学医学部 麻酔科学・集中治療医学講座




Part 3 PICS 3要素

7.ICU−AW,運動機能・筋力低下

 武居 哲洋 横浜市立みなと赤十字病院 集中治療部

8.認知機能障害

 近藤 豊 ハーバード大学 外科

9.精神障害

 竹内 崇 東京医科歯科大学医学部附属病院 精神科

【コラム】PICS−F(family)とは何か?

  新井 正康 北里大学医学部附属新世紀医療開発センター・集中治療医学/北里大学病院 集中治療センター




Part 4 PICSは予防できるのか?

10.ABCDEFGHバンドル:患者のQOL改善のためにICU在室中から行うべきこと

 森川 大樹 聖マリアンナ医科大学 救急医学

 藤谷 茂樹 聖マリアンナ医科大学 救急医学/東京ベイ・浦安市川医療センター

11.身体リハビリテーション:PICSの予防に有効か?

 對東 俊介 広島大学病院 診療支援部 リハビリテーション部門

 志馬 伸朗 広島大学大学院医歯薬保健学研究科 救急集中治療医学

12.呼吸リハビリテーション:長期予後の改善を見据えて

 原 嘉孝・西田 修 藤田保健衛生大学医学部 麻酔・侵襲制御医学講座 

13.神経筋電気刺激:PICS/ICU−AW予防に有効か

 畠山 淳司 横浜市立みなと赤十字病院 集中治療部

14.栄養管理:ICU患者の長期予後,PICS予防との関係

 佐藤 格夫・安念 優・森山 直紀 愛媛大学大学院医学系研究科 救急航空医療学

15.環境管理:日記,耳栓,メンタルケア,音楽療法

 長友 香苗 自治医科大学附属さいたま医療センター 麻酔科・集中治療部



Part 5 コメディカル・地域におけるPICS

【コラム】PICS予防のための看護ケア実践:

 東海大学医学部付属八王子病院と自治医科大学附属病院における取り組み

 剱持 雄二 東海大学医学部付属八王子病院 看護部

 井上 茂亮 

16.理学療法士から見たPICS:PICSの評価とリハビリテーションの可能性

 神谷 健太郎 北里大学医療衛生学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

【コラム】ICUフォローアップ外来:歴史と現状

 藤内 まゆ子・林 淑朗 鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科

17.多職種連携とPICS:各職種と患者・家族も含めた連携の重要性

 櫻本 秀明 筑波大学附属病院 ICU/ER




後書き:PICS:全人的そして家族も含めた究極的な予防医療への第一歩

 藤谷 茂樹



連載

■え?知らないの?体外式ペースメーカの基本事項

 伊藤 朋晃 小倉記念病院 検査技師部工学課

■Journal clubをやってみよう

第7回:Results/Discussionを読む!:─各研究デザイン/アウトカムごとの結果の読み方,および考察の構成

 安田 英人 鉄蕉会亀田総合病院 集中治療科/慶應義塾大学大学院医学研究科 博士課程医療科学系 臨床研究学

■港島ICU×ICTカンファレンス

第6回:肺炎治療のcontroversy

 小森 大輝 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター

 大倉 敬之 大阪急性期・総合医療センター 総合内科

 瀬尾 龍太郎 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 

■Lefor’s Cornor

第27回:Vascular Access and Hemodynamic Monitoring Part VIII.

Central Venous Access−Ultrasound-guided Placement

 Joho Tokumine Department of Anesthesiology, Kyorin University School of Medicine

 Alan Kawarai Lefor Department of Surgery, Jichi Medical University

■JSEPTIC簡単アンケート

第26回:輸液・ボリューム管理

 片岡 惇 東京ベイ・浦安市川医療センター 救急集中治療科 集中治療部門

■集中治療に関する最新厳選20論文

 吉田 英樹 聖マリアンナ医科大学 救急医学

 柳井 真知 神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 




プロダクトNo 1281683127
出版社 メディカル・サイエンス・インターナショナル
発売日 1,4,7,10月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。