Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム) 定期購読・最新号・バックナンバー

Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)雑誌の詳細です。


Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)の公式サイトへ
本・雑誌 Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)
本・雑誌内容 Drug Delivery System(DDS)とは、薬物の病巣到達性を向上し,薬効および患者のQOLを高め,副作用を軽減させる医薬品の開発を研究する学問領域です。必要な薬物を、必要な時間に、必要な部位で作用させるシステム(工夫や技術)は、薬物療法にとって非常に重要な考え方になっています。本学会の前身である「DDS研究会」は、1984年に臨床医学、薬学をはじめ工学領域など幅広い領域の DDSに関する研究を発表する場として水島裕・瀬崎仁先生らによって設立されました。その後、DDS研究の重要性が広く認識されたことから、バイオ医薬、バイオマテリアル分野などとも専門分野を超えて情報交換ができる共通の専門誌として1986年に機関誌『Drug Delivery System(DDS)』誌が創刊されました。1988年には日本DDS学会として組織を改め、広い分野の基礎研究者と臨床医療関係者が交流するユニークな学会となっています。各専門領域の第一人者が編成する本誌特集にぜひご注目ください。
本・雑誌内容詳細 FOREWORD
DDS製剤設計における動物種差の問題の解決に向けて
菊池 寛

OPINION
創薬における種差の壁:体内動態からDDS製剤設計へ
原島秀吉

特集“製剤設計における動物種差の問題”
編集:菊池 寛
1.経口コントロールドリリース製剤のバイオアベイラビリティにおける動物種差
  近藤 啓
2.低膜透過性化合物DX-9065の経口吸収改善と種差
  藤井義峰
3.経口油性製剤設計時のバイオアベイラビリティ評価における種差
  鋳物将明・杉田勝二
4.Accelerated blood clearance (ABC)現象における動物種差
  清水太郎・異島 優・石田竜弘
5.担がんモデルマウスの落とし穴
  兵頭健治・浅野 誠・山本栄一・菊池 寛
6.動物皮膚を介した薬物の皮膚透過性について
  藤堂浩明
7.薬物動態の概日リズムと種差
  小柳 悟・大戸茂弘

連載
・DDS研究・開発に有用な試薬 第13回
  蛍光標識試薬
  花岡健二郎

・若手研究者のひろば
  医薬品原薬としてのシクロデキストリンの可能性
  本山敬一

・JCRだより
  JCR 掲載論文紹介 櫻井 遊/秋田智后、山下親正
  JCR 掲載トピックス 大槻昇三/鈴木亮佑

・CRSだより

・学会だより

・集会案内

・用語解説
プロダクトNo 1281683113
出版社 じほうビジネスサービス
発売日 1,3,7,9,11月の28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。