Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム) 定期購読・最新号・バックナンバー

Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)雑誌の詳細です。


Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)の公式サイトへ
本・雑誌 Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)
本・雑誌内容 Drug Delivery System(DDS)とは、薬物の病巣到達性を向上し,薬効および患者のQOLを高め,副作用を軽減させる医薬品の開発を研究する学問領域です。必要な薬物を、必要な時間に、必要な部位で作用させるシステム(工夫や技術)は、薬物療法にとって非常に重要な考え方になっています。本学会の前身である「DDS研究会」は、1984年に臨床医学、薬学をはじめ工学領域など幅広い領域の DDSに関する研究を発表する場として水島裕・瀬崎仁先生らによって設立されました。その後、DDS研究の重要性が広く認識されたことから、バイオ医薬、バイオマテリアル分野などとも専門分野を超えて情報交換ができる共通の専門誌として1986年に機関誌『Drug Delivery System(DDS)』誌が創刊されました。1988年には日本DDS学会として組織を改め、広い分野の基礎研究者と臨床医療関係者が交流するユニークな学会となっています。各専門領域の第一人者が編成する本誌特集にぜひご注目ください。
本・雑誌内容詳細 FOREWORD
アカデミア発DDS技術の実用化に向けて
粕川博明

OPINION
アカデミア発DDS技術の実用化
丸山一雄

特集“アカデミア発DDS技術の実用化に向けて ― 提言 ―”
編集:粕川博明
1.日本DDS学会学術集会「DDSマッチングシンポジウム」を振り返って
  粕川博明
2.アカデミア発DDS技術の起業化・事業化の課題
  黒田俊一
3.実用化のための知的財産戦略(企業にとって使いやすい特許とは)
  内田一広
4.投資する立場からの提言
  長谷川宏之
5.製薬産業の将来像とDDS研究―事業開発を支援する立場からの提言―
  三島 茂
6.日本発創薬/DDSをグローバル市場で事業価値最大化、目利き視点からの提言
  長江敏男
7.企業からアカデミアへの期待:死の谷に虹の架け橋を築くために
  菊池 寛

TOPICS
・生理活性高分子の精密設計に基づく標的指向型DDSの開発
  第17回日本DDS学会永井賞によせて
  西川元也
・経皮デリバリー技術を活用したワクチン・免疫療法の開発
  第10回日本DDS学会水島賞によせて
  岡田直貴
・体内・細胞内動態を制御するリポソームの開発と疾患治療への応用
  第9回日本DDS学会奨励賞によせて
  畠山浩人
・バイオ医薬の非侵襲DDS 基盤となる膜透過促進戦略の確立
  第9回日本DDS学会奨励賞によせて
  亀井敬泰

連載
・DDS研究・開発に有用な試薬 第12回
  デンドリマー
  弘津辰徳・有馬英俊

・若手研究者のひろば
  がん・脳中枢神経疾患を標的とした細胞透過性ペプチド修飾高分子ミセルを基盤とする
  siRNA の全身およびNose-to-Brain DDS の開発
  金沢貴憲
  物理化学的因子を用いたリポソームDDS キャリアの血中滞留性評価方法
  杉山育美

・学会印象記
  第33 回日本DDS 学会学術集会
  武元宏泰
  第33 回日本DDS 学会学術集会
  草森浩輔
  The 44th Annual meeting of Controlled Release Society(CRS)
  谷下宗平  

・JCRだより
  JCR 掲載論文紹介 白石貢一・横山昌幸/佐藤悠介
  JCR 掲載トピックス 増田 造/小村英恵 

・集会案内
・用語解説
プロダクトNo 1281683113
出版社 じほうビジネスサービス
発売日 1,3,7,9,11月の28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。