地域福祉情報 定期購読・最新号・バックナンバー

地域福祉情報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

地域福祉情報雑誌の詳細です。


地域福祉情報の公式サイトへ
本・雑誌 地域福祉情報
本・雑誌内容 地域の住民が主人公になって地域の福祉がつぎつぎに創造されはじまっています。お互いの知恵を交流しあって、さらに豊かな地域福祉が創造されます。この「地域福祉情報」誌は地域と地域を結ぶパイプラインです。日本のいたるところで展開されている地域福祉のプランや活動を漏れなく、新聞メディアを通して集め、提供します。
本・雑誌内容詳細 地域共生社会

【資料】

   地域における住民主体の課題解決力強化・相談支援体制の
     在り方に関する検討案 
「地域力強化検討会 最終とりまとめ~地域共生社会の実現に向けた
       新しいステージへ」  
     平成29年9月12日
   厚生労働省 

掲載記事
2017/9/1~9/30

〔全国情報・海外情報〕

・外国人実習生縛る保証金
・保育中死亡未検証6割 自治体制度浸透せず
・子の虐待死 未検証5割
・高齢者見守り 広がるIT活用
・負担増す民生委員へ助っ人
・ふるさと納税×社会貢献
・障害者の芸術 多様な制作
・保育ママ活用進むか なり手確保が課題
・広がる「親介護保険」別居も補償 離婚の抑制期待
・ボランティアが看取り支援
・妊娠→育児 切れ目なく支援ー フィンランド

[社説]
・里親制度 なり手拡大へ具体策を
・農福連携 障害者事業所に働く場を
・車いす拒否で助言 共生根付かせる契機に

〔都道府県別索引〕
北海道・スプリンクラー設置 高額負担の壁 未設置26%
青森県・即戦力ベトナムから「日本の介護」指導人材育成
岩手県・介護者「体の不調」7割 震災後上昇傾向続く
宮城県・障害児の居場所 曲がり角
山形県・虐待の7割 介護疲れ 孤立感浮彫り
福島県・高齢者事故減へサポート車期待
茨城県・共生への道 県障害者権利条例3年 上・下
埼玉県・参加条件「誰でも」8割 子ども食堂
千葉県・貧困の闇 生活保護のいま上・中・下
東京都・ひとり親の子に多様な体験を
神奈川県・生活困難者見つけ支援 関係機関や地域と連携
新潟県・福祉のプロに手助け順調 弁護士・法律無料相談
石川県・増える親権喪失 金沢家裁で全国最多6件
福井県・子の精神障害 専門医を養成
山梨県・民生委員高齢化に課題 平均65歳後継者難も 
長野県・高齢者が楽しむ紙芝居
静岡県・障害者の犯罪 福祉で連鎖断つ
愛知県・被害者が前向ける支援を 名古屋市条例案期待の声
滋賀県・共助の精神育む琵琶湖 ボランティア参加全国1位
京都府・障害者の地域移行 目標達成難しく
大阪府・生活保護「顔」カードで溝
兵庫県・医療通訳派遣3年で5倍
奈良県・ICタグで自動見守り 登下校時の安全強化
和歌山県・非常用トイレ独自開発 障害者賃金向上を
鳥取県・共生社会県民の手で 県あいサポート条例が施行
岡山県・検証 障害者大量解雇1ヶ月①~④
広島県・高齢者いきいき 奨励金対象急増
徳島県・認知症サポーター急増 増加率3年連続日本一 
愛媛県・向き合う家族 えひめ認知症介護①~⑧
高知県・減災ケアへ”対話者”育成を
福岡県・障害者差別NO一歩ずつ 救済申し立て最多
佐賀県・ファミリーホーム県内2カ所開設
熊本県・汚染防止へ議論開始 水銀条約締約国会議
大分県・県「職場の理解進む」男性の育休最高6.0%
宮崎県・こども園移行で拍車 県内保育士不足
鹿児島県・認知症倒産中小相次ぐ
沖縄県・認知症対策40代から地域ぐるみの啓発を提起

〔地域の書籍紹介〕
・防災絵本『地震がおきたら』(BL出版/1296円)~1.17の教訓絵本に~
・『UDレシピ本』~販売好調~(下田昇兵著/500円)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・待機児童2.6万人
・病院 2割で自殺 半数がん患者
・発達障害相談急増 過去最多7万4千件
・100歳以上 最多67824人 
・ゴミ出し支援 5万世帯利用 
・高齢者ゴミ出し 救いの手は
・ホームレスも高齢化
  ・児童虐待通告 3万人超す
プロダクトNo 1281683106
出版社 ジャパン通信情報センター
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。