地域福祉情報 定期購読・最新号・バックナンバー

地域福祉情報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

地域福祉情報雑誌の詳細です。


地域福祉情報の公式サイトへ
本・雑誌 地域福祉情報
本・雑誌内容 地域の住民が主人公になって地域の福祉がつぎつぎに創造されはじまっています。お互いの知恵を交流しあって、さらに豊かな地域福祉が創造されます。この「地域福祉情報」誌は地域と地域を結ぶパイプラインです。日本のいたるところで展開されている地域福祉のプランや活動を漏れなく、新聞メディアを通して集め、提供します。
本・雑誌内容詳細 keyword 児童虐待

【資料】

   平成29年度全国児童福祉主管課長・児童相談所長会議資料 
「児童虐待防止対策について」  
   平成29年8月17日
   厚生労働省 

掲載記事
2017/7/1~7/31

〔全国情報・海外情報〕

・どう変わる医療と介護 複数サービス柔軟に提供
・民間介護保険 使いやすく
・介護入門研修共通で 厚労省方針
・たん吸引、胃ろう 待機6時間半
・全国初 子ども用白杖 軽量・伸縮自在
・生活保護 大学生に給付金「貧困の連鎖」対策
・「在宅重視」の介護サービス
・認知症 スマホ見守り 10市町村でモデル事業
・自殺率10年で3割減目標 政府新大綱
・高齢者医療・介護 8月から負担増
・就学前75%を里親へ 虐待児ら、施設入所停止

[社説]
・いじめ自殺 悲劇を繰り返さぬために
・増える老老介護 家族支える枠組みを
・相模原事件一年 障害を受け入れる社会に


〔都道府県別索引〕
北海道・聞こえない世界見つめて・広がる手話条例上・中・下
青森県・老いる地域 もがく自治体
岩手県・農福連携課題は 障害者雇用探る
宮城県・保健室からのまなざし上・中・下
秋田県・認知症の苦しさに共感 介護関係者ら疑似体験
茨城県・支え合う地域へ 民生委員百年上・中・下
栃木県・介護ロボ 県内続々 負担減らし離職防止へ
群馬県・若年認知症生活守れ 県が対策
埼玉県・県虐待禁止条例あす成立へ 全国初
千葉県・一人暮らしの高齢者ら支援 相談窓口を開設
東京都・知的障害者 住まいをシュア
神奈川県・相模原で追悼式 「やまゆり園事件」あす1年
新潟県・ネットいじめ 傍観しない環境づくりへ
石川県・盲ろう者の外出支援課題 生活実態行政に届かず
福井県・介護補助員に高齢者
山梨県・地域交流と安全両立探る 県内障害者施設
長野県・介護の人材不足6割に拡大
静岡県・介助犬普及進まず 認知度不足育成難しく
愛知県・全国初 介護サービスにAI
三重県・職員半数「虐待したかも」伊賀の特養虐待問題
滋賀県・教訓生かし障害者守る 防犯態勢見直し進む
京都県・育みは今 認定こども園上・下
大阪府・死と向き合う①~⑤
奈良県・県が「コミュニティーナース」推進
和歌山県・公共施設で介助体験 近畿運輸局
島根県・障害に配慮キャンパス満喫 鳥大
岡山県・負担増す民生委員配慮は
広島県・出所者受け入れ準備加速 足りぬ保護司対策急務
山口県・障害者の就職最多に
徳島県・くらしの悩み連携退処 サポートネット開設 
愛媛県・企業の保育所設置 続々
高知県・介護充実へ患者情報共有 高知市ルール策定
佐賀県・補助犬「ウェルカム」嬉野温泉
熊本県・子ども電話相談が急増
大分県・民生委員どうサポート「支援担当」夜間も協力
宮崎県・認知症見守り充実へ 各地で訓練支援者増加
鹿児島県・安心と自立手助け 母子世帯にシェアハウス
沖縄県・高齢者虐待41人被害 背景に人で不足 

〔地域の書籍紹介〕
・『最強の地域医療』村上智彦著(ベスト新書/864円)
・『はぐるま 若年性アルツハイマーの妻と私』筒井誠司著(文芸社/1296円)

〔行政機関などの資料・報告書〕
・民生委員の高齢化申告 なり手不足
・高齢者住宅 廃業125ヶ所
・児童虐待死 5割検証せず
・高齢者の親看護限界 4割超が入所25年以上
・知的障害 入所25年超4割
・虐待 入院先でも親から被害
・重要性高まる心の労務管理
・無届老人ホーム入居 病院・ケアマネの紹介7割
・児童虐待死 情報共有に壁
プロダクトNo 1281683106
出版社 ジャパン通信情報センター
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。