文化財発掘出土情報 定期購読・最新号・バックナンバー

文化財発掘出土情報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

文化財発掘出土情報雑誌の詳細です。


文化財発掘出土情報の公式サイトへ
本・雑誌 文化財発掘出土情報
本・雑誌内容 発掘情報を全国紙5紙、全国紙地方本社版及び地方版17紙322版、地方紙73紙18版から発掘調査記事を収集し、速報します。ひとつの知見に1記事を原則に、より詳しい記事を収録。注目遺跡は複数記事を収録します。また、「各地の動向」頁で現地説明会資料などを各地から取材・収録する他、「発掘調査報告書刊行情報」で全国の刊行状況を、「博物館情報」で特別展・企画展情報を、「学界動向」で講演会・セミナー情報など発掘調査に関連する各種情報を速報します。
本・雑誌内容詳細 【巻頭グラビア】
   
石川県小松市
      八日市地方遺跡           
【表紙写真】
    八日市地方遺跡出土 柄付き鉄製?     
   【収録記事】
   2018年2月1日~28日

【収録遺跡】
  〔北海道・東北地方〕
青森県 /金堀沢遺跡/三内丸山遺跡
秋田県 /杉沢台遺跡
〔関東地方〕
茨城県 /下大賀遺跡
栃木県 /くるま橋遺跡
群馬県 /上野国府/七與山古墳/高崎市/同道遺跡/上野国新田郡衙跡
千葉県 /御宿沖
東京都 /凌雲閣跡
神奈川 /小田原市/千代ケ崎砲台跡
〔中部・北陸地方〕
石川県 /真脇遺跡
長野県 /松本城・三の丸
静岡県 /浜松城跡/駿府城天守台
愛知県 /船山第1号古墳/坂津寺貝塚/南知多町
〔近畿地方〕
三重県 /斎宮歴史博物館/斎宮跡
滋賀県 /永原御殿跡
京都府 /淀屋/京都市歴史資料館・陽明文庫/京都市伏見区/龍谷大学大宮キャンパス
大阪府 /枚方市
兵庫県 /姫路城内船場蔵南石垣/篠山層群大山下層
奈良県 /飛鳥寺西方遺跡/唐招提寺瓦窯跡/春日古墳
〔中国・四国地方〕
岡山県 /桑山南古墳群/金蔵山古墳/備中松山城跡/彦崎貝塚
広島県 /福山市
山口県 /王屋敷遺跡/名田島新開作南蛮樋/本郷山崎遺跡
徳島県 /若杉山遺跡
香川県 /讃岐国府跡
愛媛県 /新谷古新谷遺跡
〔九州・沖縄地方〕
福岡県 /コノマ遺跡群/比恵遺跡/大宰府
佐賀県 /佐賀城本丸跡
熊本県 /轟泉水道/小坂大塚古墳 鹿児島県 /鹿児島沖/鶴丸城跡
沖縄県 /普天間旧道跡

■ニュースワイド■
  ・水稲耕作の始まりは紀元前9~8世紀
・科学技術で変わる文化財
・長野の市民団体 独自の地下壕パンフ作成
・埋蔵文化財専門職員 減少の一途
・東京国立博物館が事業拡大
・水中考古学の拠点にー鷹島町
・松代城石破門復元に高い壁ー長野市教育委員会
・修復完了2年延長ー高松塚の壁画
・京大、返還も調査も以前拒むー琉球人遺骨

■韓国・北朝鮮・中国情報■
  ・王妃墓に”金銀ブーツ”ー小王力溝遼代墓
・世界遺産チベット寺院炎上 中国、ネット情報削除
・陝西省咸陽で秦代の文物収蔵建物跡初めて見つかる
■海外情報■
  ・「オホーツク人」遺跡保存・活用へー北海道とロシア 共同で実態調査
・最大規模 水中洞窟発見ーメキシコ
・カザフスタンで後期旧石器旧石器時代の15遺跡を発見
・イスラエルの洞窟に17~19万年前の化石ーイスラエル
・後漢の銘文現存~ゴビ砂漠
■世界遺産・日本遺産・史跡整備情報■
  ・縄文遺跡群 推薦「有力」~北海道・北関東の縄文遺跡群
・古墳群推薦 政府決定ー百舌鳥・古市古墳群
・三池炭鉱 体験型にー世界遺産の活用計画
・坂本古墳群を史跡公園に
・被爆の町 遺構公園へー広島市
【INFORMATION】
■調査報告書・出版案内■
■博物館情報■
■学界動向■

【各地の動向・掲載遺跡】

・岩手・大船渡市・長谷堂貝塚

・千葉県・高船橋市・取掛西遺跡

・愛知・豊橋市・吉田城址

・京都・大山崎町・史跡大山崎瓦窯跡

・岡山県・岡山市・岡山城二の丸跡  
・広島県・府中町・下岡田遺跡

〔アルカ通信NO.175]
   ・心に残る先学の人生記録(第3回)   大村 裕介
 ・考古学の履歴書 
  過ぎし日の軌跡ー女として考古学者としてー(最終回)岡田 淳子
 ・リレーエッセイ 平尾 和久
「三雲・井原遺跡」~福岡県糸島市~
・考古学者の書棚 鐵 英記
『ケルト/装飾的思考』鶴岡真弓 筑摩書房(1989)
プロダクトNo 1281683105
出版社 ジャパン通信情報センター
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。