難病と在宅ケア 定期購読・最新号・バックナンバー

難病と在宅ケアの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

難病と在宅ケア雑誌の詳細です。


難病と在宅ケアの公式サイトへ
本・雑誌 難病と在宅ケア
本・雑誌内容 毎月特集は各種難病を最新治療情報と看護・介護・リハビリ・患者家族からの具体的ノウハウを医学的な視点と、さらに患者家族の貴重な経験のドキュメント記事で構築されています。また、連載には感染対策、人工呼吸療法、緩和医療、食事療法 、 褥瘡対策、口腔ケア、リハビリテーション、住宅環境整備、在宅医療、訪問看護企画を毎月各専門家より執筆いただいています。
本・雑誌内容詳細 特集1 日本版ALSクリニックへの挑戦
第1部 ALSにおける多職種連携診療にむけて
      東邦大学医療センター大森病院 狩野 修
第2部 東邦大学大森病院におけるALS診療の挑戦
      東邦大学医療センター大森病院 狩野 修 他
第3部 米国におけるALS多職種外来
      マサチューセッツ州立大学 坂野 晴彦
第4部1 当院でのALSクリニックにおける看護師の役割
      東邦大学医療センター大森病院 枩本 智子
第4部2 ALSクリニックのリハビリテーションにおける新たな試み
      東邦大学医療センター大森病院 杉澤 樹 他
第4部3 ALSクリニックにおける呼吸ケア外来の取り組み
      東邦大学医療センター大森病院 杉澤 樹 他
第4部4 ALSクリニックにおけるソーシャルワーカーの役割
      東邦大学医療センター大森病院 松本 幸則
第5部 在宅におけるALS診療の多職種連携
      吉野内科神経内科医院 吉野 英
第6部 多職種連携診療と医療保険制度の問題点
      国際医療福祉大学 荻野 美恵子
第7部 東邦大学の「日本版ALS多職種連携診察について」のシンポジウムに参加して
      東京都/ALS患者 高橋 優子

特集2 小児神経難病の診断・治療の諸問題
第1部 総 説
      国立病院機構八雲病院 石川 悠加
第2部 子どものうつ病
      名古屋大学医学部附属病院 岡田 俊
第3部 けいれんを観察し 報告しよう
      聖隷浜松病院てんかんセンター 榎 日出夫
第4部 小児急性脳症の診断と治療
      名古屋大学医学部附属病院 城所 博之
第5部 子どものこころ医療:神経発達症・子どもの心身症の診断と対応
      獨協医科大学埼玉医療センター 作田 亮一

連載企画
■写真紹介 日本一外出が多いと紹介される事も
     日本ALS協会会長 岡部 宏生
■コミュニケーション 「Air Flick - エア文字盤(真下式)」の紹介
     東京都/ALS患者 真下 貴久
■外出支援 旅先で出会った心のバリアフリー ~我が家の旅は続く~
     患者家族 牧口 麻衣
■福祉施設 レスパイトに対する想い
     エムスリーナースサポート株式会社 吉田 豊美
プロダクトNo 1281683101
出版社 日本プランニングセンター
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。