産業保健と看護 定期購読・最新号・バックナンバー

産業保健と看護の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

産業保健と看護雑誌の詳細です。


産業保健と看護の公式サイトへ
本・雑誌 産業保健と看護
本・雑誌内容 2015年大リニューアルした『産業保健と看護』。産業看護職のみならず、企業における従業員の健康支援に携わる医療看護職、人事労務職、安全衛生管理職の方まで、より多くの方のお役に立てるジャーナルに生まれ変わりました。産業保健従事者のネットワークづくりと情報収集、自主学習の実践書として、働く人の健康を支えるすべての産業保健従事者に必読です。
本・雑誌内容詳細 ・はじめに
・プレゼンデザインシートのダウンロード方法・web動画視聴方法



【第1章 プレゼンテーションをデザインする7つのステップ】
◆1 プログラムの効果・効率・魅力を高める 総論(1):インストラクショナルデザイン(ID)とは
◆2 プレゼンデザインシートで「見える化」しよう! 総論(2):プログラムをデザインする7つのステップ
◆3 ステップ1:目的 なぜ、何のために実施するのか?
◆4 ステップ2:対象 誰に伝えるのか?
◆5 ステップ3:環境・条件 使える時間や資源は?
◆6 ステップ4:目標 何をするのか、何を伝えるのか?
◆7 ステップ5:目標の分類 その目標はどんな種類なのか?
◆8 ステップ6:評価 目的・目標を達成したかどうかを、どうやって知るのか?
◆9 ステップ7:研修方法 どんな研修・プレゼンテーションをするか?



【第2章 健康教室におけるプレゼンテーション】
<第1節 「社員が変わる」スライドとセリフの作成方法>
◆1 教育・研修や教材を魅力的に! 総論(1):ID理論「ARCSモデル」を活用しよう
◆2 プレゼンテーションの質を高める! 総論(2):スライドとセリフづくりで大切な3つのS
◆3 スライドとセリフのテクニック:Story(1) 出だしでつかむ
◆4 スライドとセリフのテクニック:Story(2) テーマとスケジュールを伝える
◆5 スライドとセリフのテクニック:Story(3) 共通課題を提示する
◆6 スライドとセリフのテクニック:Story(4) 事例を紹介する
◆7 スライドとセリフのテクニック:Story(5) 解決策を提示する
◆8 スライドとセリフのテクニック:Story(6) 解決策を種明かしする
◆9 スライドとセリフのテクニック:Story(7) おさらいをする
◆10 スライドとセリフのテクニック:Stimulation(1) いきなりすべては見せない
◆11 スライドとセリフのテクニック:Stimulation(2) クイズや質問を入れる
◆12 スライドとセリフのテクニック:Stimulation(3) インパクトのある写真を使う
◆13 スライドとセリフのテクニック:Stimulation(4) 小道具を用意する
◆14 スライドとセリフのテクニック:Stimulation(5) 裏打ちするデータを示す
◆15 スライドとセリフのテクニック:Simple(1) 相手のレベルに合わせる
◆16 スライドとセリフのテクニック:Simple(2) 覚えやすいフレーズにする
◆17 スライドとセリフのテクニック:Simple(3) 見やすさに気を配る
◆18 スライドとセリフのテクニック:Simple(4) 色づかいを絞る
◆19 スライドとセリフのテクニック:Simple(5) 余分なスライドは削る

<第2節 「社員が変わる」プレゼンテーション>
◆20 プレゼンテーションは一期一会 総論:話し方のテクニックを学ぼう
◆21 話し方のテクニック:Rehearsal(1) 形成的評価とエキスパート評価
◆22 話し方のテクニック:Rehearsal(2) 姿勢をよくする
◆23 話し方のテクニック:Rehearsal(3) 緊張を和らげる3つのポイント
◆24 話し方のテクニック:Setting(1) 会場の設備をチェックする
◆25 話し方のテクニック:Setting(2) 机と椅子の配置
◆26 話し方のテクニック:Setting(3) 開始前に場を和ます
◆27 話し方のテクニック:Setting(4) 原稿は持ち込まない
◆28 話し方のテクニック:Performance(1) ウケは狙わない
◆29 話し方のテクニック:Performance(2) 話し方の悪い癖を治す
◆30 話し方のテクニック:Performance(3) アイコンタクトを取る
◆31 話し方のテクニック:Performance(4) 聞き手の集中をそがない
◆32 話し方のテクニック:Performance(5) メリハリをつける
◆33 話し方のテクニック:Performance(6) ジェスチャーを交える
◆34 話し方のテクニック:Performance(7) 参加者をその気にさせる



【第3章 保健指導におけるプレゼンテーション】
<第1節 「結果を出す!」プレゼンテーション理論>
◆1 ID理論「ARCSモデル」でその気にさせる! 総論:やる気を引き出すプレゼンテーション

<第2節 ケースで学ぶプレゼンテーション>
◆2 ケース(1) メタボのリスクを理解しない社員への保健指導
◆3 ケース(2) 生活習慣を変えたくない社員への保健指導



【第4章 社内会議におけるプレゼンテーション】
<第1節 「経営層も納得する」プレゼンテーション理論>
◆1 ID理論「4段階評価モデル」で考える 総論:「イエス」と言われるプレゼンテーション

<第2節 ケースで学ぶプレゼンテーション>
◆2 ケース(1) 上司に対するプレゼンテーション
◆3 ケース(2) 関係部署へのプレゼンテーション
◆4 ケース(3) 社内会議でのプレゼンテーション



〔巻末資料〕
・プレゼンデザインシート
・プレゼンチェックリスト



・著者紹介
プロダクトNo 1281683047
出版社 メディカ出版
発売日 毎偶月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。