和の生活マガジン花saku 定期購読・最新号・バックナンバー

和の生活マガジン花sakuの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

和の生活マガジン花saku雑誌の詳細です。


和の生活マガジン花sakuの公式サイトへ
本・雑誌 和の生活マガジン花saku
本・雑誌内容 「きものを着る」ことが日常ではなくなった現代、あえて「きものを着る」ことで広がる新しいライフスタイルを提案し続けているのが『和の生活マガジン花saku』です。季節ごとのきもののコーディネート特集、きものや和の文化に携わる作家たちの紹介、和のインテリアや雑貨、家づくり、庭づくり、食べ物など、和の暮らしに関わるすべてがテーマです。
本・雑誌内容詳細 和の生活マガジン
目次

師走号
2017 Vol. 267


表紙『花saku』深緋(こきひ)
深緋は、熟しはじめた桑の実のような色合いで、味わい深いダークな赤。古く、位によって服の色が分けられていた頃から用いられている日本の伝統色。落ち着いた色彩の深緋は、お正月や成人式など日本の伝統的な行事を連想させてくれます。


2 扇子作家 吉本忠則の一握りの思ひ

4 歌舞伎の彩45 役者ときもの/女殺油地獄/和粋伝承人 島田史子

5 茶器茶菓9 銀世界を照らす灯/松村宗亮

6 恋する伝統食9 みりんぷりん/タカコ ナカムラ

7 季節のつまみ細工レッスン9 ばらの髪飾り/ひめじおん

8 特集 我が家の成人式 想いを込める特別な振袖

18 街で見かけたきもの美人 

22 日本全国染織探訪 「北の風と南の海と」223 東京手描友禅/熊谷和人

26 出逢えてよかった きものとわたし/第163回 武田富枝さん

28 きものの髪型「私のヘアスタイル教えます!」ショートヘアを キュートに品良く

30 教えて安田先生 きもの塾/第115回 より美しく あでやかに 振袖を着こなす立ち居振る舞い

32 草履でさんぽ/第258回 都会のオアシス・洗足池のほとりで色づく紅葉を愛でながら

34 たんすコンシェルジュ もったいないの玉手箱33 シマシマ模様ができちゃいました

35 おしゃべり倶楽部

36 インフォメーション/美堂 「ひざ美人」ほか

38  愛読者ハガキ・読者プレゼント・バックナンバー

39 次号『花saku』ご案内
プロダクトNo 1281683044
出版社 PR現代
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。