MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック) 定期購読・最新号・バックナンバー

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)雑誌の詳細です。


MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)の公式サイトへ
本・雑誌 MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)
本・雑誌内容 クラッシック音楽の楽しさを、より立体的に、より多角的に伝える新しいスタイルのナビゲーション・マガジンです。MOSTLY CLASSIC(モーストリークラシック)は過去の巨匠達の偉業だけでなく、小澤征爾氏やアルド・チッコリーニ氏など、世界的アーティストの最新情報ををお届け。ソリスト達の生の意見が聞ける楽器や作曲者の特集も濃密な内容。クラシックに対する知識と聞く楽しみを教えてくれる初心者にもやさしい専門誌です。
本・雑誌内容詳細 表紙 ブルックナーとマーラー

特集
交響曲作曲家の系譜
ブルックナー&マーラー

 現在、オーケストラの主要なレパートリーであるブルックナーとマーラーの交響曲。後期ロマン派を代表する2人で、ブルックナーは1824年にリンツ郊外で生まれ、96年に亡くなった。マーラーはボヘミア・カリシュトで1860年に生まれ、1911年に亡くなっており、2人の活動の時期は重なる。
 ブルックナーは交響曲第9番の4楽章を亡くなる当日まで作曲していた。書いた交響曲は1番から9番までかというとそうではない。交響曲00番と0番がある。00番は1863年に完成したブルックナー最初の交響曲。しかし、本人が「習作」と書き入れたため00番となった。0番はその次の交響曲ではなく、第1番の後、69年に作曲されている。かつては0番を第2番と称していたが、自筆譜に「無効」と書かれているため0番となっている。
 ブルックナーの交響曲は複数の「稿」があるものが多い。その生涯は改訂の連続だった。たとえば交響曲第2番は、1872年に初稿(1872年稿)が完成し、翌年、ウィーン・フィルで初演されたのは1873年稿。そして再演に向けて改訂された1877年稿があり、92年には初稿の出版に際し、細部を改訂した。さらにハース版、ノヴァーク版、ギャラガン版が出版されている。「異稿、異版が多いのは、自らの作品に対して真摯かつ真剣に対峙しつづけた作曲家だったということを示している」と中村孝義・大阪音大名誉教授。
 一方、マーラーは交響曲第10番の作曲途中で亡くなった。第1楽章はほぼ完成されており、妻アルマがクルシュネクに補筆を依頼した。ほかにクック版やカーペンター版がある。第8番と第9番の間にあるのが「大地の歌」。第9番はベートーヴェン最後の交響曲のため、不吉な数として9番ではなく、「大地の歌」とした。これは、中国の李太白や王維らの詩をテキストに使い、6楽章全楽章で歌われる特異な曲。「西欧のヒューマンな目的意識の限界を東洋の諦観で見直そうとした壮大な試み」と音楽評論家の喜多尾道冬氏。
 マーラーは生前、作曲家としてより指揮者として著名だった。優れた指揮能力を持ち、プラハやライプチヒなどを経て、ユダヤ人でありながらトップのウィーン宮廷歌劇場の芸術監督に上り詰めた。作曲は指揮活動がない夏休みに集中的に行った。そして「彼は、誰に強いられたり注文されたりしたわけでもなく、自分が書きたいような曲を書いた」とドイツ文学者の許光俊氏。
 特集では2人の作品の解説と名盤、指揮者を紹介している。
 他に、◎ブルックナー交響曲の特質◎チェリビダッケ、朝比奈隆とブルックナー◎◎マーラーのアマチュア性と交響曲◎アルマ・マーラーという女◎バーンスタインとマーラー、などです。

◎東京・春・音楽祭2018
 東京・春・音楽祭2018が3月16日から4月15日まで、東京・上野の東京文化会館を中心に1カ月間にわたり開催された。有料公演約50、無料公演約100という大規模な音楽祭。今年は14回目で、東京の春の風物詩としてすっかり定着した。この音楽祭の目玉、ワーグナーの「ローエングリン」を指揮したライプチヒ歌劇場総監督のウルフ・シルマーは「ワーグナーのオペラから室内楽、リートの演奏会まで幅広いジャンルで回数も多く、ヨーロッパの本格的な音楽祭のよう」と評した。
 もう一つ、音楽祭名物となっているのはマラソン・コンサート。今年は、ヨーロッパ文化史研究家の小宮正安氏が「ロッシーニとその時代~混乱の世を生き抜く知恵と音楽」を企画。午前11時から午後8時まで、5部にわたりコンサートが行われた。来年のオペラは「さまよえるオランダ人」が公演される。

◎宮本文昭の気軽に話そう ゲスト 隠岐彩夏 ソプラノ
 2016年の日本音楽コンクールで第1位を獲得したソプラノ。宗教音楽を演奏する機会が多いという。声楽の道に進んだきっかけがバッハの「マタイ受難曲」で、合唱団で歌った。また、母校、東京芸大の「芸大メサイア」のソリストも務めた。来年1月にはニューヨークに留学する。「この機会にレパートリーを見直したり開拓したりできればいいなと思っています。特にプッチーニのオペラには、自分のものにしたい役があります」と話した。

このほか
◎青島広志の「ブルー・アイランド版音楽辞典」
◎外山雄三の「オーケストラと暮らして60年」
◎小山実稚恵の「ピアノと私」
◎「鍵盤の血脈 井口基成」中丸美繪
など、おもしろい連載、記事が満載です。
プロダクトNo 1281683007
出版社 産経新聞社
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。