BIO Clinica(バイオクリニカ) 定期購読・最新号・バックナンバー

BIO Clinica(バイオクリニカ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

BIO Clinica(バイオクリニカ)雑誌の詳細です。


BIO Clinica(バイオクリニカ)の公式サイトへ
本・雑誌 BIO Clinica(バイオクリニカ)
本・雑誌内容 高度最先端技術の中で最も脚光を浴びているバイオテクノロジーは、農林・水産・食品・化学・医薬品さらには医療の場での実用化が進められています。臨床現場にどのように活用され、どのような効用をもって、どのように展開されて行くのか。月刊「BIO Clinica」は、バイオテクノロジーの臨床医学への応用化を中心テーマに、たんに基礎研究にとどまらず、応用技術や医療技術、またその周辺情報を満載しています。
本・雑誌内容詳細 BIO Clinica 2017年 8月臨時増刊号
多発性骨髄腫の最新治療
Treatment up-to-date in multiple myeloma

価格:定価2,500円+税

TOP (巻頭言) 骨髄腫の難治性克服に向けた治療開発(安倍 正博)
・総論:多発性骨髄腫の分子病態に基づく最新の治療戦略(飯田 真介)
・プロテアソーム阻害剤の作用機序と骨髄腫治療における役割(李 政樹)
・免疫調節薬の作用機序と骨髄腫治療における役割(黒田 純也)
・多発性骨髄腫に対する抗体治療薬(田村 秀人)
・骨髄腫細胞のエピゲノム異常とHDAC阻害剤の臨床効果(古川 雄祐・菊池 次郎 他)
・CXCR4阻害を利用した造血幹細胞採取効率の改善(塚田 信弘)

NEWS FROM INDUSTRY
・高分子ミセル「ラクトソームTM」の診断・治療応用に向けた分子設計(小関 英一)
・ポナチニブ(アイクルシグ®):第三世代新規BCR-ABLチロシンキナーゼ阻害薬の臨床成績(リュウ イリーン・上正原 勝 他)
・PETによるがんイメージング研究(塚田 秀夫)

BIOLOGY TOPICS
・血液がんに対するキメラ抗原受容体発現T細胞療法の開発(保仙 直毅)
・DNA 修復に着眼した多発性骨髄腫の耐性機構の解明(齋藤 貴之)
・次世代シークエンサーと蛋白質アレイを用いた骨髄腫病態解析(高松 博幸)
・多発性骨髄腫治療における免疫チェックポイント分子の意義(笠松 哲光・村上 博和 他)
・コレステロール排出経路阻害による新しい白血病・リンパ腫治療(菰原 義弘・藤原 章雄)
・低酸素骨髄環境に潜む骨髄腫幹細胞(芦原 英司)
・骨髄微小環境における骨髄腫細胞と間葉系細胞の相互作用(池田 博)
・担がん生体で産生されるIL-6による樹状細胞の機能不全メカニズム(北村 秀光)
・胆汁酸によるエネルギー代謝調節(北村 奈穂・渡辺 光博 他)
プロダクトNo 1281683000
出版社 北隆館
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。