リサイクル通信 定期購読・最新号・バックナンバー

リサイクル通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

リサイクル通信雑誌の詳細です。


リサイクル通信の公式サイトへ
本・雑誌 リサイクル通信
本・雑誌内容 中古商品の調達方法や各商材の適正粗利益。ベンチマークするべき企業や、再販のリスクとその回避方法など、リサイクル・リユース事業を行う上で欠かせない情報をわかりやすくお届けします。総合リサイクルショップ、業務用機器、ブランド品、メディアなどあらゆるカテゴリをカバー。新しい商材のブームも予測します。業界のリーディングカンパニー社長も毎号登場し、成功の秘訣を本紙だけに明かします。★全国古物市場一覧も毎号掲載。新設市場も追加更新★
本・雑誌内容詳細 2017年9月10日号の主な内容

■ニュース
米WGACAとオパールが提携 来年ブランド市場大会開催へ
即金化アプリ「CASH」 一日上限一千万円で再始動
コンシェルジュが出張買取 ハードオフ子会社エコモード
大黒屋ホールディングス 相次ぐ中国出店
メルカリ ブランド特化のフリマアプリ
小さな店の生き残り策 バイクで出張買取
中古オフィス家具の協会設立 オフィバやリステージ発起人
フローレンス書類送検 無登録の象牙取引か
ゲオ 中古スマホの再生センター
銀座屋がバイマと提携 出張買取が好評
LINE査定効率化ツール サイシード
レトロゲーム偽造品出回る メガドライブに注意を
ミスターミニット サービスコンビニ化目指す
ゴルフ・ドゥとタックルベリー タイでグラブ買取販売
アイデクトが社名変更 2020年上場見据え
越境EC、他社出品開始 イーレディー
エスニック古着催事のsipini 月1回売場オープン
ドローンを事業の柱に リサイクルポイント東京
銀座パリス エコ配と提携


■トップインタビュー

バンク 光本勇介CEO

「即金化アプリ『CASH』再始動」

手持ちのモノを即現金化するアプリとして世間を驚かせたキャッシュ。
6月28日にリリースするいなや、16時間34分で3億7000万円分の申し込みが
殺到しサービス休止をしていたが、8月24日にサービスを再開した。
運営するバンク(東京都渋谷区)の光本勇介CEOに再開1日前にインタビュー。
いったい何がおこって、これからキャッシュがどう成長するのか語ってもらった。


■トピックス
中部リユース 「中古家電を年間40万台再生」

中古家電の再生を年間40万台手がけ年商38億円を売り上げているのが中部リユースだ。
同社は家具付き集合住宅で使用された商品の再生やメンテナンスを中心に手がけているが、
これから事業会社や寮を対象とした住居備品のトータルサポートサービスを手掛けると言う。
5年以内に100  億円の売上高を目指す。


■コーナー
◎なぜ売れる?研究
「美肌に見えるアンティーク」
パディントンホームデコレーション

◎チラシ大研究
「マダム効果!?で買取30%増」
家電のケンちゃん

◎バイヤー道
「時代に合わせた柔軟な対応」
古書ドリス

◎キャラクター図鑑
「フィギュア好きの萌え少女」
タナクロの“メイたん”

◎一工夫report
①アルバーノ
②美容革命
③OSAGARI
④トーヨーリサイクル


◎繁盛店の店づくり
「奥に行くほどディープな世界」
古物百貨店ALL TOMORROW’S PARTIES

◎シェアエコサービス最前線
①ジュエリスト(ブランド小物)
②dress box(CtoCドレス)
③saji(ブランド時計 )

◎売れる商品リサーチ
①怪獣のソフトビニール人形
②ダイヤ付スターリングシルバーZippo

◎古物市場データ
「リピート7割、新人でも馴染める」
ブランドオークションZERO

◎意識調査
シェアエコの土壌は整った?
「不要な物は他人へ」8割

◎交友録
FING/かたやま質店→太田質店
「気遣いの出来る組合のムードメーカー」

◎古物市場開催日程 10月スケジュール
掲載市場数 171箇所

◎全国ダーツの旅・岩手県
ワイドパンツのコーデ相談し
流行取り入れ喜んだ女性客……(DonDonDown on Wednesday奥州水沢店)

男性客が売却した秀衡塗は
伊勢志摩サミットの贈答品……(メガチャンス花巻店)

◎Voice
テーマ「個人的に買っている中古品」
①ブランド品は自店、古着はZOZOUSEDで購入
②50代から60年代のヴィンテージジーンズ

◎イチバめし
「刺身居酒屋のナスフライ弁当」
ブランドオークションZERO

■連載
◎携帯&スマホ
「携帯修理の現状①」
登録修理事業者のメリット・デメリット


プロダクトNo 1281682973
出版社 リフォーム産業新聞社
発売日 毎月10,25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。