月刊 社労士受験 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊 社労士受験の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊 社労士受験雑誌の詳細です。


月刊 社労士受験の公式サイトへ
本・雑誌 月刊 社労士受験
本・雑誌内容 人事・労務のエキスパートとして人気の高い「社会保険労務士」。本誌は、毎号150分の音声CD(MP3形式)が付き、はじめて社労士試験を目指す方、再受験の方まで、すべての受験生を合格へと導く月刊誌です。また、メルマガの定期購読(無料)をお申し込みいただきますと、法令改正情報や解法テクニックなど受験に必要な情報を毎週1回配信しサポートいたします。
本・雑誌内容詳細 ■特集1 前期模試~労働科目の課題を見つけよう!~
1月号までに学習した労働科目について、早い段階で五肢択一式の形式で到達度をチェックします。模試では毎月の「アウトプット一問一答」「五肢択一式答練」「選択式答練」よりもやや難しく感じるかもしれませんが、得点に一喜一憂する必要はありません。自分の弱点を知り、本試験までの期間にこなすべき課題を見つける材料にして、後半戦に臨みましょう。
■特集2 年金科目で点を取る(厚年編)
国民年金法と厚生年金保険法(年金法)は苦手な受験生が多い科目ですが、これを克服すれば、得点源にすることができます。年金法の学習には解き方を身につけるのが近道です。五肢択一式の演習問題から解き方を解説していきます。図表も随所に取り入れて、分かりやすく解説します。今月の科目は厚生年金保険法です。
●科目講座 厚生年金保険法
インプットとアウトプットを組み合わせた科目学習講座です。
「インプット基礎講座」…用語から条文や例文を紹介する形の初学者向け講座
「インプット合格講座」…条文をベースに重要項目を解説する中上級者向け講座~ホームページにて動画解説講義を配信します!~
「アウトプット一問一答」…インプット講座の論点を中心とした一問一答の問題演習講座
●五肢択一式答練 厚生年金保険法
「五肢択一式答練」は、五肢から速く・正確に正答を選び出す力をつけるのはもちろん、解説を合わせて読むことで知識をさらに増やすことを目的としています。音声解説講義付きで理解が深まります!
●選択式答練 厚生年金保険法
「選択式答練」では、択一式では出題されにくいが選択式では出題されそうな条文や知識を選んで出題していきます。この答練を通じて、20個の選択肢の中から正解肢を選び出すテクニックを身につけましょう。
●雇用保険は行政手引からほぼ4割出る!?
近年、雇用保険法は行政手引と呼ばれる業務取扱要領からの出題がほぼ4割にも上っています。この連載では、行政手引を根拠とする五肢択一式の問題を通して、より本試験に即した実戦的なトレーニングをしていきます。
●通達で学ぶ労働契約法
労働契約法は出題頻度が高く、近年では条文からの出題のみならず、条文の解釈についての「行政通達」からの出題が散見されます。この連載では平成24年通達及びその後の改正通達を中心に紹介し、条文の細かな定義までをチェックしていきます。
●短期間で合格をつかむ!時短学習法
社労士試験の合格に「頭の良し悪し」や「年齢」は、関係ありません。必要なのは、合格するための「勉強法」です。社労士受験生を合格へと導いてきた時短学習法アドバイザーが、短期合格のノウハウを教えます。
●社労士のお仕事
社労士受験生の方々に、社労士の仕事や考え方、エピソードなどをお伝えしていきます。「社労士試験に合格したら…」と想像しながら読んでください。きっと勉強のモチベーションが上がるはずです!
●持ち歩いて覚える! 数字の単語帳
社労士試験では避けて通れない重要な数字をまとめた単語帳です。カード状に切り取ってホルダーでまとめれば持ち運びに便利。通勤時間や昼休みなどのスキマ時間を利用して暗記に努めましょう!
●5分で覚えるプチ講座
スキマ時間を活用できるよう、5分にまとめた各科目の重要ポイントを朗読する音声のみの企画です。付属CDまたはダウンロードでお聞きください。※誌面解説は付いていません。
●150分の音声CDを標準付属
実力派講師陣による毎号150分の音声講義を収録した音声CDを標準付属。CDに収録されている音声ファイルはホームページからダウンロードすることもできます。
●60分の動画解説講義をホームページで配信
「インプット合格講座」の解説動画をホームページで配信します。動画の最大のメリットは「分かりやすさ」です。毎月一度配信される臨場感あふれる動画解説を、ぜひ学習のペースメーカーとしてください!
プロダクトNo 1281682961
出版社 労働調査会
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。