バロンズ拾い読み 定期購読・最新号・バックナンバー

バロンズ拾い読みの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

バロンズ拾い読み雑誌の詳細です。


バロンズ拾い読みの公式サイトへ
本・雑誌 バロンズ拾い読み
本・雑誌内容 バロンズ誌とは ダウ・ジョーンズ社が発行する米国で最も著名な投資週刊誌です。バロンズの発行部数は30万部(同じくDJ発行の経済新聞ウォール・ストリート・ジャーナルは170万部)、金融業界人と投資家の必読誌です。米国では個人が自前で資産運用に深く関与するのが当たりまえ。彼らの多くが、週末にはコーヒー片手に分厚いニューヨーク・タイムズ紙と共にバロンズ誌を通して情報収集に努めています。『バロンズ拾い読み』とは そんなバロンズの中から日本の投資家にも役立つ記事を日本語で抜粋・要約したレポートです。
本・雑誌内容詳細 1. 7000億ドルの救済策は不十分 【金融安定化法案】
2. 本領発揮の時が来た 【ETF】
3. 目減りを防ぐには? 【ミューチュアル・ファンド】
4. 救済法案と債券投資 【インタビュー】
5. 伝記に勝るバフェット氏 【バークシャー・ハサウェイ】
6. 強まる買い控え 【株式市場展望】
7. 現金創出力に優れた企業 【注目銘柄】
8. 問題はひとつ解決したが、まだ山ほど・・・ 【米国株式市場】
9. 今週の予定 【経済関連スケジュール】
10. 効果のほどは未定 【コラム】
プロダクトNo 1281682874
出版社 時事通信社
発売日 毎週日曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。