古寺巡礼 京都 定期購読・最新号・バックナンバー

古寺巡礼 京都の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

古寺巡礼 京都雑誌の詳細です。


古寺巡礼 京都の公式サイトへ
本・雑誌 古寺巡礼 京都
本・雑誌内容 京都の古寺名刹を1ヶ寺1冊で構成!各寺院の寺宝、建築、庭園などの文化財を豊富なカラー写真で紹介し、その歴史を平易に解説しています。また著名作家、歌人、俳人、評論家が各寺院を訪ね、その魅力をつづっている巻頭エッセイも充実、京都の古寺をより深く知るための、必携のシリーズです。
本・雑誌内容詳細 民衆の信仰と報謝の心を伝える東本願寺の歴史と文化財
日本建築の技術と粋を集大成─明治再建の両堂と渉成園の建築

★JR京都駅の北側に聳え立つ大伽藍が真宗大谷派の本山、東本願寺(正式名は真宗本廟)です。本書は門徒衆の報恩の心に育まれた東本願寺の激動の歴史と、同寺に伝来する伽藍や文化財の魅力を作家・井沢元彦氏のエッセイはじめ、多角的に紹介する一冊です。
★平成23年に厳修される親鸞聖人七百五十回御遠忌を控えた大修復によって、今年(平成21年)9月に明治時代の再建当時の輝きを取り戻した御影堂(ごえいどう)は世界最大の木造建築物であり、また古代以来の日本建築の技術が集大成された建物として評価されています。
★戦火や四度に及ぶ火災などを乗り越えて伝えられた親鸞聖人以来の法宝物をはじめ、東本願寺は知られざる文化財の宝庫で、近年の調査でその重要性が明らかとなりました。
★山内東方にある飛地の庭園渉成園(しょうせいえん、枳殻亭〔きこくてい〕)は、石川丈山(いしかわじょうざん、1583-1672)の作庭で四季の変化に富み、滴翠軒や漱枕居など幕末から近世の数寄屋建築が随所にあり、文化財として貴重です。
プロダクトNo 1281682870
出版社 淡交社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。