テーミス(THEMIS) 定期購読・最新号・バックナンバー

テーミス(THEMIS)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

テーミス(THEMIS)雑誌の詳細です。


テーミス(THEMIS)の公式サイトへ
本・雑誌 テーミス(THEMIS)
本・雑誌内容 【経済・ビジネスの最深部に迫る】経営者や中間管理職を今までにない新事態が襲い始めた。新事件の正確な分析と新しい生き方を探る【読者の眼でマスコミの内幕を斬る】傲慢な大新聞やテレビの意外な実態と矛盾を衝き、彼らが触れたがらないタブーをも必ず明るみに【健康に役立つ最新医療情報を】ふだん飲んでいる薬の真の効用から、生命の限界に挑む画期的な医学の進歩と現状を【「背景」に目配りした政治・教育・文化情報】単純事実を羅列しただけでは本質には迫れない。他紙誌にはないユニークな斬り口とデータで【ホンネだけの世界・国際情報】地球が身近になってきた。特に日本と関係の深いアメリカ、中国、北朝鮮のマル秘情報を現地から特信
本・雑誌内容詳細 【THEMISレポート】
安倍首相‐新聞&テレビの「権益」打破へ
放送法と日刊新聞紙法の矛盾二つの法律に守られ
恣意的経営と報道に甘えてきたが欧米の大改革が日本にも


【政 治】
・朝日新聞‐「安倍政権を倒せ」の異常号令
・「安倍3選」危うし‐内外の敵&昭恵醜聞‐首相の健康不安も深刻になり総辞職の観測も出始めた
・石破茂の総裁選「出馬潰し」に策謀巡らす‐新竹下派の力を借りるが安倍首相は必死で阻止へ
・郵政民営化「大失敗」が地方衰退の元凶だ
・厚労省は旧厚生官僚に乗っ取られた‐「働き方改革」の大失態で旧労働官僚は冷遇され
・〈政官界パトロール〉厚労省「虚偽データ事件」で人事大変動へ──── ジャーナリスト 横田由美子
・小池東京都知事‐築地&五輪「失政のツケ」迫る‐支持回復を策すが「辞任が一番だ」と囃されるばかり


【経 済】
・日本航空「中期経営計画」巡り内紛潜航へ
・《金融界激動へ》メガバンク「3万人リストラ」に展望なし────── 経済ジャーナリスト 池原冨貴夫
・永守日本電産会長社長が選んだ吉本次期社長の試練‐カリスマ経営者が創業以来初めて社長職を譲ったが
・積水ハウス‐会長vs.社長「泥仕合」の全容‐育てた後継者とやがて対立し解任合戦を起こすまで
・川崎重工「重大ミス」にトップ現 場は危機感なし‐新幹線「大事故」寸前で世界からの信頼を損なったのに
・中西宏明新会長を難問現政権との距離エネルギー問題が襲う‐経団連の存在感低下のなか原発事業でもリスクが


【社 会】
・皇室記者3官邸記者の壮絶スクープ戦
・国税の「脱税告発」に無罪が目立ってきた
・ネット拡大で新聞&テレビは消滅する‐速報性を武器に個人の「情報入手&発信」も急増
・産経新聞‐拉致追及報道と沖縄虚報の間‐「正論」路線で存在感高まるが「政権寄り」との指摘も
・創価学会‐テレビ東京へ猛抗議の波紋‐番組内容や取材方法に問題ありと謝罪までさせたが
・福島‐莫大補助金で復興図るも荒廃へ‐東日本大震災から7年経つが税金の使い道に問題あり
・皇太子殿 下妃殿下で「次代皇室」への不安高まる‐すでに雅子さまに対する外務省関係者の〝ご進講〟が
・眞子さま&小室圭さん「結婚破綻」は決まった‐小室家の〝身体検査〟が甘いというが情報は上がっていた


【生活&文化】
・《原子力発電「再生」へ76》 小泉元首相の「原発ゼロ」は無責任の極み
・【中高年ノート】「生前&遺品整理」は元気なうちにすべし‐整理業者は増えているがトラブルも多い
・〈社会短針〉「女子アナ人気」にみる栄枯盛衰‐フジ全盛が今や日テレが株奪う
・快人・深見東州が「マルチ才能」を見せた日‐ユニークなバースデー書画展に著名人が参集して
・「日本のコメ」を種子法が全滅させる‐モンサントなどがコメ農家を支配すると恐れるが
・安崎暁コマツ元社長「感謝の会」にみる死生観‐がん発症と余命を宣告され「生きているうちに」と
・膵がん早期発見&治療が可能になった───────安達純子


【国 際】
・《ワシントンレポート》トランプ‐中国&ロシアとの「戦争」決意へ─── 在米ジャーナリスト 古森義久
・インドが怒った‐中国金ずくの包囲網に‐スリランカは毒牙にかかり国が乗っ取られる寸前だ
・金正恩‐トランプ会談「失敗」で破滅へ‐追い詰められた正恩が日本を頼ったときに拉致解決へ
・安倍&トランプ「一帯一路潰し」に突進す


【早耳人事】
新日鐵住金/太平洋セメント/東芝/UACJ/日本水産/熊谷組/H2Oリテイリング


【連 載】
・楽天家の人生発見 「女性の相談に心理学は役に立つか」  高橋三千綱
・日本警世 朝日新聞が〝忖度〟する朝鮮半島「統一」の願い ジャーナリスト 高山 正之
・寸鉄録 中国「習皇帝」の野望は台湾併合&日本支配だ エッセイスト 大澤 正道
・裸の財務官僚 今こそ財務省の組織解体と消費増税凍結を断行せよ 嘉悦大学教授 高橋 洋一
・自衛隊密着ルポ 陸上自衛隊‐「新制服」巡る無知&謬説衝く 防衛問題研究家 桜林 美佐
・大 喝 安倍昭恵さんは真相語れ
・THEMIS EYE 総裁選のカギ握る二階幹事長に安倍首相が「お酌」し協力求めた
・THEMIS LOBBY 安倍昭恵氏の剛腕伝説 社長に披露宴招待状を
・社会短針 たけしの「いい人ぶり」が鼻につく
・小社から読者の皆さまへ
・往来之記
プロダクトNo 1281682849
出版社 テーミス
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。