レジデント(Resident) 定期購読・最新号・バックナンバー

レジデント(Resident)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

レジデント(Resident)雑誌の詳細です。


レジデント(Resident)の公式サイトへ
本・雑誌 レジデント(Resident)
本・雑誌内容 レジデントやレジデントを目指す医学生が、重要な基本的知識や技術を学ぶとともに、研修施設選択など将来設計に役立つ情報が得られる「レジデント総合情報誌」です。全頁カラー印刷によるAB判の大型サイズの採用と、多数のイラストによるビジュアル化により視覚的に分かり易い誌面構成となっています。特集においては、レジデント教育に力を注いでいる第一線の著名な医師や大学教授陣による執筆で、教科書では学べない実践的な診断と治療を主要テーマとした記事を掲載。医師・臨床研修医の他、看護師やコメディカルにも役立つ幅広い内容を目指しています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
脊椎脊髄外科~首から腰までの背骨の病気の診断と治療
企画編集/大川 淳

〈特集にあたって〉
 整形外科の外来患者のうち,約半数が背骨の病気であることが知られている.整形外科では,四肢外傷とともに手足の痛みやしびれ,麻痺も扱う.首や腰などの局所の痛みの訴えもかなり多い.整形外科専門医となる過程で,これらの症状に対する診断・治療法を学ぶが,その時期は同時に基本的な手術整形外科手技の習得に時間が費やされるのが一般である.最も多いのは大腿骨頸部骨折であるが,橈骨遠位端骨折や足関節,下肢骨折の整復固定術を通じて,整形外科手術の基本手技であるスクリューやプレート,髄内釘などの扱い方を習得する.こうした一般整形外科の手術ができるようになったあとで,人工関節,内視鏡とともに,脊椎手術など進んだ手術手技を学ぶことになる.スポーツ整形外科の人気も高いが,脊椎脊髄外科のニーズは高齢者の増加とともにますます大きくなると思われる.
 脊椎脊髄外科は,かつて交通外傷や転落による脊椎の脱臼骨折や脊髄損傷が中心であった.ところが近年,高齢者の健康寿命の重要性が高まるにつれて手術の対象が大きく変化し,さらに技術的な進歩によって手技も多様化した.すなわち,従来の神経除圧と局所的な固定術に加えて,内視鏡手術や長範囲インストゥルメンテーションによる姿勢制御などが可能になったのである.ただ,手術治療において最も重要なのは術前の神経診断学であり,症状の由来を正確に評価することが手術を成功に導く鍵といえる.とくに脊椎脊髄外科では背骨の痛みという非特異的な症状が多く,手術のターゲットを決定するにも一定の知識や経験を有する.当然,神経学的診察をマスターすることや,MRI・CT検査などの神経放射線診断学の知識も不可欠である.一方,すべての頸部痛や腰痛が手術で治せるわけでなく,手術後に残った痛みを薬や理学療法でコントロールして,運動機能を維持するという保存治療の素養も求められる.この部分には医師患者関係を良好に保つ能力が重要で,画像上の異常があるから切除し,それがなければ通院は不要というような切除外科の考え方とは大きく異なる.痛みを減らしてQOLを向上させるという,機能外科としての側面を最も求められているのが脊椎脊髄外科といえる.
 本特集は,こうした脊椎脊髄外科の診断,治療のエッセンスを示すことを目的に編集した.12の傷病について,問診から始まり,診察,画像検査,診断に至るまでの過程を示す.治療については保存治療と手術治療について概説し,また,専門医への紹介のポイントに触れた.本特集の読者が到達できるのは診断過程までとは思われるが,神経障害はときに進行性であり,専門医への紹介のタイミングが遅れると思いの他重い後遺障害を残すことを忘れてはならない.脊椎脊髄外科の領域は,生命予後は左右しないとしても,障害が残れば患者のその後の人生に大きく影響することは間違いがない.

大川 淳
(東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 整形外科学分野 教授/
東京医科歯科大学医学部附属病院 病院長)

〈目次〉
1. 頸部痛・腰痛と保存治療
2. 頸椎後縦靭帯骨化症
3. 頸椎椎間板ヘルニア
4. 胸髄腫瘍
5. 思春期側弯症
6. 若年者腰椎分離症
7. 腰椎椎間板ヘルニア
8. 腰部脊柱管狭窄症(すべり症)
9. 成人脊柱変形/大谷和之
10. 骨粗鬆症性椎体骨折と骨粗鬆症治療
11. 透析脊椎症
12. 化膿性脊椎炎

【連載】
◆ヨルレジ
 ・第12回 カリウム異常
◆患者さんとの接し方
 ・第109話 看取り医療における患者さんの家族との接し方
◆慶應循環器内科カンファレンス
 ・第67回 房室ブロックから心室細動を起こした心サルコイドーシスの一例
プロダクトNo 1281682787
出版社 医学出版
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。