月刊下水道 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊下水道の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊下水道雑誌の詳細です。


月刊下水道の公式サイトへ
本・雑誌 月刊下水道
本・雑誌内容 『月刊下水道』は、1978年に創刊し、30年の歴史を持つ下水道専門誌です。下水道の普及と維持管理のための最も大切な情報を網羅して、中央官庁から地方公共団体、技術者、業界サイドにいたる相互交流、連帯の場となること、下水道事業にとって必要な技術を育成していくこと、下水道事業を推進する上での問題の解決をめざすこと、下水道普及に情熱を傾ける現場サイドの“声”を伝え、代弁することなどを目的に、刊行しています。
本・雑誌内容詳細 【巻頭インタビュー/人・ひと・ヒト】
1 全国ヒューム管協会 会長 中川 喜久治 氏
  「ヒューム管が豊かな日本の国土を守る」

【従来+新機能αの管路資器材】
6 日本下水道協会規格「JSWAS A-2 下水道推進工法用鉄筋コンクリート管」の改正
  ●村崎 裕一

11 「JSWAS K-14」規格改正と下水道未普及解消に向けたポリエチレン管の可能性
  ●下水道用ポリエチレン管・継手協会

14 老朽化対策や浸水対策で機能強化を図る次世代型高品位グラウンドマンホール
  ●堀ノ内 卓

18 雨水浸透管路の強靭化に向けて ─雨水貯留・浸透マスの目詰まり防止策─
  ●嶋根 恵樹

【新発想の管路資器材】
22 バクテリアを用いた自己治癒コンクリート技術「Basilisk」の技術概要と下水道分野での可能性
  ●中村 聖二

29 高耐圧対応コンクリート推進管「JIP-PIPE」の性能と可能性
  ●三岡 善平

33 簡単施工で管渠接合部の耐震化を図るマンホール用継手「ブーツ ウエッジタイプ」
  ●㈱イトーヨーギョー

【長期耐久性への挑戦】
39 下水道管路管理へのストマネ導入を支援する管きょ劣化データベースVer.2
  ●深谷  渉

43 ビックリート(下水道用耐食性コンクリート)製品の長期耐久性について
  ●畑  実

48 二層構造管の長期耐久性について
  ●大塚 剛史

52 マンホール内の湿度や硫化水素濃度の変化によってどのように鉄ふたが腐食するのか ―ACM型腐食センサの活用―
  ●宮田 義一

【視  点】
57 非開削による管路漏えい防止への試み――統計的仮説検定(分散分析)について
  ●山瀬 敬治



ニュースアット・ランダム
96 下水道への紙オムツ受入検討ロードマップ <国交省>
  処理方式を3つに分類し、方式ごとに概ね5年間で検討
97 平成30事業年度事業計画を公表<JS>
  震災からの復興事業がピークに



■連 載
63 ティーブレイク 86
  教うるは学ぶの半ば ~コミュニケーションの双方向性~
  ●中里 卓治

64 下水道をとらえるもぐらカメラ 第98回
  情景を再現できたマンホールポンプ
  ●写真・文:白汚 零

74 ドイツの下水管きょ
  ─改築戦略の最前線─ 第4回
  取付管の現状と課題
  ●村上 孝雄  ●青木 徹

81 歴史探訪 自分史を読む 第5回
  成瀬 薫 著『私の水道歳時記』
  ●齋藤 健次郎

94 スクリーンに映った下水道 第104回
  ロケ地を探したい『映画 妖怪人間ベム』
  ●忠田 友幸



■Report
5 トピックス
  東京都議会、改築に係る国庫補助継続の意見書を可決
  未普及解消と雨水対策への重点化予算案を受けて

65 考察
  下水道における総合的リスクマネジメントに関する一考察
  ―先を見越してできること―
  ●片桐 晃

84 展示会レポート
  「スマートエネルギーWeek2018」を見る
  ●神林 章元

89 投稿
  新横浜中央ビルの環境保全
  ●星山 貫一



■Information
98 NEWSのページ



業界ニュース 13、38  行政ニュース 20
ニュース 62  お知らせ 83  既刊紹介 93
次号予告 102  編集後記 103  広告索引 104
プロダクトNo 1281682760
出版社 環境新聞社
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。