月刊ケアマネジメント 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ケアマネジメントの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ケアマネジメント雑誌の詳細です。


月刊ケアマネジメントの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ケアマネジメント
本・雑誌内容 介護保険制度とともに創設された介護支援専門員(ケアマネジャー)の役割は今後もますます重要です。超高齢社会に向けては、自立支援型ケアマネジメントがますます求められるようになっているほか、ケアマネ支援策として政府は全自治体での「地域ケア会議」の開催を推進するなどケアマネを取り巻く状況も日々変わっています。 月刊ケアマネジメントでは、毎月特集として制度改正や地域ケアの現場を広く取り上げており、ケアマネジャーだけでなく、在宅サービスに取り組む関係者にも役立ちます。
本・雑誌内容詳細 月刊ケアマネジメント 2018年1月号
【特集 2025年を生き抜くヒント】

 今年は介護と医療のダブル改定の年。団塊世代が75歳に突入する、地域包括ケアの目標2025年もそこまで来ています。
 日本の社会保障が正念場を迎え、先行きの見えない今だからこそ、これからの生き方や仕事のスタイルを考え直してみたいー。そんなヒントを教えてくれる皆さんにインタビューしました。
 トップバッターは、女優の秋川リサさん。認知症のお母さんを看取りました。母娘の確執もあり、苦しいものでしたが、かけがえのないものをもらったそうです。

・60代はまだまだ成長期 「老益老人」を目指そう
  秋川リサさん◎女優・タレント

・寝たきり一人ひとりを起こす 本人の想い、支援技術、チームこそ
  村井千賀さん◎作業療法士

・死を前にした人に何ができますか 大切なのは「分かろうとする」こと
  小澤竹俊医師◎めぐみ在宅クリニック院長

・どんなに障害があっても地域で暮らし 最期まで在宅で! は実現できる
  玉木幸則さん◎障害当事者・相談支援専門員

・何でも診て患者中心に かかりつけ医と医療が変わる
  鈴木 央医師◎鈴木内科医院院長


ニューストピックス 見えてきた報酬改定 居宅介護支援はこう変わる



連載

・統合ケアマネジメント事例検討会

・我がまち 地域包括支援センター
 鹿児島県 鹿屋市地域包括支援センター

・つながれ! ケアマネジャー連絡会の輪

・医師との上手なつき合い方
 嵯峨崎泰子◆日本医療コーディネーター協会 代表理事

・地域から始める包括ケア
 酒井 保 ◆ ご近所福祉クリエータ

・本人中心の支援って?
 それが相談支援専門員の仕事です!

・ともにアート

・Let,s enjoy Cinema

・みんなでつくる井戸ばた会議

・読者アンケート

・ソーシャルワーカー道まっしぐら 宗利勝之◆NPO法人カナン 相談支援専門員

・風の手帖 尾崎 雄◆医療・福祉ジャーナリスト(老・病・死を考える会世話人)

・わが社のおすすめ!
プロダクトNo 1281682759
出版社 環境新聞社
発売日 毎月30日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。