CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ) 定期購読・最新号・バックナンバー

CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)雑誌の詳細です。


CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)の公式サイトへ
本・雑誌 CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)
本・雑誌内容 サイクルスポーツは、自転車とサイクリングとを総合的に扱うナンバーワンの専門誌です。1970年4月の創刊から一貫して、自転車を使った遊びの世界に着目してきました。レースレポートをはじめ、ツーリングコースガイド、世界の冒険旅行記、メンテナンス解説や科学的トレーニング記事、そして世界のブランドを掲載した新製品情報など、これからも幅広いジャンルをカバーしていきます。
本・雑誌内容詳細 第一特集
「富士ヒル」「乗鞍」にまだ間に合う
やるべきことは超シンプル
今年こそクライマーになる!

上りのタイムが縮まらない人、上りが苦手な人に向けて、その根本原因を解決する大特集。
上りを速く走るための3要素(1:重量/2:出力/3:パワー効率)を、JCFコーチの務める佐藤一郎氏が論理的に解説。
それを獲得するためのトレーニングメソッドを紹介。
実践編では上りを得意とするプロ選手、宇都宮ブリッツェンの雨澤毅明、強豪ホビーレーサーの森本誠、兼松大和らが登場して、クライマーになるためのノウハウを伝授する。
さらに夏の本格的ヒルクライムレースに向けた3ヶ月トレーニングも紹介。
これを読めば、今年こそ憧れのクライマーに近づける。

第二特集
自分を刺激する、旅に出よう!
Ground Touring
目的地に向けて走る計画性のあるツーリングやロングライドとは違った遊び方を提案。
3組のライターが三者三様のライドに出かける。ある者はゴールを決めず、知らない景色を求めてただ北に向かい走り、ある者は釣り竿を携え、魚を追いかけグラベルロードでミックスロードの林道を進む。
そして、ある者はカーゴバイクに仕事道具とテントを積み、仕事帰りのキャンプライドに出かける。
既存の価値観に捕らわれない自由な発想を取り入れると、今までにない贅沢なライドを楽しめる。

第三特集
意のままにバイクを操れる
極めよ! ブレーキセッティング
サイクリストの命綱であるブレーキ。
それを生かも殺すも、正しい調整法とメンテナンスがあってこそ。
リムブレーキのセッテイングは、敏腕メカニックとしてロードサイクリストから絶大な信頼を誇る、なるしまフレンドの小畑郁さんが徹底的に解説。
ディスクブレーキはプロショップ轍屋の元店主にして自転車ライターの鏑木裕さんがレクチャー。
正しいブレーキセッティングを学んで意のままにバイクを操ろう!


連載
自転車道「塗装の真実に迫る」
人気の連載企画「自転車道」を5ヶ月ぶりに掲載。
今回のお題は「塗装の真実に迫る」。
これまで自転車フレームの塗装についてはカラーリングやデザインなどしか語られていなかったが、今回は国内マスプロメーカーのパナソニックサイクルテックを取材し、塗料の知識、塗装工程などを紹介。
同社の塗装工程の凄さ、フレーム塗装の奥深さに、ライター安井と編集長・吉本は衝撃を受けた。

上位機種のプラットフォームを搭載した
シマノ・新型105シリーズ登場

ニューモデルインプレッション
・ヨネックス・カーボネックスディスク
・コンドル・スーパーレッジェーラ

タイムアップを後押してくれる
ヒルクライム必勝アイテムで自分を超えろ!

”サイスポ専用バイク”をオーダーしてみた!
フジのカラーオーダーシステム「リミックス」登場


Are you ready for the new seasons ?
サイクルウエア&シューズ&ヘルメット
コレクション2018

世代交代が進むプロロード界
春のクラシック2018

第2回ツール・ド・とちぎ
国内最強チーム
ブリッツェンのプライド

石田ゆうすけのNIPPON漂流 僕の細道
田舎風情を味わいながら 通称”うさぎ”島を目指して西へ

物欲グッズをトライ&ジャッジ!
[安井行生/吉本 司]
・スペシャライズド・Sワークス7
・ドイター・レースX
・ボントレガー・アイオロスXXX2TLRクリンチャー/アイオロスXXX4TLRクリンチャー
プロダクトNo 1281682709
出版社 八重洲出版
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。