CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ) 定期購読・最新号・バックナンバー

CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)雑誌の詳細です。


CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)の公式サイトへ
本・雑誌 CYCLE SPORTS(サイクルスポーツ)
本・雑誌内容 サイクルスポーツは、自転車とサイクリングとを総合的に扱うナンバーワンの専門誌です。1970年4月の創刊から一貫して、自転車を使った遊びの世界に着目してきました。レースレポートをはじめ、ツーリングコースガイド、世界の冒険旅行記、メンテナンス解説や科学的トレーニング記事、そして世界のブランドを掲載した新製品情報など、これからも幅広いジャンルをカバーしていきます。
本・雑誌内容詳細 特別付録1
PLANET PODIUM vol6 Cinelli
イタリアの老舗ブランド「チネリ」の大特集。2019年の最新コレクションを一気紹介。
注目の新作ディスクロードを最速試乗!
ブランドオーナーであるアントニオ・コロンボの独占インタビューなど、チネリファンには見逃せない内容が盛りだくさんのタブロイド誌。


特別付録2
knog×CYCLESPORTS
サイクルスポーツオリジナル
イージーマッドガード
サドルの下に工具なしで簡単に装着できる樹脂製のイージーマッドガードが特別付録。
しかも製品の表面には人気アクセサリーブランド「knog」のデザインによるポップなオリジナルイラストをプリント。
すばやくバイクに取り付けできて、路面からの泥跳ねを軽減してくれるアイテムは、梅雨時期のライド必携のアイテムだ!


第一特集
サドル、ペダル、ハンドルで見直せ!
前乗り時代の
ポジション改善術
バイクとライダーのポイントとなるサドル、ハンドル、ペダルの“3つのル”は、ポジションを決める最重要箇所。
それが合わなければ、十分なトレーニング効果は得られず、しかも体の故障にも繋がる。
走りをワンラップアップしたいのなら、まずは根幹となる“3つのル”自体のセッティングを見直すべきだ。
今回は、長年欧州トッププロチームでマッサージャーとして活躍し、バイクフィティングの資格を持つ中野喜文氏が、最近のプロ選手がこぞって取り入れる“前乗り”を始め、最新ポジションを獲得するためのサドル、ハンドル、ペダルのセッティングを解説。
この特集を読めば最新ポジションが手に入る!


第二特集
どこでも走れるニューカテゴリー
この夏、
グラベルバイクで旅に出よう!

流行のバイクパッキングを始めツーリング志向のサイクリストが大注目する、新しいロードバイクカテゴリー「グラベルバイク」。
レース、ロングライド、シクロクロスなど既存ロードバイクとの設計の違いを始め、グラベルバイクの特徴を徹底解説。
実際のグラベルツーリングを通じて、その魅力と実力も検証。
荷物の積み方、装備品、カスタムなど、グラベルロードの魅力を余すことなく掲載。
夏ツーリングを企画するサイクリスト必読の大特集28ページ。


(その他の企画)
バイクカスタムがもっと楽しくなる!
サードパーティで遊ぶ
主要コンポメーカーの隙間を縫うように発売されるサードパーティ製パーツ。
万能な純正品に対し、特定の性能に特化して開発されたこれらパーツの魅力と実力を探る。
人気のビックプーリーを筆頭にチェーン、ワイヤなど注目モデルも実際にインプレ。
導入時の注意点など、サードパーティパーツ導入を考えるサイクリストなら見逃せない16ページ。


日常生活で強くなる!
乗らずに強くなる方法
多くの社会人サイクリストは満足なトレーニング時間を確保できないはずだ。
しかしながら少しでも速く・楽に走りたいという欲求は尽きない。
そんなトレーニング時間を確保しにくいサイクリスト必読の企画。
通勤・デスクワーク、家事なの合間など、日常生活のちょっとの時間を有効活用して、自転車に乗らずにパフォーマンス向上に繋がるトレーニングを紹介する。

夏ライド満喫のためのキーアイテム
インナーウエア実力検証
吸汗・速乾性に優れるインナーウエアは、大量の汗をかいてもサラッとした着心地を生み、快適な夏ライドには欠かせないアイテム。
最新アンダーウエアのテクノロジーや選び方などノウハウも掲載しつつ、最新の15モデルをインプレ。
プロダクトNo 1281682709
出版社 八重洲出版
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。