整備戦略 定期購読・最新号・バックナンバー

整備戦略の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

整備戦略雑誌の詳細です。


整備戦略の公式サイトへ
本・雑誌 整備戦略
本・雑誌内容 自動車が円滑に機能するためには、点検整備(車検、定期点検を含む)が、 不可避なものであり、事故修理をはじめ、年々、高度化する車両に対応する 技術情報を満載。 「車両技術情報、最新整備機器の紹介」、「カーアフター市場の利益アップに 直結する話題を深掘り」、さらに「霞が関通信」では国交省など行政の動き、 法制度改正など、詳細を伝えます。 工場ルポや、アフター市場の今を切り取り、読者目線で読みやすく、見やすい 誌面を提供します。
本・雑誌内容詳細 ■特集1:車体整備の来し方行く末
・優良なBP事業者を“見える化”する認定制度開始 ―日本自動車車体整備協同組合連合会
・選ばれるBP工場に向けて基盤強化を支援 ―テュフラインランドジャパン
・情報共有力や新技術対応を武器に提案加速 ―東京トヨペット
・あらゆるメーカーに対応可能な設備と技術が強み ―エヌティオートサービス
・大破から小破まで高いレベルの品質を提供 ―ホンダボディサービス栃木
・品質確保のためBP内製工場立ち上げ ―京都トヨタ
・生涯取引目的にBPセンターをリニューアル ―ネクステージ
・保有台数の増加とともにリペアセンター拡充へ ―タイムズモビリティネットワークス
・BP専業として技術力と対応力を武器にする ―松中鈑金
・顧客の真の満足を追求し、必要とされる存在に ―反町自動車ボデー

■特集2:今冬注目のカー用品
・カー用品店バイヤーインタビュー
・各社注目の冬物用品紹介

■Front Face
国土交通省 自動車局整備課 課長 平井隆志氏

■工場ルポ
〈整備総合〉小川原自動車鈑金(岩手県盛岡市)/大和自動車(神奈川県大和市)/桑高工業所(静岡県掛川市)/カーサポートブロッサム(大阪府八尾市)
〈電装整備〉奥原商会(北海道帯広市)

■ズームアップ
・鹿児島ペーパー車検の真相―業界課題も一因か―
・ケルヒャージャパンが横浜市内に本社移転
・第44回国際福祉機器展(H・C・R2017)が開催
・トヨタ2000GT生誕50周年祭
・トヨタ自動車、在日ブラジル人コースを終了

■特別企画
最新の自動運転技術や電動化技術が集結―第45回東京モーターショー2017

■この人に聞く
・タジマ社長 服部浩人氏
・奈良県自動車整備振興会・同商工組合専務理事 鬼頭栄一氏

■連載
・整備人材の創出~外国人技能実習生の可能性~⑦
・先進安全技術に挑む!~エーミングのいま~③
・川崎大輔がみるアセアンアフターマーケット ⑤インドネシアで目指す中古車流通の透明化
・「整備とともに」創業100年 地域とともに(上編)
   長嶋自動車 会長 長嶋和雄氏
・ニューオートテクノロジー モータージャーナリスト 安藤 眞氏
・18歳の君にラブレター 18通目 カーライフ・ジャーナリスト まるも亜希子氏

■シリーズ
・コラム「前照灯」
・トピックス
・VOICE
・リサイクル特区
・ニュースファイル
・全国自動車整備振興会・団体通信
・霞ヶ関通信
・損保ファイル
・ペイントニュース
・広告索引/編集後記
・データ
・リコール情報
・ニューモデルインフォメーション
・MONOステーション
・伊藤キララの九星占い
・至極のお取り寄せ


プロダクトNo 1281682686
出版社 日刊自動車新聞社
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。