月刊中国情勢 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊中国情勢の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊中国情勢雑誌の詳細です。


月刊中国情勢の公式サイトへ
本・雑誌 月刊中国情勢
本・雑誌内容 中国の政治、外交動向に関する文献情報で、党・政府指導者の発言や演説、党・政府機関の公文書や各国との外交文書、人民日報などの社説や論文をまとめたものや月間の出来事の日誌も掲載。
本・雑誌内容詳細 時のうごき―――――――――――――――――――――――
第19回中国共産党大会10月18日開催 中央政治局提案
大衆団体改革の正しい方向を把握せよ 習近平氏が重要指示
「習近平の知識青年としての7年の歳月」刊行 当時の関係者29人に取材
「習近平、国政運営を語る」の販売642万部に
李克強首相が科学技術省を視察 座談会開く
フフホトで内蒙古自治区成立70周年祝賀大会 兪正声氏演説
劉雲山氏、北戴河で夏季休暇中の専門家と会見
厳しい党管理を末端に広げる 王岐山氏、湖南省視察で強調
北京で姚依林氏生誕100周年記念座談会 李克強氏重要演説
水利次官に魏山忠氏 国務院人事異動
貴州省長代行に諶貽琴氏
深圳市長に陳如桂市長代行選出
王珉元遼寧党委書記に収賄などで無期懲役の一審判決

軍事ニュース―――――――――――――――――――――――
習近平主席 米統合参謀本部議長と会見
范長竜氏が米統合参謀本部議長と会見
房峰輝参謀長、米統合参謀本部議長と会談 朝鮮核なども意見交換
米統合参謀本部議長と会見 中国北部戦区司令員
百人近い予備役技術専門家が演習訓練で活躍 中国ロケット軍
中国の新型総合補給艦「呼倫湖」就役
中国の量産無人機「彩虹五」、試験飛行に成功 偵察・攻撃一体型
中国国防省、国境のインド人員撤収確認 高度警戒続けると表明
インド軍撤収は情勢見極めた正しい選択 新華社論評
中国海軍遠洋訪問艦隊がインド洋で実弾演習
国防省会見(8月31日)

法制の窓―――――――――――――――――――――――――
中国、国歌法制定 10月1日から正式実施
中国全人代、初の原子力安全法を採択
中国、小・中学校の教材を改訂 徳、法、伝統的古典を強調
杭州に中国初のインターネット法院オープン
遼寧の刑務所の9割に「所内法廷」 公開進む
江天勇元弁護士「国家政権転覆扇動罪」公判 罪認め、「拷問」否定
郭文貴容疑者関連企業の詐欺事件で一審判決 罰金1億5千万元
中国海警船隊 釣魚島領海をパトロール

中国~日本――――――――――――――――――――――――
兪正声氏、北京で河野洋平氏らと会見 中日国交正常化45周年記念で訪中
王毅氏、河野外相と半島情勢で電話会談 単独制裁に反対
王毅外相、田中真紀子元外相と会見
今年度の日本「防衛白書」内容に断固反対 中国国防省が談話
中国外務省の記者会見・コメント(日本関連)
歳月とともに薄れる歴史 海南省最後の「慰安婦」 新華社インタビュー
ホロコーストなどと多くの類似点 南京大虐殺史研究で新たな進展
中国、新たな証拠を公開 731部隊の人体実験・細菌戦
日本のメディア「いいね」 新華社、731部隊報道論評
日本が歴史に逆行すれば良い末路はない 解放軍報

対外関係―――――――――――――――――――――――――
アモイでBRICSビジネスフォーラム開幕 習近平主席が基調講演
BRICS諸国ビジネスフォーラムでの習近平主席の基調講演全文
第9回BRICS諸国首脳会合開催 習主席が重要演説
習近平主席の第9回BRICS首脳会合での演説全文
習主席、新興市場国・発展途上国対話を主宰 重要演説行う
新興市場国・発展途上国対話での習近平主席発言全文
新興市場国・発展途上国対話の議長声明
習主席が内外記者会見 BRICS首脳会合などを説明
習主席のBRICS首脳会合記者会見での発言全文
中米元首が電話会談 朝鮮半島情勢を重点に意見交換
習主席、独首相と電話会談 朝鮮半島問題の平和解決強調
習主席、マクロン仏大統領と電話会談 半島情勢で意見交換
朝鮮の核実験に関する質問に答える 中国外務省
朝鮮は非核化に対する国際社会の意志直視を 中国国連大使
楊潔篪氏、米国務長官と電話会談 両国関係やアフガン問題など協議
インド軍の不法越境の「3大誤判断」 新華社が論評
習近平総書記の外交思想の指導で開拓・前進 王毅外相が文章

―――――――――――――――――――――――――――――――
人民元為替レートの推移(2017年8月)
◇◆ヘロイン乱用に歯止めが掛かる モニタリング報告書◆◇
プロダクトNo 1281682633
出版社 中国通信社
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。