NS NOW 定期購読・最新号・バックナンバー

NS NOWの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

NS NOW雑誌の詳細です。


NS NOWの公式サイトへ
本・雑誌 NS NOW
本・雑誌内容 脳神経外科手術の最新技術と必須技術についてポイントやキーとなる点を、ダイナミックなイラストや写真をふんだんに使用して詳細に解説していく実践書シリーズです。従来の教科書的な記述に縛られず“これが基本中の基本”“ここがコツ”“そこが危ない”“ここにこだわり”といったベテラン医師の経験に基づく熱いメッセージとテクニックを伝授します。2008年3月に№1、№2の2冊を同時刊行の予定です。(年4冊刊行)
本・雑誌内容詳細 Ⅰ 手技編

術中破裂の予防と対応 井上智弘,長谷川洋敬 

■アウトライン
■セッティング
■開頭時の注意
■脳室穿刺
■硬膜切開と同時に破裂したら
■術野の展開,バイパスの併用
■動脈瘤剥離操作


重症くも膜下出血の手術 瀧澤克己 

■アウトライン
■手術手技
開頭・脳室ドレナージ挿入
アプローチ,合併する血腫の除去,くも膜下腔洗浄
動脈瘤クリッピング
クリッピング後から閉創まで
■重症くも膜下出血の手術コンセプト


脳動脈瘤手術における穿通枝の剥離・温存 佐々木達也,西嶌美知春 

■アウトライン
■問題となる穿通枝
■手術手技
■オキシセルロースを用いた温存法
■穿通枝温存の確認法
Doppler血流計
蛍光血管撮影
運動誘発電位(motor evoked potential;MEP)
■Clip rotationの問題
■血流一時遮断の問題
■おわりに



大型動脈瘤に対する手術セットアップ
― Suction decompression法とモニタリングを中心に 伊達 勲

■アウトライン
■手術手技
大型内頚動脈瘤に対するsuction decompression法のセットアップ
MEPモニタリング
ICGモニタリング
血流Doppler
VEPモニタリング
■まとめ


広頚・大型動脈瘤の頚部形成的クリッピング 西 徹 

■アウトライン
■手術手技
画像の検討・手術のプランニング
体位・頭位・開頭
アプローチ・neckの剥離・クリッピング可否の見極め
クリッピング


血栓化脳動脈瘤の直達手術 大瀧雅文 

■アウトライン
■手術手技
テント上の小型(10~15mm以下)血栓化脳動脈瘤
テント上の大型・巨大(15mm以上)血栓化脳動脈瘤
椎骨動脈の血栓化脳動脈瘤
椎骨脳底動脈の血栓化巨大脳動脈瘤に対する超低体温循環停止法


クリップ・コイル術後の再発例に対する手術 森田健一,飯原弘二 

■アウトライン
■動脈瘤の再発
■再発例に対する手術
クリッピング術後再発例のコイル塞栓術
コイル塞栓術後の再コイル塞栓術
クリッピング術後の再クリッピング術
コイル塞栓術後のクリッピング術
バイパスを併用した血行再建術
■おわりに


脳動脈瘤手術におけるバイパス手術 髙橋 淳 

■アウトライン
■高流量バイパス(ECA-RA-MCA bypass)
手術手技
■低流量バイパス
STA-MCA bypass
OA-PICA bypass
ACA-ACA bypass
STA-SCA bypass/STA-PCA bypass


次世代の動脈瘤術者育成のコツ 堤 一生 

■アウトライン
■はじめに
■クリッピング手術を極めるために必要なこと
■最後に



Ⅱ 部位別編

前交通動脈瘤 pterional approach
― 外側頭蓋底側からの視野を活用しよう 原田洋一 

■アウトライン
■アプローチ法
■Lateral approachの解剖学的考察
■手術手技
手術アプローチの決定:interhemispheric approachかpterional approachか
手術側の決定
体位
頭位
皮切・開頭
硬膜外ドリリング
硬膜内操作
クリッピング



前交通動脈瘤 interhemispheric approach
― 特に高位からのアプローチについて 大熊洋揮 

■アウトライン
■本法のコンセプト
■手術手技
体位
開頭部位と皮切
前頭部架橋静脈の流入位置と硬膜切開
くも膜切開と動脈瘤までのアプローチ
脳動脈瘤頚部の剥離・確保
クリッピングの実際
クリッピング後の処置
閉頭


中大脳動脈瘤 数又 研

■アウトライン
■Broad neck,plaque,clip applicationについて
■Complex aneurysmsへの対処
Stepwise clipping method
バイパス術の併用
■M1部動脈瘤への対処
■一時遮断:Temporary clipについて
■中大脳動脈瘤の重要なコンセプトとは


内頚動脈瘤(C2-C3動脈瘤) 鰐渕昌彦,三上 毅,三國信啓 

■アウトライン
■はじめに
■C2-C3動脈瘤での術前検討事項
近位側親血管の確保
眼動脈の確認
Sphenoparietal sinusの灌流パターン
Anterior and posterior communicating artery(AcomA,PcomA)の発達程度
視神経と内頚動脈の関係
前床突起削除の方法
クリップの選択
■前床突起の解剖
■海綿静脈洞前外側部の解剖
■手術手技
体位,皮膚切開,頚部内頚動脈の確保
開頭
前床突起削除
硬膜切開,distal dural ringの開放
動脈瘤のクリッピング
硬膜閉鎖,閉創
■症例提示
■結語


内頚動脈瘤(後交通あるいは前脈絡叢動脈分岐部) 清水宏明,冨永悌二 

■アウトライン
■手術手技
画像読影のポイントと術前準備・手術計画
体位
皮切,開頭
シルビウス裂開放
側頭葉牽引の手順①
側頭葉牽引の手順②
側頭葉牽引の手術③
瘤の剥離とクリッピング
■まとめ


脳底動脈先端部動脈瘤 pterional approachとその発展形 佐々木雄彦 

■アウトライン
■手術手技
体位
開頭
術野拡大の手術テクニック
クリッピングテクニック
■まとめ

脳底動脈本幹動脈瘤 transpetrosal approach 鮫島哲朗
■アウトライン
■手術手技
Anterior transpetrosal approach
Posterior transpetrosal approach


椎骨動脈瘤 酒井圭一 

■アウトライン
■手術手技
セットアップ(ポジショニング)
皮膚切開~筋層展開~硬膜外椎骨動脈の同定
開頭~骨削除
硬膜切開~硬膜内操作
閉頭
プロダクトNo 1281682585
出版社 メジカルビュー社
発売日 1,4,7,10月のa日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。