感染と抗菌薬 定期購読・最新号・バックナンバー

感染と抗菌薬の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

感染と抗菌薬雑誌の詳細です。


感染と抗菌薬の公式サイトへ
本・雑誌 感染と抗菌薬
本・雑誌内容 感染症を専門とされない一般臨床医、実地医家、コメディカルの方々のために、感染症と抗菌薬にかかわる臨床上重要なテーマを、わかりやすく解説しています。
本・雑誌内容詳細 特集 アムホテリシンBリポソーム製剤を選ぶ時・使う時―適正な治療活用を目指して
●企画コンセプト
●序論 アムホテリシンBリポソーム製剤は日本の抗真菌薬治療をどう変えてきたか―国内上市からの10年間を振り返って
●アムホテリシンBリポソーム製剤の基本―上市後の新知見を踏まえた正しい薬剤特徴の理解
●疫学的側面からみるアムホテリシンBリポソーム製剤の位置づけ―国内の患者層・原因真菌の変遷および薬剤耐性真菌の近況を踏まえて
●科別 アムホテリシンBリポソーム製剤による治療の現状と今後の展望
 (1)呼吸器内科その1―侵襲性糸状菌感染症
 (2)呼吸器内科その2―侵襲性カンジダ症
 (3)血液内科
 (4)小児科
 (5)外科系
 (6)救急・集中治療領域
 (7)眼科
●ガイドラインとアムホテリシンBリポソーム製剤―国内外のガイドラインでの位置づけと今後の展望
●アムホテリシンBリポソーム製剤の安全性と副作用―10年間の使用経験とエビデンスから
 (1)国内臨床開発試験,製造販売後臨床試験および特定使用成績調査における安全性・副作用成績の概要
 (2)小児領域における安全性・副作用の捉え方―副作用への対処法を含めて
 (3)成人領域における安全性・副作用の捉え方―副作用への対処法を含めて
●アムホテリシンBリポソーム製剤の適正使用 (Antifungal Stewardship)と使い分け (Antifungal Heterogeneity) の
考え方―患者救命を見据えたリスク&ベネフィットを踏まえて
プロダクトNo 1281682545
出版社 ヴァンメディカル
発売日 3,6,9,12月の10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。