臨床腫瘍プラクティス 定期購読・最新号・バックナンバー

臨床腫瘍プラクティスの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

臨床腫瘍プラクティス雑誌の詳細です。


臨床腫瘍プラクティスの公式サイトへ
本・雑誌 臨床腫瘍プラクティス
本・雑誌内容 近年、高齢化社会ともあいまって、悪性新生物による死亡率は急増しており、国をはじめ、関係各学会もこの現状を憂慮し、腫瘍専門医(臨床腫瘍医)の育成を急務として、様々な活動を展開しています。本誌は、これから腫瘍専門医をめざす若い医師のために、その道標となる情報を網羅した雑誌です。
本・雑誌内容詳細 特集 切除不能・進行再発大腸がん薬物治療―そのレジメン選択は正解か?
1.そのレジメン選択は大丈夫か?―FOLFOXを武器にする
2.適切な個別化治療のために必要な最新知見
 1)抗VEGF抗体薬を使うべき症例,ひとまず様子をみるべき症例―効果予測の観点から
 2)抗EGFR抗体薬を使うべき症例,ひとまず様子をみるべき症例―効果予測の観点から
 3)今後,有望視される個別化治療の方法は?
3.症例ごとの「標準治療」をどう掴みとるか―治療の選択肢とその実践
 1)FOLFOXベースのレジメン
 2)FOLFIRIベースのレジメン
 3)FOLFOXIRIレジメン
 4)経口5-FU製剤ベースのレジメン
 5)分子標的治療薬を使わない,または分子標的治療薬単独レジメン
4.薬物療法により切除が見込まれる症例/見込めない症例―どの治療を選べばいいのか?

●Hot Lecture

連載
●放射線治療のいま―各がん腫におけるエビデンスと標準治療(13)
●切除不能膵がんとFOLFIRINOX療法(3)
●トピックス(47)
プロダクトNo 1281682543
出版社 ヴァンメディカル
発売日 2,5,8,11月の10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。