感染対策ICTジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

感染対策ICTジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

感染対策ICTジャーナル雑誌の詳細です。


感染対策ICTジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 感染対策ICTジャーナル
本・雑誌内容 本誌は、感染対策チーム(ICT)に所属して活動していらっしゃる医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師の方々のための感染対策情報誌です。感染制御・感染管理の実践的なノウハウ、現場での役立つ実用的な最新情報を年4回提供してまいります。
本・雑誌内容詳細 特集 多様化する医療現場にどう適合するか スタッフのための職業感染対策
■Reconsider 今日の現場で求められる職業感染対策とは―医療安全におけるピットフォールの現状を踏まえて
■EPINet エピネット日本版に見る血液・体液曝露の最新動向―『手術部版』から見えてくる現場事情
■Equipment 医療安全製品を正しく使用するための知識
 1)安全機構付き鋭利器材の最新知見―『安全』に隠れたピットフォールを踏まえて
 2)個人防護具(PPE)の最新知見―『適正使用』のピットフォールを踏まえて
■Disposal 医療廃棄物処理と感染対策―廃棄容器の問題を含めて
■Aspiration 喀痰吸引処置と感染対策―理学療法士・介護福祉士の曝露リスクに焦点を当てて
■Occupation 専門職種の感染リスクと感染対策の実際
 1)診療放射線技師
 2)リハビリテーションスタッフ
■Staff 専門科スタッフの感染リスクと感染対策の実際―看護師の立場から
 1)産婦人科―助産師を中心に
 2)精神科―臨床心理士を中心に
■Focus 在宅医療における注射針使用の指針―家庭での問題点と安全使用・安全廃棄の方法
■Topic 消毒薬・抗がん剤の曝露問題とその対策―ガイドラインを踏まえて
プロダクトNo 1281682542
出版社 ヴァンメディカル
発売日 1,4,7,10月の15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。