感染対策ICTジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

感染対策ICTジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

感染対策ICTジャーナル雑誌の詳細です。


感染対策ICTジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 感染対策ICTジャーナル
本・雑誌内容 本誌は、感染対策チーム(ICT)に所属して活動していらっしゃる医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師の方々のための感染対策情報誌です。感染制御・感染管理の実践的なノウハウ、現場での役立つ実用的な最新情報を年4回提供してまいります。
本・雑誌内容詳細 特集 血流感染予防の最新知見が示す 血管内留置カテーテル管理の極意
■Introduction 血管内留置カテーテル管理の最新事情―カテーテル関連血流感染症の動向と現場の課題
■Discussion 最新のCDCガイドライン・INS Standards of Practiceを検証する―国内の現場実情と比較しながら
■Update1 これが最新のデバイス! 血管内留置カテーテル関連製品の検証
 1)中心静脈カテーテル・末梢静脈カテーテル
 2)輸液接続システム・ドレッシング材・アクセスポート
 3)血液透析用バスキュラーアクセス関連
■Update2 消毒薬製品の最新知見を検証する―血管内留置カテーテル挿入部位および手術部位の皮膚消毒
■Update3 これが最新の考え方! 血管内留置カテーテル管理のエビデンス
 1)カテーテル挿入・留置・抜去の管理
 2)輸液接続ラインの管理―輸液・薬剤の準備,混注部(ニードルレス・コネクタ)の消毒と閉鎖式の意義
■Care 血管内留置カテーテルの総合管理―最新知見を活用したケアの実際
 1)がん患者
 2)小児患者・新生児患者
 3)透析患者
 4)外科患者・周術期患者
■Treatment カテーテル由来血流感染症の診断と治療―カテーテル管理における血液培養検査の重要性を踏まえて
プロダクトNo 1281682542
出版社 ヴァンメディカル
発売日 1,4,7,10月の15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。