乳癌の臨床 定期購読・最新号・バックナンバー

乳癌の臨床の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

乳癌の臨床雑誌の詳細です。


乳癌の臨床の公式サイトへ
本・雑誌 乳癌の臨床
本・雑誌内容 【編集委員】秋山 太(癌研究会癌研究所 病理部) 池田 正(帝京大学医学部 外科学) 伊藤 良則(癌研究会有明病院 化学療法科) 岩瀬 拓士(癌研究会有明病院 乳腺科) 増田しのぶ(日本大学医学部 病態病理学系病理学分野) 小口 正彦(癌研究会有明病院 放射線治療科) 津川浩一郎(聖マリアンナ医科大学 外科学乳腺・内分泌外科) 角田 博子(聖路加国際病院 放射線科) 中村 清吾(昭和大学医学部 乳腺外科) 野口眞三郎(大阪大学大学院医学系研究科 外科系臨床医学専攻外科学講座乳腺・内分泌外科学分野) ●特集:時宣を得た主題を専門家が解説、●講座:標準的な診断・治療・予後、手術手技など、●乳癌をめぐる病態と病像:事象および因果関係など、●原著・症例:厳選された投稿論文を掲載、●文献紹介:最新の興味ある論文を紹介、●トピックス:研究の動向、機器、薬剤の紹介など
本・雑誌内容詳細 特集 乳腺の細胞診と針生検の現状と問題点(1)

序文
乳腺の細胞診は不要か?
乳腺病変の細胞診検査でどこまでの診断が可能か?
非触知乳癌の診断における穿刺吸引細胞診の有用性
乳腺細胞診の現状とさらなる精度向上のための

学会ダイジェスト
 第20回日本乳癌検診学会総会印象記

座談会
 乳癌のsubtypeからみた乳癌術後補助化学療法の考え方

原著
 術前乳腺MRIにより予定術式が変更された乳癌症例の検討
  ―画像と病理診断が一致した5症例―

症例
 悪性変化を伴う乳腺腺筋上皮腫の1例
 乳管癌と小葉癌が混在する組織像を示した興味ある乳癌の1例
 乳癌脊髄髄内転移の2例
 浸潤性微小乳頭癌の組織像を呈した男性乳癌の1例
 ほか
プロダクトNo 1281682478
出版社 篠原出版新社
発売日 毎偶月31日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。