詩とファンタジー 定期購読・最新号・バックナンバー

詩とファンタジーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

詩とファンタジー雑誌の詳細です。


詩とファンタジーの公式サイトへ
本・雑誌 詩とファンタジー
本・雑誌内容 「今の世の中がへんてこになっているのは、やっぱり抒情の世界っていうのを全然無視し てしまったというか……。僕はそういうこと(抒情)が、必要なんだと思うんだよね」― ―やなせたかし。やなせたかしが創刊した投稿詩とイラストレーション、創作で編む抒情 の世界。人と人、人と自然のコミュニケーションが希薄になった時代にあって『詩とファ ンタジー』は、「ファンタジー」によって、砂漠のなかで命をはぐくむ「オアシス」とな ります。眺めるだけでも楽しい、読むともっと楽しい、大人にも子どもにもやさしい、魔 法のような雑誌です。
本・雑誌内容詳細 詩とファンタジー No.35

表紙絵・宇野亜喜良

特集「室生犀星と金沢」
代表作「ふるさとは遠きにありて思ふもの」(小景異情)で知られる室生犀星。
その生涯は、決してめぐまれたものではありませんでした。
私生児として生まれ、13歳で働くことを余儀なくされます。
彼はどのようにして文学の道へ進んだのか。
犀星の詩5編と、詩を育んだふるさと金沢をみつめる特集です。

詩・「小景異情」「片町」「犀川の岸辺」「旅のかなたに」「本」
イラストレーション・味戸ケイコ、長光雅世、北見隆、山口はるみ、金井千絵
特別寄稿「12歳が歩く犀星の金沢」わたなべみずき(詩人・12歳)
エッセイ「幸せな男の子」太田治子(作家)、「犀星と金沢」上田正行(室生犀星記念館館長)

ファンタジー「風の森」
文・竹内もと代 絵・山田和明

2015-2016「詩とファンタジー賞」年間大賞、優秀賞発表

詩とイラストレーションのページ
参加イラストレーター・宇野亜喜良、小渕もも、小池アミイゴ、杉山巧、水沢そら ほか
プロダクトNo 1281682375
出版社 かまくら春秋社
発売日 4,10月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。