かぞくのじかん 定期購読・最新号・バックナンバー

かぞくのじかんの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

かぞくのじかん雑誌の詳細です。


かぞくのじかんの公式サイトへ
本・雑誌 かぞくのじかん
本・雑誌内容 子育て世代に向けて「かぞくのじかん」を発刊しました。さまざまな役割りをもちながら生きるお母さん、お父さんが増えています。家事をスムーズにまわす力を養い、暮らしが確かなものであれば、女性も男性にとっても、仕事が前向きになり、子どもたちと一緒に紡ぎだす暮らしも心やすらぐ、豊かなものになるでしょう。幼児から児童期の子どもをもつ家族の大きな課題、「家庭生活と仕事の調和/ワークライフバランス」「子育て」「教育」を主なテーマとして毎号取り上げます。また、子育てをとりまく環境をよくしたいと願うすべての人に読んでほしい雑誌です。
本・雑誌内容詳細 『かぞくのじかん』の言葉


■特集

今日から変わる 私の朝の時間割

・あるあるこんな朝 さあ、どこから変える?

・この朝時間、参考になるね
1.思い通りにはいかない。でも、いい流れができる3つのこと
2.いつも早足小走りの私。小さな1歩でも、前に進む
3.朝は苦手。だから家事を減らす、終わらせておく
4.私はシングルマザー。大胆に気持ちを変えながら過ごす
5.子どもは5人。時間のズレを柔軟に受け入れて

・朝はここまで 夜はこれだけ! 朝つくる晩ごはん ● 野口真紀

・朝レッスン 時間の区切りは10分と30分 わが家の問題点はどこ?
● アドバイザー 大湊真理さん
● 教えてもらう人 小林久恵さん



■家計特集

ちょっと聞きにくいお金の話

・お金の話、聞かせてください[1]貯金ゼロのわが家が変われた理由 ● 嶋貫知衣さん
・お金の話、聞かせてください[2]節約生活は、知らなかった楽しみを見つける過程でした ● 近藤章さん
・お金の話、聞かせてください[3]不安だから。逃げずに、数字で考える ● 山﨑美津江さん

・家計の悩みQ&A 貯金はいくら? 生活費は?わが家は赤字になってない?
・家計の目で見てみると[1]持ちすぎていませんか?100個減らしてすっきり生活スタート 台所・リビング・家庭事務用品・洗面所周辺
・5人で55㎡。こうしてスッキリ生活を実現しています ● 川口裕子さん
・家計の目で見てみると[2]手を動かすっていいよね! 古新聞でつくるペーパーバッグ

・こどもとお金[1]どこまでお金の話をしますか?
・こどもとお金[2]どう迎える? 「教育費の山」

・食費の予算の立て方
・予算立てのヒント あなたの家計の参考に



■暮らしの実用

■新・まほう使いの台所 新しい味を楽しむ秋に ● 中川たま
■まぜて焼くだけ ドロップクッキー ● 高吉洋江
■わが家の2weeksチャレンジ いまより15分早く起きる
■赤ちゃんMemo 02 みんなのヒヤリ・ハット体験
■今、ここを大切に生きる スペシャルインタビュー セキユリヲさん
■夫婦のすがお 気が合わなくてもいい夫婦 ● 本川達雄
■木陰の物語 「道に迷った旅人」「狼のいない街」 ● 団士郎
■海外子育て中! /お母さんレポート マレーシア ● 岸優子
■みんなのじかん 子どもたちは、だれとどこで寝ていますか?/とれたて! 子どもことば! ほか



■創刊10周年特別企画

10周年うれしい企画がいっぱい!

1.小学生の『こづかいちょう』講習会
2.子育て母さんの生活レッスン
3.今号の特典・デジタル版バックナンバー
4.定期購読者に新作のレシピカードを進呈

・読者投稿 「ここが変わった、こんなに変わった 私の暮らし」


■いつからでも新しく/羽仁もと子のことば 【貯金と借金】
■『羽仁もと子案 家計簿・当座帳』 3カ月版『かぞくのかけいぼ』
■全国友の会「家事家計講習会」のお知らせ
■みんなの掲示板
■そうじカード
■かぞくのじかん『定期購読』のご案内
■次号予告
プロダクトNo 1281682315
出版社 婦人之友社
発売日 3,6,9,12月の5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。