オルタナ 定期購読・最新号・バックナンバー

オルタナの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

オルタナ雑誌の詳細です。


オルタナの公式サイトへ
本・雑誌 オルタナ
本・雑誌内容 オルタナの誌名は英語の「alternative(もう一つの)」から採りました。環境とCSRの両 方を前面に掲げている雑誌としては日本で唯一の存在です。重点取材分野は、環境/CSR /自然エネルギー/第一次産業/ソーシャル/エシカルなどです。環境や健康、CSR(企業の社会責任) など、新しい(オルタナティブな)ビジネスの価値観で動く企業を積極的に報道し、こうした企業と連携し コミュニティをつくり、相互交流を図ることで私たちの社会に新しいビジネスの価値観を広げ ていきます。
本・雑誌内容詳細 August 2017 vol.49
contents

今号の表紙
アレック・ウェック
元スーダン難民のスーパーモデル。H&M FoundationのアンバサダーとUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の親善大使を務める。1977年、南スーダン生まれ。1995年にモデルにスカウトされ、モデル業を開始。(提供:H&M Foundation)


2 Social Design Gallery
南スーダン難民、虐殺から逃れて

6 art
高橋さとみの切り絵ワールド──「有難き仕合わせ」

7 column
オルタナ魂  森 摂
日本の存在感が心配だ


social business around the world
8 [欧州編/スイス]「ベジタリアン養殖魚」海も魚も健康に
9 [北米編/米国]レモンを乳房に見立て世界で「乳がん」啓発
10 [アジア/日本]エシカル9ブランドがオンラインショップに


12 feature story 1
難民・人権問題で
ビジネスは無力か

6月20日は国連が定めた「世界難民の日」。欧州を揺らがせたシリア難民問題や、サプライチェーンの人権問題など、CSRの課題として人権問題の重要性が高まっている。日本人には「対岸の火事」に映るかもしれないが、国際社会は課題解決に向けて企業やビジネスにも大きな期待を寄せる。私たちはそれに応えられるだろうか。

<取り組み事例>
・ゴールドマン・サックス証券
・認定NPO法人難民を助ける会
・ビッグサム
・池田印刷
・社会福祉法人伸こう会
・ファーストリテイリング
・H&M財団
・アムネスティ日本ほか

コラム
難民受け入れの素地、日本社会にはある
田中 志穂(認定NPO法人難民支援協会(JAR)広報部コーディネーター)

ドイツ
人道も多様性も重要
官民挙げて積極受容

米国
トランプ政権に対抗
難民雇用 貫く企業

韓国
「難民法」、アジアに先駆け

26 alterna person
伊藤 和子(ヒューマンライツ・ナウ 事務局長/弁護士)
日本企業の人権問題、成長・リスクの分水嶺

30 feature story 2
パッシブハウス、第2世代へ
近年、集合住宅や既存の住宅をリノベーションして、パッシブハウスにする動きが広がっている。従来は、環境に配慮した家といえば新築木造戸建てに関心が集まっていた。太陽光発電や高効率設備で省エネ化を図るのではなく、自然の力を利用し、そもそもエネルギーを使わない「パッシブハウス」第2世代の動きを追った。


32 feature story 3
「援助ではなく取引を」インドで30年の実績
ザ・ボディショップは「援助ではなく取引を」を掲げ、1987年にローカル・コミュニティと直接的で公正な取り引きを行うコミュニティトレード(CT)を開始した。開始から30年で、どのような社会的成果を上げたのか。インド南部マドゥライ市にあるコミュニティトレード取引先第1号のテディ・エクスポートを訪ねた。

34 report
サステナブル・ブランド国際会議2017デトロイト報告
「グッドライフ」で地球規模の課題解決

39 columns
オルタナティブの風  田坂 広志
「共生」という思想を超えて
 
41 エゴからエコへ  田口 ランディ
「出版の新潮流」

agriculture
42 農業トピックス  西村 ユタカ
43 日本農業 「常識」と「非常識」の間  徳江 倫明
SDGsと世界が目指す農業

forestry
44 林業トピックス  編集部
45 「森を守れ」が森を殺す  田中 淳夫
釜石地方森林組合が独自の造林助成

fishery
46 漁業トピックス  瀬戸内 千代
47 人と魚の明日のために  井田 徹治
クロマグロの違法漁獲が表面化

fair trade
48 フェアトレードトピックス  中島 佳織
49 フェアトレードシフト  中島 佳織
東京オリパラでのフェアトレード調達に期待

fundraising
50 ファンドレイジングトピックス  三島 理恵
51 社会イノベーションとお金の新しい関係  鵜尾 雅隆
マララ財団にみる社会変革の「本質」

52 オルタナティブな空間  馬場 正尊
日本の働く空間は変わるのか

53 interview
モーラ・バンタ(IBMコーポレート・シチズンシップ担当ディレクター)
AIやITで社会課題を解決

55 欧州CSR最前線  下田屋 毅
継承されるトリプル・ボトム・ライン

56 CSRトピックス  CSR48   

alterna S presents
58 オルタナティブな若者たち
メロンパンでコンゴ支援

60 KIYOの哲学 考察編  南 清貴
工業的食品避け、野生の勘を取り戻そう

61 エコでヘルシーな食空間  岡村 貴子
オーダーメードの一皿で野菜を満喫

62 エシカル・ファッションの旗手たち  生駒 芳子
「洋服の直販」で日本のものづくりを再生

64 世界のエコホテル巡礼  せきね きょうこ
最高級リゾートの最高基準

66 間違いだらけの自転車選び  山本 修二
スポーツ自転車選びは購入前の試乗がコツ

67 オルタナSELECT
夏を彩るオーガニック・エシカルグッズ

CSR executive forum
CSR経営者フォーラム
68 CSR経営者フォーラム
CSR北海道/CSR関東/CSR中部・北陸

72 読者の声&プレゼント

flash fiction
74 「こころざし」の譜  希代 準郎
わが家の「おはぎ」は名通訳
プロダクトNo 1281682296
出版社 オルタナ
発売日 3,6,9,12月の30日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。