WWD BEAUTY 定期購読・最新号・バックナンバー

WWD BEAUTYの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

WWD BEAUTY雑誌の詳細です。


WWD BEAUTYの公式サイトへ
本・雑誌 WWD BEAUTY
本・雑誌内容 ファッション週刊紙「WWDジャパン」の姉妹版となるビューティ週刊紙「WWDビューティ」。パリ、ミラノ、ニューヨーク・コレクションの最新ヘア&メイク・トレンドに加え、ファッション・トレンドも網羅。まさに今、美容業界でその必要性がますます高まっている“トータル・ビューティ”を提案していきます。また、百貨店の化粧品ブランドを中心としたコスメ情報から、プロフェッショナル用ヘアブランドを含めたヘアサロンの最新情報まで、今、ビューティ業界に何が起こっているのかが、手に取るようにわかります。“美”に携わる企業のトップから百貨店の化粧品カウンターのビューティーアドバイザーやサロンの美容師まで、“ビューティのプロ”に欠かせない週刊誌です。
本・雑誌内容詳細 11月16日発売の「WWDビューティ」は美容機器特集です。2016年8月にオープンしたヤーマンの直営店をはじめ、今年はMTGが7月に「シックスパッド」、9月に「リファ」の旗艦店をオープン、パナソニックも9月に情報発信基地として「パナソニック ビューティサロン 銀座」をオープンしました。これら大手メーカーの出店は、美容機器の“体験型”が重視されるようになったことが関係します。

美容機器へのニーズは、より細かい部位への効果へと広がっており、また化粧品と同じようにじっくりとカウンセリングを受けたり、美顔器はメイクオフをして自宅にいる感覚で商品を試したりしたいという顧客の意見も多いそうです。そこでメーカー側は、効果を伝えるだけではなく、一人一人の生活に入り込んだ商品説明が必要だと考え、体験型店舗の出店に至りました。

今回の取材では、チャネル別の美容機器の販売や取り組みとしてバラエティーショップやヘアサロン、テレビ通販、セミセルフショップなどにも話を聞いています。美容機器に本や雑貨、食品などを組み合わせたトータル提案や、Cチャンネルにコテやドライヤーを使用したアレンジ動画を投稿するなどSNSを利用してお客の興味を引き付ける取り組みを紹介します。

ニュース面では、10月からカット料金を7000円から1万2000円に値上げした美容室「オーシャントーキョー(OCEAN TOKYO)」の高木琢也・代表、中村トメ吉・代表、三科光平「オーシャントーキョー ハラジュク」代表の対談を掲載しています。価格改定の真意と、値上げを実施してからの顧客の反応について聞きました。
 また、「SHISEIDO」から神経科学に着目し「肌感度」にアプローチした新スキンケアライン「エッセンシャルイネルジャ(ESSENTIAL ENERGY)」の発売や「ウカ(UKA)」の新店舗、「クロエ(CHLOE)」のアイコンフレグランス「クロエ オードパルファム」の10周年限定版の発売も取り上げています。ユニリーバ(UNILEVER)が米国でローンチしたオリジナルブランドにも注目です。
プロダクトNo 1281682256
出版社 INFASパブリケーションズ
発売日 第1木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。