WWD BEAUTY 定期購読・最新号・バックナンバー

WWD BEAUTYの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

WWD BEAUTY雑誌の詳細です。


WWD BEAUTYの公式サイトへ
本・雑誌 WWD BEAUTY
本・雑誌内容 ファッション週刊紙「WWDジャパン」の姉妹版となるビューティ週刊紙「WWDビューティ」。パリ、ミラノ、ニューヨーク・コレクションの最新ヘア&メイク・トレンドに加え、ファッション・トレンドも網羅。まさに今、美容業界でその必要性がますます高まっている“トータル・ビューティ”を提案していきます。また、百貨店の化粧品ブランドを中心としたコスメ情報から、プロフェッショナル用ヘアブランドを含めたヘアサロンの最新情報まで、今、ビューティ業界に何が起こっているのかが、手に取るようにわかります。“美”に携わる企業のトップから百貨店の化粧品カウンターのビューティーアドバイザーやサロンの美容師まで、“ビューティのプロ”に欠かせない週刊誌です。
本・雑誌内容詳細  「WWDビューティ」4月19日号は、2018-19秋冬の東京コレクション特集です。初のパリ・コレクション参加後、日本でもコレクションを披露した「マメ(MAME KUROGOUCHI)」や、「RMK」がサポートする2回目のコレクションとなった「グローイング ペインズ(GROWING PAINS)」、アマゾン ファッションの支援プログラム「アット トウキョウ(AT TOKYO)」に参加した「アンブッシュ(AMBUSH)」など、注目ブランドのバックステージを取材しました。
 世界の各都市同様、東京でも素肌に限りなく近い“ロースキン”や、モデルの個性を生かした“多様性”を重視するブランドが目立ちました。肌のそばかすや色ムラ、髪の癖までを肯定的に捉え、特徴を隠すのではなく強調し、それぞれが持つ本質的な美しさを追求するヘアメイクが主流となり、個性や多様性を尊重する考え方が世界的にスタンダードになったことが伺えます。
 その他、リップにシルバーのラメをのせた「リョウタムラカミ(RYOTAMURAKAMI)」や、グリッター感のあるグリーンやパープルを使った「ケイスケヨシダ(KEISUKEYOSHIDA)」、目頭と目尻にオレンジのアイラインでマークした「ハレ(HARE)」など、大胆で色鮮やかなポイントメイクを施したルックが登場したのもポイントです。
 ニュース面では、4月25日に大丸札幌店の婦人服フロアの一部を改装してオープンする新編集ゾーン「キキヨコチョ」や新ウェブメディア「デパコ」について取り上げています。「キキヨコチョ」は美・食・雑貨を融合させた新業態で、25ブランドをラインアップしています。一方で「デパコ」は化粧品バイヤーや美容部員などがビューティ情報を発信する新メディアになっています。大丸・松坂屋の女性客を取り込む施策を取材しました。
 その他、「ディオール(DIOR)」のオイル状のティントリップや「ジョルジオ アルマーニ ビューティ(GIORGIO ARMANI BEAUTY)」のリキッド状に変化する新フェイスパウダーなどの新製品情報を載せています。また、資生堂の新サプリメントブランド「エヌオーユー(N.O.U)」やスウェーデン発のオーガニックブランド「ラ・ブルケット(LA:BRUKET)」の日本初の路面旗艦店のオープンにも注目です。
プロダクトNo 1281682256
出版社 INFASパブリケーションズ
発売日 第1木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。