MUSICA(ムジカ) 定期購読・最新号・バックナンバー

MUSICA(ムジカ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

MUSICA(ムジカ)雑誌の詳細です。


MUSICA(ムジカ)の公式サイトへ
本・雑誌 MUSICA(ムジカ)
本・雑誌内容 創刊号での宇多田ヒカルの独占インタヴューや、バンプ・オブ・チキンの独占レコーディング潜入、東京事変の新シーズン最速インタヴュー、The BirthdayとのTシャツやステッカーでのコラボレート、L’arc~en~Ciel(ラルクアンシエル)の40ページ以上に及ぶ大特集、桜井和寿(Mr.Children)独占インタヴューなど――他の音楽誌とは一線を画した大胆なネタや企画多数の圧倒的な内容。全30ページ100本以上のディープかつ熱のこもったディスクレヴュー。かつてなく大胆かつ音楽愛に溢れたプロフェッショナリズムに基づいて作られた今最も勢いのある新しい音楽月刊誌MUSICA(ムジカ)。編集長の鹿野淳氏は元ロッキングオンジャパンの編集長
本・雑誌内容詳細 <COVER STORY> UVERworld
アルバム『TYCOON』でこじ開けた、その先へ
さらなる挑戦と切磋琢磨を課して突き進む新たな一手『ODD FUTURE』
TAKUYA∞単独、克哉&彰タッグの2本立てで次なるUVERworldを占う!
音楽的ターニングポイントとなったアルバム『TYCOON』とその後のツアーで全国を完封し、名実共に新章へと身を投じたUVERworldが2018年一発目のニューシングル『ODD FUTURE』をリリース。現状維持をよしとせず、常に進化を求め試行錯誤と切磋琢磨を繰り返し、次なる理想を切り拓く6人は、10枚目のアルバムに向けたキックオフ・シングルでもある本作で何を提示してみせたのか。今の彼らが見据えるものは何なのか。TAKUYA∞への単独ならびに克哉&彰のギタリスト・タッグでの2本立てインタヴューから、UVERworldのスリリングな現在地とその根本にある関係性&アティテュードに深く迫る。

BUMP OF CHICKEN
「PATHFINDER」密着シリーズの最終回としてマリンメッセ福岡公演に帯同。ツアーを締めくくった万感の一夜の様子から、本ツアーの総括&新曲“シリウス”、“Spica”を語らう全員インタヴューで贈る豪華特集!

VIVA LA ROCK 2018
VIVA LA ROCK 2018のタイムテーブル&ビバラポップ!最終出演アーティスト発表

エレファントカシマシ 30th ANNIVERSARY TOUR
“THE FIGHTING MAN”SPECIAL ド・ド・ドーンと集結!! ~夢の競演~
30周年記念ツアーのファイナルならびにスペシャル公演の2daysをレポート。珠玉の31曲を響かせた集大成たる1日と、スピッツ&Mr.Childrenと奇跡の競演を果たした1日、その2日間からエレカシの神髄に迫る

My Hair is Bad
どこまでも刹那的なリアルを歌いながら確かなる進化を見せた初の武道館2days。その激情的な武道館公演を考察、さらに終演2日後に実施した椎木知仁へのインタヴューをもってマイヘアの今を生々しく解く

THE ORAL CIGARETTES Personal Interview Vol.2 – あきらかにあきら
オーラル・パーソナル・インタヴュー連載の第2弾、ベーシスト・あきらかにあきら。身近なライバルを超えるべく努力し、相棒と出会い、「毎日笑っていたい」という理想を掲げ成長していくあきらの核心とは

Mrs. GREEN APPLE
エンターテイメントとは現実を直視した上での生命賛歌である――そんな理想が鳴る新作『ENSEMBLE』。音楽と正面から対峙し、それぞれがハードルを超えながら真摯に創作へと突き進んだ進化の道程を紐解く

Official髭男dism
ファンクやR&BからロックにJ-POPまで幅広く吸収した上で輝くメロディを提示する、日本のモダンポップど真ん中。絶大なポテンシャルを秘める髭男の会心作『エスカパレード』とその音楽の源泉を深く掘る

Creepy Nuts
どこまでも赤裸々に現状とルサンチマンと野望を音楽に換えてきた彼らによる、初のフルアルバム『クリープ・ショー』。あらゆるリア充、パリピを蹴散らす渾身の新作をR-指定とDJ松永のふたりが語り尽くす

キュウソネコカミ
渾身のアルバム『にゅ~うぇいぶ』から4ヵ月、一皮むけたキュウソが早くもシングル『越えていけ/The band』を発表。<誰の人生だ お前の人生だ>と歌う新曲から、完全復調を果たした彼らの「今」に迫る

あいみょん
あいみょんの持つ類稀なメロディ&リリックセンスが花開く、ニューシングル『満月の夜なら』が完成。詩的でチャーミング&洞察力に秀でた言葉達とラヴリーで官能的な調べが響く新曲の奥に覗く、その矜持

THE BAWDIES
デビュー10周年、結成15周年目に突入したTHE BAWDIESがベスト盤を発表。ルーツ・ミュージックを敬愛し、ロックンロールをアップデートすることで多くの者を魅了していった、その偉大な軌跡を振り返る

竹原ピストル
紅白初出場も果たすなど、一躍注目を浴びる存在となった竹原ピストルが新作『GOOD LUCK TRACK』をリリース。本誌初登場にて深く問う、泥臭く真摯な姿勢を貫く歌唄いの音楽道と、この先に抱く挑戦とは

踊Foot Works
ドープな感性と確かなポップセンスが同居する楽曲群で、巷の話題を掻っ攫ってきたニューカマーが待望のアルバム『odd foot works』を発表。ファースト・コンタクトにして深く切り込む、4人の理想像とは

SIX LOUNGE
鮮烈な勢いで全国のライヴハウスに火をつけ、シーンにその爪痕を刻みつけ始めた大分発のスリーピース・SIX LOUNGE。破滅的なロマンが色めく『夢うつつ』から、彼らのロックンロール観に迫る全員取材

さよならポエジー
仄暗い孤独と哀しみを湛えた、生々しくも詩的な歌に確かな熱情と激情を込めるさよならポエジーに初接触! 待望のミニアルバム『遅くなる帰還』の奥に漂うVo&ソングライター、オサキアユの深層を紐解く

THE PINBALLS
新作『Primal Three』を通し、ヴォーカル古川がロックンロールに目覚めたその原点を語る

KOTORI
3ヵ月連続シングルを発表するKOTORIが初登場。生活を歌に換え熱唱する、その音楽観に迫る

postman
平均年齢19歳の新星に初取材。澄んだ声の奥にある、ヴォーカル寺本の歌う意味と人生観とは

カネコアヤノ
喜びに満ちた充実のニューアルバム『祝祭』完成。音楽に対する実直な想いに迫る

TENDOUJI
とびきりポップなEP『BUBBLE POPS』リリース! アメリカ帰り直後のメンバーが意気揚々と語る

uchuu;
ロックの歴史を見つめ、未来へと繋ぐニューアルバム『2069』。Kが語る未来図とは

EXPRESS
SEKAI NO OWARI
Sumika
ビッケブランカ
サニーデイ・サービス

LIVE REPORT
打首獄門同好会 日本武道館ワンマンライヴ
KANA-BOON 三国ヶ丘FUZZ 5日間連続ライヴ「Go Back Home」

また、いしわたり淳治、カジヒデキ、ART-SCHOOL、くるり、SCOOBIE DO、セカイイチ、SUPER BEAVER、8otto、a flood of circle、Wienners、ねごと、LITEら多くのミュージシャンや元力士・浦風といった各界の音楽ラヴァーも参加する大ヴォリュームのディスクレヴューも多数! 国民的マルチタレントの大泉洋や山口一郎(サカナクション)、金井政人(BIGMAMA)、谷口鮪(KANA-BOON)、キュウソネコカミ、尾崎世界観(クリープハイプ)といった豪華連載陣によるコラムも大充実!!

<掲載アーティスト一覧>
UVERworld、BUMP OF CHICKEN、エレファントカシマシ、My Hair is Bad、THE ORAL CIGARETTES、Mrs. GREEN APPLE、Official髭男dism、SEKAI NO OWARI、sumika、ビッケブランカ、サニーデイ・サービス、打首獄門同好会、KANA-BOON、Creepy Nuts、キュウソネコカミ、あいみょん、THE BAWDIES、竹原ピストル、踊Foot Works、SIX LOUNGE、さよならポエジー、THE PINBALLS、KOTORI、postman、カネコアヤノ、TENDOUJI、uchuu;
プロダクトNo 1281682223
出版社 FACT
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。