会社法務A2Z 定期購読・最新号・バックナンバー

会社法務A2Zの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

会社法務A2Z雑誌の詳細です。


会社法務A2Zの公式サイトへ
本・雑誌 会社法務A2Z
本・雑誌内容 企業経営者・実務担当者および専門有資格者に向けて、会社に関わる法律の改正動向や実務情報を、わかりやすくタイムリーに提供する情報誌。会社のヒト・カネ・情報に関わる関係法令についても、幅広くカバー。
本・雑誌内容詳細 ■□                             □■□
■□     『会社法務A2Z』2018年5月号 CONTENTS     □■
□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■

┏┓  経営法談 management & law
┗┛────────────────────────────◆・◆
  
    コンプライアンス対応に肝要な3つのポイント 
    /株式会社ハリーアンドカンパニー 代表取締役
中村葉志生

■ ┐+─────────────────────────────+
└■<特集>
    
    対応待ったなし!
改正廃棄物処理法施行

  ────────────────────────────◆・◆  
 
 ・ 改正廃棄物処理法のポイント
(平成30年4月1日施行、一部は平成32年4月1日施行)
   /弁護士 佐藤 泉

 ・ オフィスから排出される不要物管理の実務
   /株式会社ユニバース 子安伸幸

 ・ 廃棄物条例を知る
   ~自治体独自規制「上乗せ、横出し規制」に注意!
   /株式会社日本廃棄物管理機構 シニアリサーチャー 小西道子
   
------------------------------------------------------------------

 
   2018年 株主総会の対策と留意点
   /三井住友信託銀行 弁護士 須磨美月

 
   妊娠・出産・育児と仕事の両立支援
~不妊治療、男性の育児参加という視点から考える~
   /社会保険労務士法人 名南経営 人事労務コンサルタント 佐藤浩子

 
   中東ビジネスにおける法務上の留意点
/弁護士 森下真生
弁護士 鈴木多恵子
  弁護士 和田卓也

+・+・+─────────────────────────+・+・+
┏┓ 連載
┗┛────────────────────────────◆・◆

 ■ 知らなかったでは済まされない!!
諸外国のカルテル規制
/弁護士  鈴木道夫
弁護士  山口 涼
(4)オーストラリア
  
 □ 実務に役立つヘルスケア関連法務
/弁護士・ニューヨーク州弁護士  大野志保
(4)ヘルスケア関連企業と医療機関等との関係(営業編)
    ~営業担当者のコンプライアンス~
  
 ■ 山本孝夫の英文契約入門ゼミナール
/明治大学法学部元専任教授 山本孝夫 
(4)Aから始まる契約用語 ④
  
 □ 中国ビジネス 現場で役立つ 実務Q&A
/公認内部監査人 奥北秀嗣
(71) 能力不足の従業員を解雇する際の注意点
  
 ■ 会社労務 ありがち事件簿・霊界編
   ~もし「あの世」にも労働法があったら~
/法律・裁判ライター 長嶺超輝
(22) 地獄の副業 ①
  
 □ 鐵丸先生の 生兵法務は大怪我のもと!
/弁護士 畑中鐵丸・ 弁護士 野間口太朗
(110)「役員登記ほったらかしのペナルティー!」
  
 ■ 危ない「グレーゾーン」 過去事例から学ぶ税務訴訟
/中央大学商学部教授・アコード租税総合研究所所長 酒井克彦
(96)添付書類漏れと更正の請求
  
 □ 「司法の小窓」から見た法と社会
/中央大学大学院法務研究科教授・弁護士 加藤新太郎
(127)弁護士の違法行為に対する適切な措置
     
┏┓ 会社法務ディレクトリ
┗┛────────────────────────────◆・◆
 ■ 最近の公表資料から Search & Link ■
 ■ 新商品紹介  今月のおすすめ実務書・関連商品 ■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プロダクトNo 1281682157
出版社 第一法規
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。