呼吸器ケア 定期購読・最新号・バックナンバー

呼吸器ケアの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

呼吸器ケア雑誌の詳細です。


呼吸器ケアの公式サイトへ
本・雑誌 呼吸器ケア
本・雑誌内容 『呼吸器ケア』は、ICU・病棟の看護師をはじめ、理学療法士、臨床工学技士、医師といった呼吸ケアにかかわるすべての医療者を応援する専門誌です。難しいと言われがちな呼吸生理や人工呼吸管理を楽しく学び患者へ生かしていただけるように、初級レベルからでも無理なく読める構成としています。特に呼吸療法認定士の方や、これから受験を予定されている方には必読の情報が満載です!
本・雑誌内容詳細 ・はじめに
・キーワードインデックス
・執筆者一覧



【序章 呼吸療法認定士の活躍の場】
Q-001 呼吸療法認定士の資格を取りましたが、どのような活躍の場がありますか?
Q-002 呼吸療法認定士が関わるチーム医療について教えてください



【第1章 呼吸療法総論:過去と未来】
Q-003 呼吸管理の歴史を教えてください
Q-004 呼吸管理の最近のトレンド・今後の方向性を教えてください



【第2章 呼吸管理に必要な解剖・生理】
Q-005 疾患によって、呼吸補助筋の発達に違いはありますか?
Q-006 臨床で必要な胸部X線写真の判読ポイントはありますか?
Q-007 全身への酸素供給を良くする方法は何がありますか?
Q-008 胸腔ドレナージの適応となる病態と注意点は何がありますか?



【第3章 各疾患の病態および呼吸管理の注意点】
Q-009 患者が喀血した場合には、どのような対応が必要ですか?
Q-010 気管支喘息とCOPDの病態の違いは何がありますか?
Q-011 COPDにおける挿管人工呼吸管理はどのような点に注意する必要がありますか?
Q-012 ARDSの呼吸管理はどのような点を考えればよいですか?



【第4章 血液ガスの解釈】
Q-013 酸・塩基平衡では、何をどこまで読んだらよいですか?
Q-014 ARDSの患者では、血液ガスデータをどう利用しますか?
Q-015 COPD患者の急性増悪時には、血液ガスデータをどう利用しますか?
Q-016 血液ガス採取を依頼した方がよい症状は何ですか?(1)
Q-017 血液ガス採取を依頼した方がよい症状は何ですか?(2)



【第5章 肺機能とその検査法】
Q-018 スパイロメトリーやフローボリューム曲線から何がわかるのですか?
Q-019 COPD患者ではスパイロメトリーやフローボリューム曲線・肺機能分画・肺拡散能力はどのようになりますか?
Q-020 呼吸リハビリテーションを行うにあたって、どのような検査項目が指標になりますか?
Q-021 運動負荷検査にはどのようなものがありますか?



【第6章 呼吸不全の病態と管理】
Q-022 呼吸不全とその分類について教えてください
Q-023 なぜ呼吸不全が起きるのですか?
Q-024 呼吸不全はどんな病気で起きるのですか?
Q-025 呼吸不全の場合はどんな症状が出てきますか? 何に気をつければよいですか?
Q-026 心不全においてどのような呼吸管理を行うのがよいですか?
Q-027 COPD増悪においてどのような管理を行うのがよいですか?



【第7章 薬物療法】
Q-028 気管支拡張薬の使い分けを教えてください
Q-029 呼吸療法において重要となる薬物療法を教えてください



【第8章 呼吸リハビリテーション】
Q-030 呼吸リハビリテーションの目的と患者適応を教えてください
Q-031 呼吸リハビリテーションにおける運動療法を行う際の評価項目について教えてください
Q-032 安定期における運動療法はどのように行われるのですか?
Q-033 運動療法中の注意点は何ですか?
Q-034 急性期呼吸リハビリテーションの内容について教えてください
Q-035 人工呼吸器装着患者の早期モビライゼーションプログラム例を教えてください



【第9章 吸入療法】
Q-036 吸入療法にはどんな種類がありますか?
Q-037 上手に吸入指導を行うコツはありますか?
Q-038 SMART療法は喘息患者さんのアドヒアランス向上に有効ですか?
Q-039 ジェットネブライザーの使用で注意することは何ですか?



【第10章 酸素療法】
Q-040 酸素療法を必要とするのはどのような人ですか?
Q-041 酸素療法にはどのような方法がありますか?
Q-042 酸素療法で起こるヒヤリハット/インシデントはどのようなものが多いですか? 有効な対策はありますか?
Q-043 患者の病態によって、酸素療法で注意することはありますか?
Q-044 ハイフローセラピーの適応基準および注意点は何ですか?



【第11章 人工呼吸器の基本構造と保守および医療ガス】
Q-045 人工呼吸器の使用中に発生するトラブルは何がありますか? トラブルが発生したときの対応は?
Q-046 人工呼吸器の保守管理は?点検は必要ですか?
Q-047 人工呼吸器はどのような構造になっているのですか? 吸気呼気は?
Q-048 医療ガスはどのようにして部屋まで届くのですか? 安全対策はありますか?



【第12章 気道確保と気道管理】
Q-049 バッグバルブマスクとジャクソンリースはどう使い分けたらよいですか?
Q-050 人工鼻と加温加湿器はどう使い分けたらよいですか?
Q-051 気管切開チューブが抜けてしまった場合はどう対応すればよいですか?
Q-052 気管チューブ・気管切開チューブのカフ圧管理はどうしたらよいですか?
Q-053 気管吸引を行うときの注意点にはどんなことがありますか?
Q-054 気管挿管時の確認はどのようにしたらよいですか?



【第13章 人工呼吸とその適応・離脱】
Q-055 人工呼吸器を装着するときに注意することは何ですか?
Q-056 人工呼吸の適応を判断するにはどうしたらよいですか?
Q-057 VCVとPCV使用時の注意点は何ですか?
Q-058 PEEPの設定はどれくらいが適切ですか?
Q-059 換気量の設定はどれくらいがよいのですか?
Q-060 SBTって何ですか? どう行えばよいのですか?
Q-061 ウィーニング中の影響と評価項目を教えてください
Q-062 抜管に際しての注意点は何ですか?



【第14章 N P P Vとその管理法】
Q-063 NPPV使用中の患者の忍容性が困難な場合、どのような対応をしたらよいでしょうか? また、鎮静薬の使用は可能でしょうか?
Q-064 NPPVの際のアラームの対応方法について教えてください
Q-065 NPPVのマスクに伴うトラブルにはどんなものがありますか?
Q-066 NPPVのマスクはどのように選択していますか?
Q-067 NPPVにはどんな設定がありますか?
Q-068 NPPVとハイフローセラピーの使い分けは何を基準に考えたらよいですか?



【第15章 開胸・開腹手術後の肺合併症】
Q-069 術後呼吸器合併症予防の観点から術前に得るべき情報は何がありますか?
Q-070 術後呼吸器合併症予防のために、術前からできることは何がありますか?
Q-071 術後呼吸器合併症には何がありますか?
Q-072 胸腔ドレーン管理で注意する点は何がありますか?



【第16章 新生児・乳幼児の呼吸管理】
Q-073 小児の呼吸障害は、どのように評価したらよいですか?
Q-074 新生児・乳幼児の呼吸管理ではPEEPの設定はどのように考えますか?
Q-075 小児のハイフローセラピーの適応について教えてください
Q-076 小児の人工呼吸中の鎮静はどのように考え、評価したらよいですか?
Q-077 小児では人工呼吸器離脱はどのように進めるのですか?



【第17章 人工呼吸中のモニター】
Q-078 カプノメーターは経皮CO2モニターの代わりになりますか?
Q-079 カプノメーターからどのような情報が得られますか?
Q-080 カプノメーターの波形で何が読み取れますか?
Q-081 PaO2を非侵襲的にモニタリングする方法はありますか?
Q-082 PaCO2を非侵襲的に測定する方法はありますか?
Q-083 人工呼吸器のグラフィックでどのような項目が観察できますか?
Q-084 肺の状態の変化をグラフィックモニターで確認することはできますか?
Q-085 人工呼吸中に発生するトラブルをグラフィックモニターで発見することはできますか?



【第18章 呼吸不全における全身管理】
Q-086 人工呼吸管理による生体への影響は何がありますか?
Q-087 VAP予防においてどのような対策をとることができますか?
Q-088 カフ上部吸引に有効性はありますか? 管理はどうしたらよいですか?
Q-089 人工呼吸管理中の口腔ケアは具体的にどのように行いますか?
Q-090 栄養管理はどうしたらよいですか?



【第19章 人工呼吸中の集中治療】
Q-091 鎮静レベル維持のためには、どんな点に注意すべきですか?
Q-092 実際の現場でどのようにJ-PADの評価をしますか?
Q-093 PICSとは何ですか? 予防することはできますか?
Q-094 集中治療領域で注意すべき合併症は何ですか?
Q-095 呼吸療法認定士として知っておくべき集中治療領域のトピックスは何ですか?



【第20章 在宅人工呼吸】
Q-096 在宅人工呼吸療法(HMV)について教えてください
Q-097 在宅人工呼吸の診療報酬について教えてください
Q-098 在宅NPPV導入の際に気をつけるポイントを教えてください
Q-099 在宅TPPVの導入までの流れを教えてください
Q-100 在宅人工呼吸療法患者の観察ポイントを教えてください
プロダクトNo 1281682143
出版社 メディカ出版
発売日 毎月9日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。