呼吸器ケア 定期購読・最新号・バックナンバー

呼吸器ケアの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

呼吸器ケア雑誌の詳細です。


呼吸器ケアの公式サイトへ
本・雑誌 呼吸器ケア
本・雑誌内容 『呼吸器ケア』は、ICU・病棟の看護師をはじめ、理学療法士、臨床工学技士、医師といった呼吸ケアにかかわるすべての医療者を応援する専門誌です。難しいと言われがちな呼吸生理や人工呼吸管理を楽しく学び患者へ生かしていただけるように、初級レベルからでも無理なく読める構成としています。特に呼吸療法認定士の方や、これから受験を予定されている方には必読の情報が満載です!
本・雑誌内容詳細 ・はじめに
・執筆者一覧



【第1部 換気モード・設定】
(1)FIO2設定の見きわめはどうやって行うか
大下慎一郎

(2)PEEPはどんな効果をもたらすのか
山口嘉一

(3)PEEP設定、参考にできるパラメーターは何か  
櫻谷正明

(4)PEEP 0(ZEEP)は、どんな場面で必要になるか
檜垣 聡

(5)VC(量規定)とPC(圧規定)、「使い慣れている方」で本当によいのか
古川力丸

(6)SIMVが「同調性に優れる」モードであるのはどういう点か
山下幸一

(7)APRVを用いるべき重症呼吸不全患者とそのポイントは
小谷 透

(8)BIPAP(二相式気道陽圧)の成り立ちと現在の使いこなし方は
星 邦彦

(9)PRVC(圧補正量規定換気)、仕組みを踏まえてどう使うか
齋藤浩二

(10)PAV(比例補助換気)のメリット・デメリットは何か
今中秀光

(11)IRV(逆比換気)が使われる理由は何か
宮下亮一/小谷 透

(12)Closed loop controlは医療者と患者の未来をどう変えるか  
渕上竜也



【第2部 患者管理・モニタリング】
(1)自発呼吸を残す/残さない、その判断基準とは
尾﨑孝平/柳川真有美/木崎義紘/山本健太/間瀬教史/金澤成紀

(2)鎮痛のみ・無鎮静での挿管人工呼吸管理が可能になる状況とは
布宮 伸/方山真朱

(3)SBTに続けて失敗してもon-off法などのウィーニングを試す意味はないか
安田英人

(4)ARDS患者に対する一回換気量6mL/kg、例外をどう考えるか
松尾耕一/讃井將満

(5)ARDS患者にHFOVまたはAPRVを試みてもよいと考える場面とは  
横山俊樹

(6)VAP予防策としての口腔ケアは、どんな方法・頻度で効果が得られるか
剱持雄二

(7)開放式 vs. 閉鎖式、気管吸引の方法に決着はついたのか
松本幸枝

(8)腹臥位と前傾側臥位では、効果にどのくらい差が出るのか
及川真人/名倉弘樹/福島卓矢/神津 玲

(9)人工呼吸管理患者への排痰手技をいつ、どのように行うか
森川 亘

(10)臨床でEIT(electrical impedance tomography)をどう見て、どう使うか
岩下義明

(11)食道内圧測定は人工呼吸管理を変えていくか
田中愛子/内山昭則



【第3部 非侵襲的陽圧換気(NPPV)・ハイフローセラピー(HFT)】
(1)NPPVの換気モード選択のポイントは
文 一恵/竹内宗之

(2)NPPVのインターフェイス(マスク)によって治療効果に違いは出るのか 
吉岡 淳

(3)経鼻高流量酸素療法の適応、どこで線引きするか
小野寺 悠

(4)HFT実施中の安全確保・リスク管理はどう行うか
板垣大雅



【番外編】
(1)人工呼吸管理に向いている看護師とはどんなタイプか?(医師の視点から)
大塚将秀

(2)人工呼吸管理に向いている看護師とはどんなタイプか?(看護師の視点から)
宇都宮明美



・索引
プロダクトNo 1281682143
出版社 メディカ出版
発売日 毎月9日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。