脳神経外科速報 定期購読・最新号・バックナンバー

脳神経外科速報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

脳神経外科速報雑誌の詳細です。


脳神経外科速報の公式サイトへ
本・雑誌 脳神経外科速報
本・雑誌内容 平易で理解しやすいテキスト、豊富な画像、充実の手術動画!! 脳神経外科臨床で今すぐ役立つ診断・治療・手術・教育のポイントが満載。脳神経疾患治療に携わるすべての医師が求める第一線の知識と情報を提供していくために、『脳神経外科速報』はさらに進化し続けます。
本・雑誌内容詳細 【Feature】神経機能マッピング・モニタリング入門

<(A)特別座談会>
◆神経機能マッピング・モニタリングの現状と未来展望
ゲスト:札幌医科大学 江夏 怜/福島県立医科大学 佐久間 潤/名古屋大学 前澤 聡
司会:近畿大学 加藤天美

<(B)神経機能マッピング・モニタリングの基本と応用を学ぼう>
◆(1)術中脳神経機能モニタリング ─感覚系の基本モニタリング:VEP
青森県立中央病院 佐々木達也

◆(2)術中脳神経機能モニタリング ─運動・感覚機能の基本モニタリング:SEP,MEP
札幌医科大学 江夏 怜 他

◆(3)てんかん手術を企図した脳機能画像ネットワーク解析
名古屋大学 石﨑友崇 他

◆(4)てんかん手術のための脳機能マッピングの実際
広島大学病院 香川幸太 他



【Journal in Journal】「脳卒中速報」
<BIG DEBATE 内科医×外科医>
◆網膜動脈分枝閉塞症を契機に発見された中等度頚動脈狭窄症 ―微妙な眼虚血所見は症候性としてよいか? NASCET<50%でCEAを勧めるか?
症例提示:杏林大学 鳥居正剛/内科医:鹿児島医療センター 重畠裕也 他/外科医:久留米大学 青木孝親 他

<本音と主観で語る 脳血管内治療に用いるデバイスの基礎知識>
◆CASのdistal protection deviceの比較
京都第二赤十字病院 丸山大輔

<脳卒中治療医必読の海外論文>
広島大学 坂本繁幸

<何でもお悩み相談 脳卒中Q&A>
東北大学 遠藤英徳



【Techniques & Arts】
<手術のコツとピットフォール 一流術者のココが知りたい>
◆前頭蓋底・傍鞍部髄膜腫の摘出
東京女子医科大学 川俣貴一

<脳神経血管内治療“ 次の一手”>
◆鎖骨下動脈慢性期完全閉塞症に対して再開通治療を行った1例
昭和大学藤が丘病院 松本浩明 他

<いまさら聞けない 速解! 脳波判読トレーニング 最終回>
◆徐波と脳波振幅低下,どちらの異常がより高度か?
大津赤十字病院 三枝隆博 他



【Current Knowledge】
<専門医に求められる最新の知識>
〔脊椎脊髄〕脊髄上衣腫の手術 ─手術安全性と正確性を最適化する方策
大阪市立大学 高見俊宏 他



【Contribution】
<投稿論文>
〔Case Report〕脳虚血で発症した小児頭蓋内内頚動脈解離に対してstent retrieverを用いた超急性期脳血栓回収術が奏功した1例
新潟市民病院 菊池文平 他



【Lecture & General Information】
<Clinical Essay>
◆PC,スマホ,タブレットを使いこなせ!! 日常診療に役立つIT
・快適なパスワード管理方法
杏林大学 丸山啓介

<World Report>
◆今月の海外文献
埼玉医科大学総合医療センター 印東雅大/埼玉医科大学国際医療センター 浦丸浩一

<コラム>
◆Monthly View
徳島大学 高木康志

◆Editor’s View
滋賀医科大学 野崎和彦



【Campanio!】医療・看護・介護のトピック9本!
◆Rockhard in a Funky Place 音楽と生きる医療従事者のためのRock ’n’ Roll
関西ろうさい病院 豊田真吾

◆食いしん坊バンザイ! Dr.重川の全国グルメ紀行
愛媛大学 重川誠二 …and more




【その他】
・専用WEBページのお知らせ
・投稿募集
・学会・研究会 掲示板
・投稿ならびに執筆規定
・次号予告
プロダクトNo 1281682135
出版社 メディカ出版
発売日 毎月29日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。