花ぐらし 定期購読・最新号・バックナンバー

花ぐらしの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

花ぐらし雑誌の詳細です。


花ぐらしの公式サイトへ
本・雑誌 花ぐらし
本・雑誌内容 40代以上に向け、園芸・ガーデニングをテーマにした花のある暮らしを提案するライフスタイル誌です。園芸・ガーデニングの技術を初心者にもわかりやすく解説。アレンジメントやグッズ、カルチャーなど花とともに暮らすライフスタイルを発信します。
本・雑誌内容詳細 ・恋するバラを育てるコツは「シンプル is ベスト」!!
・永田農法で作る極上ベリー
・ぱっちりふんわり
 咲き顔を生かして楽しむ クレマチス
・桐原春子さんのエディブルガーデン
・自分らしく楽しむ 小さな庭のつるバラ演出法
・ローズガーデン坂野の春爛漫
・クレマチスでエコカーテン

恋するバラを育てるコツは「シンプル is ベスト」!!


 バラの花があふれる季節、今年はどれを買いましょうか。雑誌で見たアレ、魅力的なニューフェース、前から気になっていた名花……。
 どれでもあなたの好きなバラを選びましょう。
ひと目ぼれだって、前からの片思いだって、問題なし。
初めてだけどちゃんと咲くかしら、なんて心配も無用です。ローズソムリエの小山内健さんが、恋したバラと上手につきあう方法をシンプルにお教えします。


永田農法で作る極上ベリー

 永田農法はこれまでの常識を覆し、水や養分をできるだけ抑えて、植物が本来もっているおいしさを引き出す画期的農法です。野菜づくりの世界では、すでに信奉者も多いのですが、実はコンテナでの果樹栽培にもぴったりです。
  果樹の定番・ベリー類も永田農法で育てるとひと味もふた味も違います。


ぱっちりふんわり 咲き顔を生かして楽しむ クレマチス

 つるを自由自在に伸ばして表情豊かに庭を彩るクレマチス。その花の美しさ、かわいらしさは平面的に咲く「ぱっちり」タイプと立体的な咲き方をする「ふんわり」タイプにどうやら大別できそうです。
  それぞれの魅力と楽しみ方のコツを及川洋磨さんに聞きました。


桐原春子さんのエディブルガーデン

 春を迎えた桐原家の庭を訪ねたら、冬からの変貌ぶりに目をみはりました。
 たくさんの花を咲かせたバラが庭を仕切るように、あるいはシェードカーテンのように咲き、庭じゅうが何種類もの花と香りで包まれています。その数ヶ月後の真夏には、夏野菜がみずみずしく、命の力をいっぱいにみなぎらせていました。
  咲いて、実ってもらうために毎日準備を続けた成果がみごとに現れています。



自分らしく楽しむ 小さな庭のつるバラ演出法

  大きく育てようと思えば、バラはいくらでも大きくなります。けれども小さな庭では、バラを小さなままきれいに楽しむという心持ちで、しっかり切って、よい株を育てていくことをいつも意識しましょう。
  構造物を上手に利用して、自分好みの空間づくりを楽しんでください。


ローズガーデン坂野の春爛漫

  広大な敷地に植えた1000株ものバラが順々に咲きだせば、「ローズガーデン坂野」の春本番。
美しいグラデーションでうっとりするような景色を見せてくれます。数多くの花を植栽しているのに里山に調和する、そんな庭づくりの秘訣はどこにあるのでしょうか。バラの取り合わせのコツや下草選び、花を長く楽しむ工夫と合わせてご紹介します。



クレマチスでエコカーテン

 節電意識が高まった昨年の夏、流行したのがゴーヤで作った゛緑のカーテン"。今年は趣向を凝らし、色彩豊かな2つのクレマチスで作る゛花のカーテン"にチャレンジしてみませんか?
  本誌でおなじみのグリーンスタイリスト・古橋くみ子さんもその実践者の1人。
 狭いベランダでも手軽に楽しめますので、ぜひお試しください。
プロダクトNo 1281682046
出版社 家の光協会.
発売日 3,6,9,12月の16日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。