日本ネット経済新聞 定期購読・最新号・バックナンバー

日本ネット経済新聞の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日本ネット経済新聞雑誌の詳細です。


日本ネット経済新聞の公式サイトへ
本・雑誌 日本ネット経済新聞
本・雑誌内容 2011年6月に週刊日流eコマースがネットビジネスの専門誌「日本ネット経済新聞」に生まれ変わりました。ネット通販などEコマースに特化した情報を毎週掲載います。国内外のネットビジネスの最新事例をすぐに知れるのは週刊誌だからこそ。通販サイト運営者の対談などもあり実業に役立つネット業界記事が充実しています。拡大するネットビジネスのマーケットで仕事をする業界人にぜひ読んでいただきたい業界雑誌です。
本・雑誌内容詳細 2018年2月22日号の主な内容

女性靴EC/国内市場の伸びに期待/低価格、試し履きで購入促進
 
 女性靴EC市場の競争が激しくなりそうだ。免税店を展開するラオックスは2月14日、ロコンドと業務提携契約を締結して婦人靴のネット通販を強化する。ロコンドのECプラットフォームを活用して、同社グループの婦人靴のEC化率を20年までに30%に高める計画だ。女性向けの靴を取り扱うEC事業者はオムニチャネルを推進しているほか、低価格戦略や試し履きサービスなどを展開している。購入時の不安を取り除き、売り上げの増加につなげている例が増えている。


■ECニュース
・ユーグレナ 健食ECのフックを買収
・<楽天ショップ・オブ・ジ・エリア2017>関西エリア10社を表彰
・壽屋17年7ー12月期 売上47億200万円
・RIZAPグループ 「食」「スポーツ」本格参入
・ヒラキ17年4ー12月期 EC売上高41億円
・森下仁丹 「第四新卒採用」商標登録を出願
・【EC注目株!】第103回 歯愛メディカル
・ストライプインターナショナル ファッションECモール ソフトバンクと共同で開設
・オイシックスドット大地17年4月ー12月期 売上高300億円を突破
・バルーン 期間限定セット販売
・<楽天ショップ・オブ・ジ・エリア2017>中国・四国エリア10社を表彰

■ニュースフラッシュ
スノーピーク、新潟味のれん本舗、大塚家具、ヤッホーブルーイング、オイシックスドット大地

■ノウハウ
・《新連載》【中国越境ECの”今と現実”】第1回 急成長続ける市場規模
・【「cafe24」が教える 韓国発越境EC成功事例】第2回レディースアパレル通販「ゴゴシング」

■ネットショップ
・【モール受賞店に聞く】公武堂 楽天市場店/「ジャパン」の魅力伝える
・【ECアプリ図鑑】ティーライフ/カタログ通販の強み生かす
・【ニューフェイス本紙初登場】Qualit/中古PC専門にEC展開
・【”集客”成功のメソッド】キャラアニ/11サイトの運営代行
・【注目のスタートアップ企業】am./自社メディアでブランディング支援
・【店長ショップ物語】丸中「ヒオリエ/日織恵」/看板商品を全面刷新 物流体制も再構築
・【勝手にECサイト分析】158 リバーシブルジャガードニット生地のお店「MAFFON マフォン」
・【こだわりの逸品 特産品EC】第200回 国産肉専門ECサイト「日光畜産」

■物流
・【物流の知恵】BERTRAND 弁当箱専門店「Bento&co」
・イー・ロジット 埼玉・三郷に新拠点

■法律・行政関連
・経済産業省 EC事業者ら56人参加
・大阪府消費者生活センター EC定期購入相談の増加で注意喚起
・プロフェッショナル&パラレルキャリアフリーランス協会 福利厚生サービス提供開始
・日本コールセンター協会 センター向けセミナーモニタリングを指導
・改正割販法 EC企業でも導入に遅れ

■システム・支援
・ソニー 自動で商品動画を制作
・インベストデザイン 法人向けの請求、回収業務を代行
・インフォキュービック・ジャパン 検索数4倍に成長
・ニコンシステム 撮影と採寸を同時処理
・ECウィンターフェス 支援企業の相談会も
・コンビーズ メルマガ本文内に「いいね!」を追加
・ギークプラス 国内外40社に導入
・ユーザーローカル AIで画像を自動加工
【インタビュー】Tunnel 山本太郎 取締役、山善 eビジネス部営業2課 大村潤 係長

■インタビュー
イケア・ジャパン アーナー・アイドスクレーム マルチチャネルマネージャー
プロダクトNo 1281682026
出版社 日本流通産業新聞社
発売日 毎週木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。