日本ネット経済新聞 定期購読・最新号・バックナンバー

日本ネット経済新聞の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日本ネット経済新聞雑誌の詳細です。


日本ネット経済新聞の公式サイトへ
本・雑誌 日本ネット経済新聞
本・雑誌内容 2011年6月に週刊日流eコマースがネットビジネスの専門誌「日本ネット経済新聞」に生まれ変わりました。ネット通販などEコマースに特化した情報を毎週掲載います。国内外のネットビジネスの最新事例をすぐに知れるのは週刊誌だからこそ。通販サイト運営者の対談などもあり実業に役立つネット業界記事が充実しています。拡大するネットビジネスのマーケットで仕事をする業界人にぜひ読んでいただきたい業界雑誌です。
本・雑誌内容詳細 2017年9月21日号の主な内容

専門EC事業者/"中の人"の発信力で売上拡大/<バスリエ>前年同月比27%増<NFL>10年間で売上7倍

 ネットショップの〝中の人〟が積極的に情報を発信することで、サービスの認知度や外部企業とのつながりが拡大し、売り上げが伸びる事例が出ている。バスグッズECを手掛けるバスリエ(本社千葉県)の松永武社長は、風呂の専門家としてメディアに引っ張りだこだ。ロフトや伊勢丹などの依頼で実施したリアルでの販売企画は盛況となり、ネットショップの認知度も向上。17年8月の月商は、前年同月比27.0%増となった。フォーマルウエアECのNFL(本社大阪府、川辺友之社長)で販売営業部マネージャーを務める酒匂雄二氏は、〝SNSの達人〟として知られている。SNSで「好き」を発信し続けることで、大ファンである人気声優とつながり、タキシードを進呈。徐々に有名人御用達のブランドとして知られるようになった。SNSで情報発信を始めた07年頃の年商と比べると現在は6~7倍に成長している。


■ ECニュース
・アスクル17年6ー8月期 「ロハコ」売上18%減
・Hamee17年5ー7月期 純利益102%増
・オフィスコム 8月のセールが順調
・リビングスタイル 情報サイトリニューアルスマホでAR利用可能
・【「売れる」デザイン・演出テクニック】連載65 客観的な店舗運営とは(上)
・ユニクロ AIとチャットEC
・waja 「追加購入」サービスで効果
・ロート製薬 情報サイトに不正アクセス
・waja 業務システムを外販へ
・ブックオフコーポ17年4ー6月期 書籍販売苦戦し微減収
・【EC注目株!】第93回 キャリアインデックス
・MOA17年6月期 売上高10.5%増
・楽天 ウェブマガジン創刊
・オイシックスドット大地 EC事業本部長が講演
・《楽天「EXPO賞」北海道エリア10社を表彰》

■ニュースフラッシュ
カクヤス、ブックオフコーポレーション、コメ兵、ベガコーポレーション

■ネットショップ
・【ECショッパーズファイル】BUY IKIKI、コロカル商店、ビジネスフラワー
・【こだわりの逸品 特産品EC】第186回 コーヒー・スイーツ専門ECサイト「丸福珈琲店」

■マーケティング
・【EC関連リサーチ】エルテックス「通信販売事業関与者の実態調査2017」電話・DMよりショートメッセージで連絡
・【アクセス数アップしました】メディエア「GISEL eGOLF」
・【EC向けサービス事例】第140回 一元管理システム「通販する蔵」/導入サイト「ホームショッピング」
・【勝手にECサイト分析】141 補正下着通販「HEVEN Japan」

■法律・行政関連
・機能性表示食品 約半数が販売実績あり
・東京都 宅配事業者12社と連携
・日本コールセンター協会 コールセンター講座 新人社員向けに開催
・経済産業省 IT講座の認定制度
・国セン 定期購入トラブルに警告
・JARO 健食広告・表示セミナーを開催

■ランキング
楽天、YAHOO!ショッピング、Wowma!、ぐるなび食市場

■商品トレンド
・サウンドファン 難聴者でも聞き取れる音
・サティス製薬 感覚皮膚刺激の評価試験を開始
・ドウシシャ 木目柄が女性に好評
・【薬事広告のイロハ】連載96 化粧品刻々で「アンケート」利用時の注意点は?

■システム・支援
・リンクル 海外向け広告本格化
・電算システム スマホでコンビニ決済
・アクル SB系決済と提携
・コビーズ E-CUBEと連携を開始
・アララ 1QRコードの回数を測定
・テレコメディア 徳島に5拠点目

■インタビュー
富澤商店 富澤 淳 社長
プロダクトNo 1281682026
出版社 日本流通産業新聞社
発売日 毎週木曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。