PIPERS(パイパーズ) 定期購読・最新号・バックナンバー

PIPERS(パイパーズ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

PIPERS(パイパーズ)雑誌の詳細です。


PIPERS(パイパーズ)の公式サイトへ
本・雑誌 PIPERS(パイパーズ)
本・雑誌内容 話題の新人プレイヤーや世界の名手たちを、いつも一歩先どりしてインタビュー。その音楽、奏法、楽器などを紹介しながら、彼らの本音にも迫る。また、楽器づくりの話、新製品の紹介、楽器の選び方やメンテナン法なども特集。新しい視点で広く音楽の話題もとりあげる。
本・雑誌内容詳細 ● 特集
○2回連載/前編
トランペット日野皓正
75才のミュージシャンシップと新トランペット

日本のTrp界で誰よりも早く世界を股に活躍し、今もなお演奏と指導で大きな存在感を放つヒノテル。70才を過ぎて自身の新しいモデルをプロデュースするなど、そのチャレンジ精神は全く衰えることを知らない。
------------------------------------------------------------------------

○テューバ対談
セルジオ・カロリーノvs次田心平
世界一ポジティブにテューバと向き合おう!

昨年12月にデュオで2度目の日本コンサートツアーを成功させた二人は、オーケストラ奏者でありながら、アンサンブルやソロで新しいジャンルに果敢に挑戦する姿勢を共有する。
------------------------------------------------------------------------

○神に祝福された楽器
歌うサクバット:宮下宣子
サクバットの魅力に取り憑かれて……

その柔らかな音色に取り憑かれ、ソロCDのリリースや古楽金管アンサンブルの活動を早くから行って来た宮下さんに聞く、サクバットという楽器とその魅力。
------------------------------------------------------------------------

○読売日本交響楽団首席ホルン
ホルン日橋辰朗
ホルンで歌う「バッハからコンテンポラリーまで」

日本管打楽器コンクールと日本音楽コンクールを制覇し読響首席として活躍する日橋さんが、2月に東京オペラシティ文化財団が主催するリサイタルシリーズ「B→C」でバッハからコンテンポラリーまでのレパートリーに挑戦する。
------------------------------------------------------------------------

○リポート
根本雄伯に編曲の勘どころを聞く
演奏家のための編曲ワークショップをリポート

著名な古楽オーケストラで首席ホルンを務めるかたわら「フランスで最も活躍する編曲家3人の中の一人」とも評された根本さんが、昨年11月に東京で行ったワークショップのレポート。
------------------------------------------------------------------------

○スポットインタビュー
ビュッフェ・クランポンの新しい顔
フランソワ=ザビエ・リエナール

昨年50周年の節目の年を迎えたビュッフェ・クランポン・ジャパンのトップに就任して2年目。異業種から管楽器業界へは異例の転身に思えるが、音楽はこれまで常に氏の身近に存在していた。
------------------------------------------------------------------------

○ユーフォニアム奏者と話す
『Slow Practis』の活用③
ゲスト:木村寛仁(大阪音楽大学教授)

クリス・ゲッカー著のトランペット教本『スロー・プラクティス』の活かし方だけでなく、ユーフォニアムや金管楽器全般のレッスンでの各種教則本の活用法、学生の指導法などを紹介。
------------------------------------------------------------------------

○集中連載⑮
Oboeジョン・マック
我が遍歴を語る

元クリーブランド管弦楽団首席オーボエ、米国Ob界の巨人が赤裸々に語る。
------------------------------------------------------------------------

○連載:カゲヤマ博士の演奏心理学
予言の自己成就

ある状況を脳裏に思い描くことで望み通りの効果を手に入れるのはミステリアスな現象のように思われる。でも実際には、意外に現実的なプロ
セスだ。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

○ロブ・スチュワートのブラス・ギャラリー
リードル製のエコーコルネット

この楽器を手にして10年ほど経つが、いまだにこれと似たエコーベルを持つエコーコルネットを見たことがない。
------------------------------------------------------------------------

○アーカイブ記事
ジェーヴァーズ・ド・パイアー
英国のベルカント・クラリネット

惜しくも昨年2017年に亡くなった往年の英国の世界的クラリネット奏者の貴重なインタビュー記事(1989年)を再録。リリカルで変幻自在な英国クラリネットの伝統を語る。
------------------------------------------------------------------------

●トピックス
○サックス「2人13 役」の一大エンタメショー!
宮崎真一&各川芽の「サクステ!」

------------------------------------------------------------------------

● 連載・コラム・その他
エリック・オービエのトランペット公開講座
A.ビュッフェ製作の1850年製クラリネット(表紙の楽器)
中川英二郎のトロンボーンアルバム/息の強さと量をコントロールする
そこが知りたいKOSEIライフ/第136回定期&木管低音セクション      
平野公崇の多事奏音/黒木郁朝  
ミードと暮らす/米国ツアーで共演した2つのバンド 
ナイディック&大島クラリネット講座/アルバン・ベルク「4つの小品」
ヴィンテージSAXの遊び方/ドルネイM70テナーサクソフォン
スクランブル/ルミエサクソフォンカルテット
スクランブル/読響トランペットセクション
-----------------------------------------------------------------------

● PRODUCTS
ヤマハ新トランペットYTR-9335VS
新製品ピックアップ
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

● CD評
木幡一誠の今月のCD(今月は休載します)
------------------------------------------------------------------------

● その他
ニューズフラッシュ  コンサートガイド  編集子の雑談室
プロダクトNo 1281681955
出版社 杉原書店
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。