デイリー・マネタリー・アフェアーズ 定期購読・最新号・バックナンバー

デイリー・マネタリー・アフェアーズの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

デイリー・マネタリー・アフェアーズ雑誌の詳細です。


デイリー・マネタリー・アフェアーズの公式サイトへ
本・雑誌 デイリー・マネタリー・アフェアーズ
本・雑誌内容 忙しい朝の時間に、コンパクトに凝縮された「金融ビジネス・ニュース」をお届けします。毎日の重要ニュースを、20年以上の日米大手金融機関勤務経験を持つ編集者の一言コメント付きで、毎朝8時30分前後に配信するメルマガです。ユニークな視点から金融市場を斬り込む「最近のボヤキ」は、ロイターやクイックなど金融プロが利用する金融媒体に毎日掲載され人気を博している名物コラムです。
本・雑誌内容詳細 ======================================================================
デイリー・マネタリー・アフェアーズ 2018.03.30
======================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  本日のフィナンシャル・モニター   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<国内モニター>

 **日経平均は前日比127円77銭高
  円安好感で上伸するも上値追いなく伸び悩み。半導体関連には売り圧力。

 **国交省がゼネコン大手4社を指名停止処分
  リニア談合事件で大成、鹿島、大林組、清水に4か月の処分。

 **東京都「都内旧耐震物件は震度6強で3割倒壊」
  旧耐震基準建築物の耐震診断結果を公表。道玄坂共同ビルにも危険性。

 **ソフトバンクがスイス・リー株式取得へ
  再保険大手の25%を約96億ドル相当で。

 **富士フイルムが再生医療関連企業2社を買収
  JXTGホールディングスから約8億ドルで。ヘルスケア事業に注力。

 **東京ミッドタウン日比谷が開業
  三井不動産。米国人気レストランなど60テナントが入居。最新シネマコン
  プレックスなども。

 **新生銀行が社員の兼業・副業容認へ
  大手銀行で初の取り組み。主客逆転あるかも。

 **2月小売販売額は前年同月比1.6%増
  4か月連続増加。原油高で石油製品販売額が好調。スマホや高付加価値家電
  の販売も堅調。 
 
<海外モニター>

 **NYダウは前日比254.69ドル高
  ハイテク反発で投資心理やや改善、長期金利は2.74%へ低下。
 
 **米2月コアPCEデフレーターは前年同月比1.6%上昇
  着実に上昇、来月以降は携帯通信料要因外れで一段の上昇予想も。

 **米2月個人消費支出は前月比0.2%増
  勢いは緩慢、税還付遅延も影響。個人所得は0.4%増。
 
 **米ミシガン大3月消費者態度指数確報値は前月比0.7ポイント上昇
  101.4と2004年1月以来の高水準。減税などで安心感。

 **米国の対中制裁は6月に発表
  ライトハイザーUSTR代表。パブコメ期間の2か月間に対中交渉。

 **独3月消費者物価指数は前年同月比1.5%上昇
  2017年12月以降で最大の上昇率。ユーロ圏も上昇見通し。

 **ロシアが報復措置を発表
  米外交官60名追放、サンクトペテルブルク米領事館も閉鎖へ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  最近のボヤキ                  市場不安は継続中
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 米国の2月コアPCEデフレータが前年同月比1.6%へ上昇、来月には携帯通信
料の要因が剥げ落ちるので1.9%程度に上昇するとの見方が大勢だ。いずれFRB
の目標値である2.0%に届く可能性が高そうだが、それにしては長期金利は殆
ど反応しておらず、2.7%台での小康状態となっている。3月末までに3%を一
時的にせよ超えるかなと思っていたので、この動きはやや想定外でもある。市
場はインフレ率上昇には限界ありと感じているのか、株価に相当根強い不安感
があるのか、単に鈍感なのか、最近はこの手のよく分らぬことが多い。

 米政権の貿易政策の狙いも判然とせず、貿易赤字の削減にしては鉄鋼・アル
ミ関税は中途半端であり、対中戦術としての正確な狙いも分かりにくい。真の
目的は貿易収支ではなく先端技術の中国流出を食い止める、ということなのだ
ろうが、それがどこまで可能なのかも不明である。鮮明なのは米国の焦燥感で
あろう。中国に経済力で追い抜かれるのは時間の問題で、企業力でも主要産業
のトップの座を奪われかねない、という焦りが一連の報道から感じ取れる。国
内雇用確保や安全保障など表向きの看板で、むしろ米国流の「保身術」と考え
た方がわかり易い。  

 保身術では米国に負けない日本の政権は「森友問題はお終い」と片付けてよ
うとしている。司法が動かぬ限り、政権の腐食は正されないだろう。支持率が
20%程度まで下がれば流石に首相も動揺するだろうが、トランプ政権と同様に
コアな支持層が存続する限りは、これ以上の進展はないかもしれない。北朝鮮
リスクの後退や政権動揺の収束など、円買い要因は薄れて為替市場もひとまず
落ち着きそうな展開ではあるが、昨日も述べたように、欧米から中東そして東
アジアとあちこちで波乱材料が目立ち始めている。来週からの新年度も、息を
抜けない市場展開が続きそうな予感がしている。

 ★ 新年度は4月9日(月)より開始となります。★

=====================================================================
プロダクトNo 1281681849
出版社 RPテック
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。