デイリー・マネタリー・アフェアーズ 定期購読・最新号・バックナンバー

デイリー・マネタリー・アフェアーズの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

デイリー・マネタリー・アフェアーズ雑誌の詳細です。


デイリー・マネタリー・アフェアーズの公式サイトへ
本・雑誌 デイリー・マネタリー・アフェアーズ
本・雑誌内容 忙しい朝の時間に、コンパクトに凝縮された「金融ビジネス・ニュース」をお届けします。毎日の重要ニュースを、20年以上の日米大手金融機関勤務経験を持つ編集者の一言コメント付きで、毎朝8時30分前後に配信するメルマガです。ユニークな視点から金融市場を斬り込む「最近のボヤキ」は、ロイターやクイックなど金融プロが利用する金融媒体に毎日掲載され人気を博している名物コラムです。
本・雑誌内容詳細 ======================================================================
デイリー・マネタリー・アフェアーズ 2017.08.31
======================================================================

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  本日のフィナンシャル・モニター   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<国内モニター>

 **日経平均は前日比143円99銭高
  米国株高や円高一服で買戻し、3日ぶり反発。

 **メイ英首相が来日
  3日間滞在で首脳会談や天皇陛下との会見、財界関係者らとの会合。FTA締
  結期待でフォックス国際貿易相や産業界幹部らも同行。

**東芝の半導体メモリ売却は9月にずれ込み
  議決権を巡る主導権争い。日米韓連合はアップル参加の新買収案提示。本
  日取締役会開催。

 **トヨタが東南ア配車サービス最大手グラブと提携
  豊田通商が出資、トヨタのウーバー提携と併せ次世代移動サービスへの取
  り組みを加速。

 **キヤノンが宮崎にデジカメ新工場建設
  自動化を武器に生産国内回帰へ。投資額は約200億円。

 **パナソニックがAIスピーカー発売へ
  欧州最大の家電見本市で発表、グーグル技術を利用。

 **マツキヨとドコモが業務提携
  両社顧客データを共同分析、マーケティングやポイント相互活用などで協
  業。

 **三井物産が東京駅構内にイータリー開店へ
  2015年に資本参加したイタリア食材・外食店。食品分野の事業拡大へ。
 
 **7月小売業販売額は前年同月比1.9%増
  9か月連続増加。自動車が6.6%増、医薬品・化粧品が5.0%増と好調、一
  方で大型小売店は0.2%減。 
 
<海外モニター>

 **NYダウは前日比27.06ドル高
  地政学懸念後退、景況感も好材料でハイテク、金融、素材など買い戻し。
  長期金利は2.13%で横ばい。ドルは堅調、金は一服。

 **米4-6月期GDP改定値は前期比年率換算3.0%増
速報値から0.4ポイント上方修正。個人消費や設備投資が上振れ。約2年
  ぶりの高い伸びに。

 **米ADP民間雇用者数は前月比237,000人増
  商業・運輸・公益が好調で5か月ぶり高水準。雇用市場の堅調持続。

 **トランプ大統領「対話は解決策ではない」
  歴代政権対応を批判しつつ北朝鮮を非難。外交努力に冷水。

 **アマゾンとマイクロソフトが事業提携
  AI利用の音声認識事業で提携。「アレクサ」と「コルタナ」を相互連携。
  ライバル同士が異例の協業。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  最近のボヤキ                  好調なGDPの裏側
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 米国の4-6月期実質GDPは上方修正され、個人消費や設備投資の堅調さがあら
ためて注目されている。輸出も回復中でまさにバランスの取れた成長軌道に乗
っているように見えるが、3%という数字が下半期も継続するとの見方は乏しく
通年の成長率は2%を僅かに超える水準というのが現在のコンセンサスである。
政権は法人税減税を目玉とする税制改革への取り組みを活発化させているが、
インフラ投資同様に、財源がない状態では議論が行き詰まる可能性が高い。

 戦後三番目の長さになった現在の米国景気拡大期で際立っているのは、その
成長率の低さである。それは、どんなに派手な金融緩和を行っても限界がある
ことを実証したと言えようが、別の角度から見れば、政治が構造改革を怠った
ことも意味している。FT紙は、1930年代のルーズベルト時代の預金保険や財政
出動など様々な重大改革を挙げつつに比べ、今日の政治家の無策ぶりを強く批
判しているが、そこには政治経済学の行き詰まりを問うても良いだろう。量的
緩和策にしても、決して画期的な新型金融政策では無かったのである。

 結果的にはデフレ・スパイラルは逃れたが、慢性的なディスインフレと低成
長構造が残った。世界的に景気は順調とは言いながら、よく見れば中国の持続
不能なエンジンの空ぶかしに支えられているようなものである。だが中国の過
剰需要に支えられている世界は何も文句が言えない。タブーに切り込めないの
は、日本のメディアだけではないのである。そして北朝鮮問題にしても、米国
は中国に圧力を掛けながらも、中国の現政権が北朝鮮・江沢民ルートを抑圧し
切れないことを悟っている。表舞台は派手だが、裏ではパッチワークの連続だ。
堅調なGDPだけ見て浮かれてばかりはいられない。
=====================================================================
プロダクトNo 1281681849
出版社 RPテック
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。