多聴多読マガジン 定期購読・最新号・バックナンバー

多聴多読マガジンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

多聴多読マガジン雑誌の詳細です。


多聴多読マガジンの公式サイトへ
本・雑誌 多聴多読マガジン
本・雑誌内容 ■「多聴」と「多読」が2本柱!■英語がなかなか身につかない理由のひとつに、日ごろから英語に触れる量が少ないということが挙げられるのではないでしょうか。本誌では、「たくさん聞いて」「たくさん読んで」「たくさん口を動かす」という語学学習の王道に沿って、誰でも挫折をせずに継続できる方法、理にかなったより効果の出やすい方法を、学習素材とともに提供。「多聴」といってもただ聞くのではなく、シャドーイングという同時通訳の訓練法によって、口を動かしながらリスニング力やスピーキング力を同時に高めるトレーニングを学びます。■レベル別おすすめ洋書5冊を朗読CD付きで掲載■「多読」では、非常にやさしい絵本からはじめて、段階的にレベルを上げていく「100万語多読」の効果が注目されています。本誌には、レベルの違う5つの洋書が掲載されていますので、初めて英語の本に触れる人でも、自分が快適に読めるレベルの本に出会えます。付録のCDに収録された音声を使えば、音声を流しながら聞き読みをしたり、シャドーイングをしたりと、自分に合った学習が可能です。
本・雑誌内容詳細 ★本誌をご購入いただくと、スマホ、タブレット、PC対応の音声付き電子版が無料でお読みいただけます。

●特集は、「ネイティブ感覚でパッと話せる英会話」
中学英語指導の第一人者である山田暢彦先生が「インプットから始めるスピーキング」をコーチ。英語は「主語+動詞+つけ足し」が基本。この「つけ足し」がうまくできるようになると、会話が弾むようになります。まずはインプット、日本語の語順に直さずに、頭から英文の意味を取るトレーニングをします。ネイティブの語順感覚を頭に染み込ませてから、今度は日本語の文を英語でパッと組み立てる練習へと進みます。
前置詞を使って「いつ」「どこ」などの情報をつけ足したり、接続詞で「なぜ」「もし」などの情報をつけ足したり。中学英語レベルで、言いたいことを自由に表現できるベースを自分のモノにしましょう。

■やさしい洋書を読み、CDの朗読音声を聞く「快読快聴ライブラリ」
[1] Taylor Swift: Born to Sing
歌姫テイラー・スウィフトの伝記。ごくやさしい英語と豊富な写真で、生い立ちから業績までを紹介するリーダーの冒頭部分を掲載。
[2] The Life and Adventures of Santa Claus
サンタクロースの誕生秘話。フェアリー、ニンフなど不老不死の4種族が住む森で、人間の赤ちゃんが発見されました。この子こそ、未来のサンタクロースなのです。
[3] The Christmas Carol
文豪ディケンズの『クリスマス・キャロル』を600語レベルでリライトしたリーダー。けちんぼのスクルージのところに、7年前に亡くなった共同経営者マーリーの幽霊が現れ、これから3人の幽霊がやってくると告げます。
[4] L.A.Movie
ロスの私立探偵が活躍するシリーズの1冊。主人公は、人気女優をスキャンダルから救おうとして事件に巻き込まれてしまいます。第2章までを紹介。

■特別講義
国際多読教育学会で、上のL.A.Movieの作者フィリップ・プラウズ氏が講演を行いました。文字の3つの革命を語った講義の一部を音声付きで紹介します。

■特別記事 【VIPボイス】
トランプ大統領が北朝鮮を名指しで批判した国連演説と、レディー・ガガが自らの闘病を語ったインタビューをお届けします。音声付き。

【映画スターインタビュー】
『The Beguiled(原題)』のソフィア・コッポラ監督、主演のコリン・ファレルとニコール・キッドマンにインタビュー。コッポラ監督はリメイク版(邦題『白い肌の異常な夜』の)ではなく、原作に立ち戻ってオリジナル版をつくったのだと語ります。音声付き。

【インタビュー】
映画『スター・ウォーズ』でルーク・スカイウォーカーを演じているマーク・ハミルが、好きな登場人物などについてユーモアたっぷりに答えます。音声付き。


プロダクトNo 1281681831
出版社 コスモピア
発売日 毎奇月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。