多聴多読マガジン 定期購読・最新号・バックナンバー

多聴多読マガジンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

多聴多読マガジン雑誌の詳細です。


多聴多読マガジンの公式サイトへ
本・雑誌 多聴多読マガジン
本・雑誌内容 ■「多聴」と「多読」が2本柱!■英語がなかなか身につかない理由のひとつに、日ごろから英語に触れる量が少ないということが挙げられるのではないでしょうか。本誌では、「たくさん聞いて」「たくさん読んで」「たくさん口を動かす」という語学学習の王道に沿って、誰でも挫折をせずに継続できる方法、理にかなったより効果の出やすい方法を、学習素材とともに提供。「多聴」といってもただ聞くのではなく、シャドーイングという同時通訳の訓練法によって、口を動かしながらリスニング力やスピーキング力を同時に高めるトレーニングを学びます。■レベル別おすすめ洋書5冊を朗読CD付きで掲載■「多読」では、非常にやさしい絵本からはじめて、段階的にレベルを上げていく「100万語多読」の効果が注目されています。本誌には、レベルの違う5つの洋書が掲載されていますので、初めて英語の本に触れる人でも、自分が快適に読めるレベルの本に出会えます。付録のCDに収録された音声を使えば、音声を流しながら聞き読みをしたり、シャドーイングをしたりと、自分に合った学習が可能です。
本・雑誌内容詳細 ★本誌をご購入いただくと、スマホ、タブレット、PC対応の音声付き電子版が無料でお読みいただけます。

●特集は、「聞く力がわかる、伸ばせる! レベル別リスニング」
リスニング力を伸ばすには、いまの英語力に合った素材を、何度も繰り返し、そしてたくさん聞くことが有効です。そこで、現在のリスニング力を手軽に自己診断できるように、12種類の音源と診断表を用意しました。音源はVOA、やさしい洋書の朗読から、カナダのトルドー首相やマララ・ユスフザイさんが2018年のダボス会議で行ったスピーチ、YouTuberの分速251語のマシンガントークまで、多岐にわたっています。
さらに、英語音声学を研究する中西のりこ神戸学院大学教授がリスニングのコツを解説します。
・ボトムアップ型 vs トップダウン型
・リスニング練習の手順、ふたつのアプローチ
・文や句の構造がわからないときには
・単語の切れ目がわからないときには

●やさしい洋書を読み、CDの朗読音声を聞く「快読快聴ライブラリ」
[1] Try Out for the Musical!
日本人英語学習者向けに書かれた、わかりやすいリーダー。歌もダンスも抜群に上手な女子転校生がやってきて、男子生徒たちは気もそぞろです。
[2] The World’s Most Popular Sports
世界中で人気の球技を紹介するノンフィクション・リーダーから、サッカーの歴史、ワールドカップ誕生のいきさつ、ヒルズボロの悲劇などを綴った章を掲載。
[3] Drone Pilots
テクノロジーの進化で生まれた最新の職業を案内するノンフィクション・リーダーから、ドローン操縦士の仕事内容を豊富なカラー写真とともに紹介。
[4] Marvel’s The Avengers
アメリカンコミックのヒーロー「アベンジャーズ」の活躍をやさしい英語で書き直したリーダーから、冒頭部分を掲載。

●特別記事
『マーフィーのケンブリッジ英文法』の著者、レイモンド・マーフィー氏が来日した折り、編集部が単独インタビューを行いました。氏は、文法書を最初から最後まで読んで、それで何かを学んだと思ってはいけないと語ります。音声付き。

【スターインタビュー】
元NBAのスター選手、コービー・ブライアントが、今年のアカデミー賞で短編アニメ賞に輝きました。授賞式のバックステージインタビューで、ものを書き始めた経緯などを語ります。音声付き。

【スピーチ】
映画俳優ロバード・ダウニー・Jr.が、がん撲滅のためのチャリティー・イベントで行ったスピーチをお届けします。ユーモアセンス溢れる爆笑スピーチです。音声付き。
プロダクトNo 1281681831
出版社 コスモピア
発売日 毎奇月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。