多聴多読マガジン 定期購読・最新号・バックナンバー

多聴多読マガジンの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

多聴多読マガジン雑誌の詳細です。


多聴多読マガジンの公式サイトへ
本・雑誌 多聴多読マガジン
本・雑誌内容 ■「多聴」と「多読」が2本柱!■英語がなかなか身につかない理由のひとつに、日ごろから英語に触れる量が少ないということが挙げられるのではないでしょうか。本誌では、「たくさん聞いて」「たくさん読んで」「たくさん口を動かす」という語学学習の王道に沿って、誰でも挫折をせずに継続できる方法、理にかなったより効果の出やすい方法を、学習素材とともに提供。「多聴」といってもただ聞くのではなく、シャドーイングという同時通訳の訓練法によって、口を動かしながらリスニング力やスピーキング力を同時に高めるトレーニングを学びます。■レベル別おすすめ洋書5冊を朗読CD付きで掲載■「多読」では、非常にやさしい絵本からはじめて、段階的にレベルを上げていく「100万語多読」の効果が注目されています。本誌には、レベルの違う5つの洋書が掲載されていますので、初めて英語の本に触れる人でも、自分が快適に読めるレベルの本に出会えます。付録のCDに収録された音声を使えば、音声を流しながら聞き読みをしたり、シャドーイングをしたりと、自分に合った学習が可能です。
本・雑誌内容詳細 ★本誌をご購入いただくと、スマホ、タブレット、PC対応の音声付き電子版が無料でお読みいただけます。

●特集は、「旅するイギリス英語」
イギリス英語に慣れるコツは、ナチュラルでリアルな会話をたくさん聞くこと。教材用にスタジオで録音された英語と、現地の人が話すリアルな英語は似て非なるものです。そこで、イギリスの観光スポットで川合亮平氏が生取材・生録音したインタビュー音声を聞きながら、イギリス英語特有の言い回しについても学べるように解説を加えました。

【Day 1】 ビートルズがレコーディングしたスタジオを訪ねるロンドン・ウォークス
【Day 2】 ハリー・ポッター映画のアートワークを展示するハウス・オブ・ミナリマ
【Day 3】 5つ星ホテル、クラリッジズのアフタヌーン・ティーを堪能
【Day 4】 ダイアナ妃が住んでいたケンジントン宮殿を訪ねる
【Day 5】 ロアルド・ダール博物館で作家の創作の秘密を知る

●やさしい洋書を読み、CDの朗読音声を聞く「快読快聴ライブラリ」
[1] Celebrating New Year
カラフルな写真とともに世界の新年の祝い方を紹介。新年が1月1日ではない、中国、ユダヤ教、インドのお祝いについても説明します。
[2] Lisa in London
英語の勉強のためロンドンにやってきたリサが主人公。マンガ形式のやさしいリーダー。
[3] Loving London
ロンドンに関するトピックを、豊富な写真やイラストを使ってABC順に紹介するノンフィクションから、アート、建築物、映画などに関する情報を掲載。
[4] Tales from Camelot
『アーサー王と円卓の騎士』の物語を、味わい深いカラーイラストと読みやすい英語で綴ったリーダーの第4章までを掲載。
[5] Murder on the Orient Express
アガサ・クリスティの『オリエント急行殺人事件』を1300語レベルで書き直したリーダーの第3章までを掲載。

●特別記事
(1) ヘンリー王子の婚約発表
(2) このイギリスドラマがすごい(解説: 池田 敏)

【映画スターインタビュー】
『キングスマン: ゴールデン・サークル』主演のコリン・ファースとタロン・エガートンにインタビュー。キングスマンに必要な資質などについて答えています。音声付き。

【インタビュー】
ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロが、『忘れられた巨人』のテーマについて語ります。音声付き。
プロダクトNo 1281681831
出版社 コスモピア
発売日 毎奇月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。