INNERVISION(インナービジョン) 定期購読・最新号・バックナンバー

INNERVISION(インナービジョン)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

INNERVISION(インナービジョン)雑誌の詳細です。


INNERVISION(インナービジョン)の公式サイトへ
本・雑誌 INNERVISION(インナービジョン)
本・雑誌内容 画像医学を中心に,医療のいまを切り取り,明日を予見する「月刊インナービジョン」。臨床現場に不可欠な画像検査から診断・治療,情報システム,医療経済に至るまで,最新情報を幅広くタイムリーに提供し,わかりやすく解説します。日進月歩の画像医学の進歩に取り残されないためのナビゲーターとして,診療科を問わずご活用ください。
本・雑誌内容詳細 特集
The Evolution of DR Systems 2017【静止画編】
FPDの進化とDigital Radiographyの新次元
企画協力:田中利恵先生(金沢大学医薬保健研究域保健学系量子医療技術学講座准教授)

Ⅰ 総 論
Digital radiographyの進化&深化
田中利恵

Ⅱ Digital Radiographyの技術的到達点と今後の動向

1.可搬型FPDの発展と確立
柳田 智

2.画像処理技術の進歩の傾向と注意点
由地良太郎

3.患者が受ける線量の現状と被ばく低減技術
小林謙一

4.散乱線除去技術の概要
船橋正夫

5.進化するトモシンセシス─2Dから2.5Dへ
中島正弘

6.Bone suppression imageの有用性と将来展望
松迫正樹

7.Digital Radiographyの技術的到達点とわれわれの取り組み─長尺撮影システム
市田隆雄/工藤禎宏

8.デジタルマンモグラフィにおけるFPDの最新技術
篠原範充

Ⅲ 臨床報告:Digital Radiographyを極める

1.当院の回診撮影における「AeroDR fine」の運用─新しい画像処理ソフトウエアの有用性
小野寺 崇
●新しい可搬型DR「AeroDR fine」─高解像・高感度・高画質 (コニカミノルタジャパン)

2.今村総合病院における「RADspeed Pro EDGE」の使用経験
馬場隆行
●一般撮影装置における“トモシンセシス”の紹介(島津製作所)

3.「MAMMOMAT Inspiration」でのトモシンセシスの有用性
岸本昌浩
●「MAMMOMAT Inspiration」がもたらす新たな視点で読むマンモグラフィ“HDBT”(シーメンスヘルスケア)

4.こうかんクリニックにおける「CXDI」の使用経験
山口英樹
●臨床現場での使い勝手を追求した新世代可搬型FPDの紹介(キヤノン)

5.水戸済生会総合病院における「CALNEO AQRO」の使用経験
桐原直仁
●富士フイルムの進化するイメージソリューション(富士フイルム)

6.FPD搭載X線透視診断装置における整形外科領域向けアプリケーション“トモシンセシス”“HyperVIEW(長尺撮影機能)”(日立製作所)

Ⅳ Digital Radiographyの将来展望

1.FPDの課題と将来展望
今花仁人

2.フォトンカウンティングの基礎研究と将来展望
林 裕晃ほか

3.次世代FPDイメージング
田中利恵



目次裏
札幌ハートセンター札幌心臓血管クリニック
TAVI術前プランニングや心筋定量評価など画像情報を活用し質の高い循環器医療を展開
PhyZiodynamicsなど画像解析技術をT1マッピングやIQonスペクトラルCTに活用

めざせ達人シリーズ〈X線撮影編〉
一般撮影技術を見直そう! No.50〈下肢No.32〉
3.診療放射線技師が知っておきたいTAAのX線撮影 その3
(TAAの術後評価をする側面像)
(X-ray radiation methods of TAA need to be known as radiological technologist)
安藤英次

IMAGE ANALYSIS SOFTWARE─next advances
次世代の画像解析ソフトウェア No. 187
当院の循環器分野におけるAZE VirtualPlace使用経験
坂本和翔

VARIAN RT REPORT No.11 子宮癌:臨床編
信州大学医学部附属病院
子宮癌における放射線治療の現状(臨床報告)
小岩井慶一郎

IVリポート
・日本IHE協会が「IHE-J 2017 コネクタソン」を実施
・日本医学放射線学会と日本学術会議が「レントゲンの日記念」市民公開講座を共催
・日本脳神経外科学会第76回学術総会が開催
・ソニー・オリンパスメディカルソリューションズなど3社協業で開発した4K 3D手術用顕微鏡システムを発表
・コニカミノルタが創薬支援企業の買収とプレシジョン・メディシン事業の強化を発表
・富士通,AIやIoTで健康をサポートする技術をCEATEC JAPAN 2017に出展
・シャルマンが放射線防護眼鏡を2017年中に発売

〈巻末特集〉モダリティ EXPO  バイヤーズガイド
放射線治療装置・防護用品 編

● 市・場・発

● IV EXPRESS(海外論文サマリー)

● 次号予告



◆別冊付録
SOMATOM Symposium 2017 Report

Session Ⅰ
CT Image Contest 2017 Japanese Edition

Session Ⅱ Special Lecture
History of Cardiac CT
心臓CTの日本史
内藤博昭(公益財団法人 日本生命済生会付属日生病院特任顧問)

Session Ⅲ Focus on Acute Care

Dual Energy CT in Emergency Radiology
土谷飛鳥(独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター救急科)

Volume Perfusion imaging for Acute Pancreatitis
山宮 知(昭和大学医学部内科学講座消化器内科部門)

Sliding Gantry System for Emergency Room and Operation Room
西島 功(医療法人沖縄徳洲会 中部徳洲会病院心臓血管外科)

Session Ⅳ Focus on Oncology and Therapy

The Role of 4D imaging in Head and Neck
頭頸部がんに対する4D Volume Perfusion CTの臨床応用
的場宗孝(金沢医科大学放射線診断治療学)

Routine use of TwinBeam Dual Energy in Oncological Field
篠﨑賢治(独立行政法人国立病院機構 九州がんセンター画像診断科)

Accuracy for Radiation Therapy Planning
治療計画CTの精度を考える
中村和正(浜松医科大学医学部放射線腫瘍学講座)

Session Ⅴ Focus on New Performance of Dual Source CT

SOMATOM Drive : Drive Precision for all
最新型Dual Source CT「SOMATOM Drive」の臨床活用について
吉田守克(一般社団法人天草郡市医師会立 天草地域医療センター放射線科)

SOMATOM Force : Tin(Sn) Filtration imaging
岡田宗正(山口大学医学部附属病院放射線部)
プロダクトNo 1281681824
出版社 インナービジョン
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。