料理通信 定期購読・最新号・バックナンバー

料理通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

料理通信雑誌の詳細です。


料理通信の公式サイトへ
本・雑誌 料理通信
本・雑誌内容 国内外の最新レストラン事情やガイドなどの食情報を紹介する新しいタイプのクリエイティブ・フード・マガジン。パン、スイーツ、肉、バル、惣菜、ワイン、つみまみ、レシピ集、店づくり……。多彩な切り口で旬の食情報をお届け。レシピ満載だから実用度も大!
本・雑誌内容詳細 <巻頭特集>プロが実践している! 野菜のおいしい使い方

素人にとっては、
あってもなくても、また別の似た食材でも大差ないのでは?
とスルーしそうな野菜が、実はプロの味づくりの根幹を担っていた・・・
ということは、多々あります。

味づくりにおける野菜の働き、役割を知ることには、
料理の味をバージョンアップさせるカギがありそうです。

プロの味づくりの中から、野菜のおいしい使い方をピックアップ。
見落としがちな野菜がもたらす味づくりの基本と、
プロたちが日々更新している新感覚の野菜使いをたっぷりお届けします。

野菜が担う味づくり&新感覚の野菜使いを一挙公開!


■シェフ、古澤一記が実践する 「調味料的」野菜の使い方

■料理家、長尾智子が実践する 「新感覚」の野菜の使い方

■世界の野菜使いに学ぶ<新感覚の野菜レシピ>

【煮 る】ニンジンとショウガのスープ
――東京・東中野「ビスポーク」

【蒸し煮】春キャベツのベルッタータ
――東京・西荻窪「トラットリア29」

【非加熱】色々トマトの水キムチ
――東京・井の頭公園「ビアンカーラ」

【焼 く】ババガヌシュ~ナスと練りゴマのペースト~
――東京・広尾「タイーム」

【炒める】ダイコンの炒め物
――東京・新宿御苑前「古月 新宿」

【揚げる】カリフラワーのバジ
――京都・烏丸御池「インド食堂 タルカ」

■調理法別 バリエーション<1~6>

■野菜・果物のための超・専門道具<PART1><PART2>

■失敗しない!新顔野菜の使い方
「青果ミコト屋」「つむぎや」

■根っこにしか作れない味<パクチーの根の使い方>
――タイ料理家 長澤恵

■表紙のレシピ大公開! たっぷり野菜のカリカリ和え麺
――東京・代々木八幡「ヨヨナム」

■達人はこう使う! フルーツをもっと、料理に!
――東京・代々木八幡「酒坊主」

■素材の魅力を引き出す<調理法別 野菜レシピ集>

-----------------------------------
【第2特集】
今こそ見直したい ジャパニーズ・ヴィーガン食材
-----------------------------------

身体的、宗教的、あるいは思想的な理由から、
動物性食品を食べない選択をする人が世界的に増えている昨今、
野菜、穀物、海藻、木の実と、これまで脇役とされがちだった食材に
注目が集まっています。

ヴィーガン、ベジタリアンというと新しく聞こえるけれど、
日本の食卓では昔から肉や魚より登場頻度の高かった食材。
また、干すことで保存性を高める知恵は、
食材の新たな一面を引き出す調理法として
現代のガストロノミーシーンにも通じます。

今こそ見直したい日本のヴィーガン食材。
その魅力をとことん追求します。


■素材を生かしきる精進料理の教え
――東京・小金井「三光院」

■乾物の力を見直すヴィーガンレシピ
――東京・青山「アクアパッツァ」

■乾物ガストロノミー
――東京・下北沢「Salmon&Trout」

■乾物使いでラクラク菜食生活
――山梨・北杜「DILL EAT, LIFE.」


-----------------------------------
【TOPIC】
-----------------------------------

■英国菓子が広げる カリフォルニア プルーンの愉しみ


-----------------------------------
【連載】
-----------------------------------

■表紙の店

■真似したくなる台所
――柳本あかね

■日常に使いたい日本の器と道具
――カトラリー 山中阿美子

■素晴らしき日本の発酵文化
――猪苗代ビール醸造所

■World Topics
――Sydney, Stockholm, Firenze, London, Barcelona, Providence, Paris

■新・クリエイション魂
――丸若裕俊「GEN GEN AN」

■FREEなレシピ 特別編【ベジタリアン】
――「ベージュ アラン・デュカス 東京」

■安くて旨くて、何が悪い!
――東京「いちりん」

■続・これだけは知っておきたいイタリア土着ブドウ品種
――フレイザ(ピエモンテ州)

■Local Topics Japan
――帯広、新潟、高松、鹿児島

■生涯現役
――山田 博「寛八」

■料理上手と呼ばれたい・・・
――海老とニラ入り蒸し餃子「家全七福酒家」

■何でもテイスティング講座
――すりおろし野菜ドレッシング

■食のプロを刺激する店
「アルページュ」

■新米オーナーズストーリー
――「wineshop flow」

■食の世界の美しき仕事人たち
――久保田将司(チーズ職人&ピッツァイオーロ)

■未来に届けたい日本の食材
――小夏

■Web料理通信「The Cuisine Press」のご案内

■New open

■Information

■Book&Culture

■バックナンバー

■定期購読&電子書籍のご案内

■月と星から学ぶ食の占星学

■次号予告・編集後記


※デジタル版には一部広告ページは掲載しておりません
プロダクトNo 1281681792
出版社 料理通信社
発売日 毎月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。