日経SYSTEMS 定期購読・最新号・バックナンバー

日経SYSTEMSの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経SYSTEMS雑誌の詳細です。


日経SYSTEMSの公式サイトへ
本・雑誌 日経SYSTEMS
本・雑誌内容 「日経SYSTEMS」は、ワンランク上を目指すITエンジニアのための総合情報誌です。情報システムの基本からシステム設計の勘どころ、プロマネ手法、ビジネススキルまでこの1冊でフルカバー。『3大スキル×3ステップ方式』で、ITエンジニアに必須のスキルや実践知識が基礎レベルから応用レベルまで段階的に無理なく身につきます。日々の業務に忙しい方でも、実務能力を磨きながら体系的にスキルアップできます。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年1月号 no.297 12月26日発行


■特集1 デジタルシフトを急げ

●デジタルシフトを急げ(022p)
●利益を増やす議論が中心 AIやIoTは手段にすぎない(024p)
●エンゲージメント向上が鍵 データ基盤の整備に注力(026p)
●RFPを前提としない開発 デザイン思考にアジャイル直結(030p)
●デザイン思考で真のユーザーニーズを引き出す(034p)
●自社の強みをソリューションに ユーザーと共に試行錯誤(036p)
●AIやIoTへのニーズ高まる 人脈を通じた転職が増加(038p)


■特集2 大胆予測 2018年のITインフラ技術

●大胆予測 2018年のITインフラ技術ITインフラテクノロジーAWARD 2018(042p)


■ユーザーPMの視点 プロジェクトの要諦

●白石 寛樹氏 三井住友カード 統合マーケティング部 グループマネージャー顧客データをAIで分析 担当者の発想力を生かす(006p)


■ユーザーITの破壊と再生

●内製のこだわりを捨てパートナーとの関係を築く(007p)


■それって丸投げ? ユーザー責任を斬る

●悪い知らせこそ早く フィードバックを怠らない(008p)


■無理筋の提案を通す最も大切なポイント プレゼンス

●強いチームには存在感あり 取り入れたい三つの活動(009p)


■もう失敗を繰り返さない プロジェクトお悩み相談室

●若手エンジニアの育成 発信とつながりが鍵(010p)


■設計レビューあるある質問箱

●シナリオレビューで重大な欠陥を見極める(011p)


■サイバー攻撃最前線

●増加が予測されるDDE悪用 Office文書にリンク埋め込む(012p)


■TREND

●AWSがベアメタルを提供開始 DBは可用性を引き上げ(014p)
●深層学習でソースコード診断 富士通が開発プロセス改革(016p)
●サイバー犯罪を支援するクラウド やっかいなことに人気(017p)


■インサイト

●中国のIT支配者 BATH いつの間にかアジア最大企業に(050p)


■涼子PMの案件簿

●リスクの受容(062p)


■プロジェクトを破たんさせない ロスコスト予防法

●リスク連鎖モデルの作成例(2)再発防止策などを加えて完成 「このときに」 でコスト軽減(066p)


■上流でどう守る? 5大脅威へのセキュリティ設計

●Webサイトへの攻撃 様々な攻撃にさらされる ライフサイクル全体で守る(072p)


■現場の最前線から知る IOTの今

●IoT事例研究(設備管理)M2MからIoTへ進化させる サービス化で価値をアップ(078p)


■デザイン思考の裏技

● 「発想」 の裏技 良いアイデアは良いお題から 悩んだときはユーザーに聞く(084p)


■ゼロから理解する 「クラウドネイティブアプリ」

●開発の勘所 サービス単位でメンテナンス デリバリーやデプロイに工夫(090p)


■読者から

●QCDの新しい観点に気付き(102p)


■編集から/次号予告

●編集から(103p)


■3分でわかる最新フロントエンド開発

● 「Epoch」 でIoTデータをリアルタイムに描画しよう(105p)


■提案力アップで“謳って踊れる”ITエンジニア

●構造から内容の順でレビューの手戻りを回避する(106p)
プロダクトNo 1281681603
出版社 日経BP社
発売日 毎月26日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。