日経SYSTEMS 定期購読・最新号・バックナンバー

日経SYSTEMSの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日経SYSTEMS雑誌の詳細です。


日経SYSTEMSの公式サイトへ
本・雑誌 日経SYSTEMS
本・雑誌内容 「日経SYSTEMS」は、ワンランク上を目指すITエンジニアのための総合情報誌です。情報システムの基本からシステム設計の勘どころ、プロマネ手法、ビジネススキルまでこの1冊でフルカバー。『3大スキル×3ステップ方式』で、ITエンジニアに必須のスキルや実践知識が基礎レベルから応用レベルまで段階的に無理なく身につきます。日々の業務に忙しい方でも、実務能力を磨きながら体系的にスキルアップできます。
本・雑誌内容詳細 ▲2018年5月号 no.301 4月26日発行


■特集1 開発トラブル脱出法

●開発トラブル脱出法 現場の窮地を突破する(042p)
●トラブル続きの開発現場 新しすぎて実装できない 残業削減で負荷集中(044p)
●進捗が遅れる 要件の肥大化は兆候で対処 突然の遅れはWBS組み直し(046p)
●チームが壊れる 心のケアもPMの重要業務 瓦解を止めるベテランの裏技(051p)
●設計ミスで品質が悪い 全体を見渡せる図を作成 先人の知恵入り表でレビュー(054p)


■特集2 無停止運用の切り札 NoOpsがやってきた

●無停止運用の切り札 NoOpsがやってきた(058p)


■異能エンジニアの肖像

●Supership CTO室 園田 裕貴氏実用に足る製品を作り上げるのは見かけよりもずっと難しい(006p)


■TREND

●マネジメント 工事進行基準の廃止が決定 売り上げ計上処理の見直しを(008p)
●エンジニアリング 日本オラクルが自律型DBクラウド 自動チューニングで他社に攻勢(009p)
●エンジニアリング Javaのノウハウを社外に公開 NTTが狙う人材確保の“新技”(010p)
●ビジネス 8700万人分のデータが流出 FacebookがAPIを仕様変更(011p)


■永井昭弘のもっとすごい現場

●SESによる立て直し 瑕疵担保で食い違う(012p)


■ビジネス価値を高める強いITチーム

●うまくいかない人材育成 方向修正で成長に導く(013p)


■サイバー攻撃最前線

●OSSツールがはびこる PowerShell攻撃の脅威(014p)


■エンジニアのための らくらくプレゼン術

●PCをいきなり使うのはダメ 倍速で資料を作る3つのコツ(016p)


■デジタル変革に効く ロジカルシンキング

●足場となるコンテキストを合わせ 同じSo what? を見てもらう(018p)


■演習で分かる欠陥の見つけ方 失敗しない設計レビュー

●スマートホームの暗黙的な保証内容を探す(020p)


■5分でわかる さわって試せるIoT

●IoT向け通信 「Sigfox」 を使って温度や湿度を送ってみよう(022p)


■インサイト

●あの一世風靡製品をモダナイズ! デジタル時代に追随せよ(066p)


■今からでも間に合う AIのキホン

●モデル作成の基本 機械学習モデルの構築が普及 課題理解とデータ拡充がカギ(080p)


■プロジェクトマネジメント最新作法

●プロジェクト計画 変動を計画の前提に軌道修正の手立てを用意(086p)


■駄目なテストのありがち6パターン

●中身のないテスト計画書 致命的なテストの抜け漏れ 実は全体計画書に原因あり(092p)


■生産性と士気を高める ハイブリッドアジャイル

●要件を固めやすくするプラクティス反復で少しずつ定義 決まった要件はチケットで管理(098p)


■実践! クラウド移行の正攻法

●クラウド引っ越しの選択肢 移行方法は7パターン 段階的にレガシーを解体(104p)


■隠れた損失を撲滅! 失敗に学ぶロスコスト管理

●マイグレーション起因のロスコスト不明確な役割分担で致命傷 たかが移行作業と侮るな(110p)


■読者から

●働く環境は自ら勝ち取るもの(120p)


■編集から/次号予告

●編集から(121p)
プロダクトNo 1281681603
出版社 日経BP社
発売日 毎月26日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。