サラサーテ 定期購読・最新号・バックナンバー

サラサーテの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

サラサーテ雑誌の詳細です。


サラサーテの公式サイトへ
本・雑誌 サラサーテ
本・雑誌内容 バイオリン・チェロをはじめ、弦楽器のお得な情報が満載。弾く人も、聞く人も・・・すべての弦楽器ファンにおくります
本・雑誌内容詳細 サラサーテ 2018年2月号(Vol.80)

●特集 わが愛、ショスタコーヴィチ
 ソヴィエト連邦を代表する作曲家ドミトリー・ショスタコーヴィチ(1906~1975)の音楽について、プロから学者、アマチュアまで、ショスタコーヴィチを偏愛する方々にその魅力を語ってもらった。聴かず嫌いだった方にも面白く読める内容を、是非。
◯井上道義、交響曲全15曲を語る
◯歴史としてのショスタコーヴィチ 亀山郁夫
◯交響曲第5番に聴く《カルメン》 金子建志
◯交響曲第5番をどう弾くか/私的ショスタコーヴィチ論 荒井英治
◯崔文洙(チェ・ムンス)インタビュー
◯クレブ・ニキティン インタビュー
◯オーケストラ・ダスビダーニャ メンバー座談会

●特集 [基礎講座リターンズ]]プロに聞く“弦の張り替え”
 初心者はもちろん、上級者にも基本を見直してもらいたい[基礎講座リターンズ]。今回は“弦の張り替え”。ヴァイオリン製作マイスター茂木顕氏、弦楽器店の御子柴ことみ氏の解説と、﨑谷直人(Vn)と長谷川陽子(Vc)の弦との付き合い方。


●表紙&Artist Close-upを飾るのは、エール弦楽四重奏団
毛利文香(Vn)、田原綾子(Va)、山根一仁(Vn)、上野通明(Vc)。各人がコンクールなどで10代の頃から実績を積み現在、ヨーロッパ各所に留学して学びつつ演奏活動もアクティヴに行う彼ら。エール弦楽四重奏団としてと共に、ひとりずつのインタビューを行い、“これから”に向かう彼らに迫ります。●モダン・イタリーの逸品/ジュゼッペ・ドラッツィーニ(1879~1957)

●STAGR PICK UP/アイズリ・クァルテット

●アーティストインタビュー/ヘーデンボルク・トリオ(和樹・直樹・洋)、レイ・チェン(Vn)、ウェンティン・カン(Va)、周防亮介(Vn)中村恵理(Sop)

〇「低音ジャーナル」 NHK交響楽団のコントラバス奏者、岡本潤

🔴以下、人気連載
〇TSUKEMEN「俺たちの音楽」の話 KENTA
〇森武大和の「歌劇場コントラバシスト演奏日記」
〇加藤正幸の「弓付けの極意」チャイコフスキー《トレパーク》
〇鈴木康浩の「ヴィオラのオーケストラスタディ」チャイコフスキーの《弦楽セレナード》
〇森元志乃の「ヴァイオリン基礎テクニック、リターンズ!/ディナーミク
〇柏木真樹の「良い演奏のための処方箋」
〇黒川正三の「チェリストのための基礎講座」第21回/モーツァルト初期の弦楽四重奏曲
〇長谷川陽子の「チェロを始めよう!」ドヴォルジャーク《ユモレスク》
〇倶楽部チェロ
〇「遠藤紀代子の一筆エッセイ」チェコにて
〇志村寿一の「身体と音楽との調和」/良い練習
〇川畠成道の「レガート・コンチェルタンテ」
〇「プリヴィェット、レーピン!」

●アマチュアオーケストラを訪ねて/みずほフィルハーモニー

●ヴィオロニステ♪
ピアニスト若林顕とのデュオを極めつつ、室内楽にも意欲的に取り組む、ヴァイオリニスト鈴木理恵子。自身がリーダーを務めるプロジェクトNの新しいアルバムをリリースしたジャズヴァイオリニストの里見紀子にインタビュー。

●他、レポート、楽器周り紹介も充実

★巻末楽譜
バルトーク/弦楽器のための協奏曲 第4楽章より「中断」(弦楽四重奏版)
シュトラウス/鍛冶屋のポルカ(ヴァイオリン・ヴィオラ二重奏版)

★創刊15周年記念
2018年は『サラサーテ』創刊15周年です。記念企画と豪華プレゼントを用意しました。
☆特別企画・豪華読者プレゼント 多数
☆創刊15周年記念〈特別企画〉モニタープレゼント ヴァイオリン(ヤマハ)
プロダクトNo 1281681540
出版社 せきれい社
発売日 毎奇月2日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。