サラサーテ 定期購読・最新号・バックナンバー

サラサーテの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

サラサーテ雑誌の詳細です。


サラサーテの公式サイトへ
本・雑誌 サラサーテ
本・雑誌内容 バイオリン・チェロをはじめ、弦楽器のお得な情報が満載。弾く人も、聞く人も・・・すべての弦楽器ファンにおくります
本・雑誌内容詳細
●特集 もっと低く、もっと楽しく!! コントラバスを弾く
 本誌2度目の特集。様々なコントラバス奏者が登場、テクニック、専門店、その世界を読み解く。
◯名古屋フィルのコントラバス!
◯若手コントラバス鼎談(N響・矢内陽子、リンツ・ブルックナー管首席奏者・森武大和、東京音楽コンクール入賞者・白井菜々子)
◯クロサワバイオリン コントラバス本店
◯曽我大介(Cb→指揮者)インタビュー
◯コントラバス首席鼎談(読売日本交響楽団・石川滋、東京都交響楽団・池松宏、NHK交響楽団・吉田秀)
◯コントラバスの音の作り方(幣隆太朗)
◯もっと低く、もっと楽しく、4弦と5弦の楽器をめぐって
◯U.S.A.─日本 コントラバス文化事情(岡本哲史)
「低音ジャーナル」と「森武大和の歌劇場コントラバシスト演奏日記」は、特集連動。
後者はウィーン・フィルへのエキストラ体験を語ります。

●特集 メンテナンスガイド2017:冬のメンテナンスと全国各地の楽器店・工房38店を紹介。


●表紙&Artist Closeup
チェリストの伊藤悠貴です。日本とイギリスを拠点にめきめき実力を発揮する彼に注目。7歳でチェロを始め、15歳の時にイギリスへ。全寮制の音楽高校からダヴィド・ゲリンガスに師事し、英国王立音楽大学から現在までの歩みを紹介。活躍が期待される伊藤悠貴に迫ります。

●[現地レポート]バルトーク世界コンクール ヴァイオリン2017
 「バルトーク世界コンクール&フェスティバル」は、9月9日~17日、バルトークの生誕135年を記念して、彼の祖国ハンガリーのブタペストで、リスト音楽院の運営で開催。その国際ヴァイオリンコンクールを現地取材&詳細レポート。日本の髙木凛々子が見事に第2位を獲得、入賞者と審査員長サルヴァトーレ・アッカルド、審査員清水高師のインタビューを掲載。

●モダン・イタリーの逸品/ジュゼッペ・オルナッティ(1887~1965)の1923年製ヴァイオリン

●STAGR PICK UP/東京フィルハーモニー交響楽団・三浦章宏&横山幸雄

●アーティストインタビュー(モルゴーア・クァルテット、荒井里桜(Vn)、三井静(Vc))

●「cafe du 室内楽 室内楽の極意【32】」はアルディッティ弦楽四重奏団の神髄に迫る。

●以下、人気連載も続々・・・
・森元志乃の「ヴァイオリン基礎テクニック、リターンズ!」第4回は“音階”。
・黒川正三の「チェリストのための基礎講座」は、ベートーヴェンのチェロソナタ第3番(全曲)を題材に。
・長谷川陽子の「チェロを始めよう!」。今号はドヴォルジャークの《ユモレスク》について前篇。
・TSUKEMEN「俺たちの音楽」の話はリーダーのTAIRIKU(Vn/Va)が登場。自分とTSUKEMENの未来を語ります。
・遠藤紀代子の一筆エッセイ
・志村寿一の「身体と音楽との調和」は、「練習の方法」の1回目
・「アマチュアオーケストラを訪ねて」は、ゲーム音楽を演奏する「ファイナルストライクオーケストラ」
・川畠成道の「レガート・コンチェルタンテ」
・「プリヴィェット、レーピン」


●仙台クラシックフェスティバル2017

●クレモナムジカ(イタリアでの世界最大級の弦楽器展)
などなど。
プロダクトNo 1281681540
出版社 せきれい社
発売日 毎奇月2日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。