CSR企業総覧(雇用・人材活用編) 定期購読・最新号・バックナンバー

CSR企業総覧(雇用・人材活用編)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

CSR企業総覧(雇用・人材活用編)雑誌の詳細です。


CSR企業総覧(雇用・人材活用編)の公式サイトへ
本・雑誌 CSR企業総覧(雇用・人材活用編)
本・雑誌内容 ※2017年度版よりCSR企業総覧は雇用・人材活用編とESG編に分かれて発行されています。 共生の理念を実現し、真のグローバル企業になるにはCSR・社会的責任を全うすることが不可欠となる。日本企業のCSRの現況を初めてまとめた『CSR企業総覧』が公刊されることで、CSRへの理解・促進が一層進むことを期待したい。 【御手洗冨士夫キヤノン代表取締役社長の推薦文より】
本・雑誌内容詳細 よい会社、大きな問題が起きにくい持続性の高い会社を見つけるために必須の情報となったCSR(企業の社会的責任)の専門情報誌。雇用・人材活用編とESG編の2冊に主要1400社の詳細情報を収録。『週刊東洋経済』のCSR企業ランキングの使用データはこの2冊にすべて掲載。5段階評価による格付けで、有力企業の取り組みがひとめでわかる!

「雇用・人材活用編」は、ダイバーシティ、障害者雇用、ワーク・ライフ・バランス支援策などの情報を収録。企業の基盤である「人」に焦点を当てた情報で研究者やESG調査機関だけでなく就職活動やゼミなどにも幅広く利用可能!


目次

主な掲載項目

1413社のCSRデータ一覧
1.基礎データ
従業員数、平均年齢、勤続年数、平均年間給与、臨時雇用者数、連結従業員数、外国人従業員数、年齢別社員数、新卒・中途採用人数、離職者数、新卒入社者の定着状況

2.多様な人材活用
多様な人材の管理職比率等の現状・目標、多様な人材登用推進の専任部署、退職した社員の再雇用制度、65歳までの雇用、LGBTへの対応・取り組み、多様性推進のための基本理念、多様性尊重のための経営方針・トップコミットメント、多様性推進の中長期ビジョン、多様性推進の取り組み

3.人権・労働問題
人権尊重・差別禁止の方針、人権デューデリジェンス、人権尊重・差別禁止等の取り組み、ILO中核的労働基準を尊重した経営、最近発生した労働問題・対応

4.障害者雇用
雇用実人数、障害者雇用率の目標、特例子会社、障害者雇用の取り組み

5.人事・評価制度
能力・業績評価基準の公開、能力・評価結果の従業員本人への公開、1人当たり教育研修費用の把握、従業員の満足度調査、海外等での人事・評価制度、海外での人事・評価制度例

6.ワーク・ライフ・バランス
産児・育児制度と取得状況・取り組み(育児休職者数、育児休業取得率、育児休業復職率)、看護・介護制度と取得状況、3歳~就学前の子を持つ社員の利用可能制度、特筆すべき両立支援制度

7.賃金・休暇・諸制度
30歳平均賃金、総労働時間、残業時間・残業手当、残業削減の取り組み、有給休暇日数と取得状況、ボランティア休暇・休職制度と利用状況、勤務柔軟化への諸制度、インセンティブ向上への諸制度

8.労働安全衛生
生産部門等の有無、労働安全衛生マネジメントシステムの構築、労働安全衛生活動の取り組み、労働災害度数率、メンタルヘルス休職者数、メンタルヘルスの取り組み、労働安全衛生・表彰歴

9.CSR&財務評価(格付け、得点)
CSR評価(人材活用、環境、企業統治、社会性)、財務評価(成長性、収益性、安全性、規模)
プロダクトNo 1281681464
出版社 東洋経済新報社
発売日 11月の30日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。