紙の爆弾 定期購読・最新号・バックナンバー

紙の爆弾の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

紙の爆弾雑誌の詳細です。


紙の爆弾の公式サイトへ
本・雑誌 紙の爆弾
本・雑誌内容 噂の真相の受け皿雑誌として、そのスキャンダリズムを継承した新しいスキャンダル雑誌です。ペンのテロリストとして、世の中の巨悪に立ち向かいます。
本・雑誌内容詳細 ● 自民党で“安倍後”に向けた動きも活発化
  安倍晋三はこうして退陣する

● 編集長・中川が一から聞く日本社会の転換点

 ① 民主主義の危機「公文書改ざん」 上坂博之(神戸学院大学教授)
 ② 政権と経済界の詭弁に「労働権」で対峙する 中島由美子
 ③ 自称「保守勢力」による壊憲を止める

● 改ざんと職員の死が示す立憲国家崩壊
  森友事件 逃れられない安倍政権総辞職

●「東芝府中人権裁判」から何を学ぶか
  職場での執拗ないじめと拡大する「個人の受難」

● ブラック企業との労働訴訟
  「アリさんマークの引越社」に現役社員として“全面勝利”

● 被害者なし、被害なしの不当逮捕「人民新聞」弾圧 
  暴走する公安警察

● 日本会議系団体理事が指示「道徳」を“数値評価”していた文科省研究開発学校

● 日本人がどっぷり浸かる「仮想通貨」という幻想

● 100年遅れの日本「スポーツと人権」公取委と事業者の攻防

● 【対談】天木直人×田中宏和 後編
  民を利して心を動かすリーダーを!

● “お友だち”への国有財産投げ売りを企てた某政府高官の「妻殺し」(全編)

● レスリングパワハラ騒動“仕掛人”の正体

● 背後には東京五輪利権“芸能界のドン”とNHKの癒着

・あの人の家 ・NEWSレスQ ・コイツらのゼニ儲け 西田健 ・「格差」を読む 中川淳一郎 ・ニュースノワール 岡本萬尋・ ・シアワセのイイ気持ち道講座 東陽片岡 ・キラメキ★東京漂流記 村田らむ ・裏から世界を見てみよう マッド・アマノ ・この国の危険水域 西本頑司 ・広島拘置所より… 上田美由紀 ・元公安・元イスラム教徒西道弘はこう考える ・まけへんで!水谷真麻  




プロダクトNo 1281681351
出版社 鹿砦社
発売日 毎月7日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。