医薬経済 定期購読・最新号・バックナンバー

医薬経済の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

医薬経済雑誌の詳細です。


医薬経済の公式サイトへ
本・雑誌 医薬経済
本・雑誌内容 医療・医薬品を取り巻く錯綜した状況に対し、明確なオピニオンを打ち出すと共に、オリジナリティーに溢れた記事、掘り下げた”調査報道”を読者に提供、好評を博している。
本・雑誌内容詳細 **【特 集】********************
■どん底を見た化血研「再生」の道―体質改善を模索も付きまとう事業譲渡の影

■臨床研究法で早くも混乱の予感―実効性に疑問、急ごしらえのルールに戸惑いも
■日本化薬とヤクルトは「耐える日々」―注射用抗がん剤後発品市場も茨の道
■ゼリア新入社員が自殺に追い込まれた理由―厳しい研修を課すコンサル会社は医薬品業界が設立
■ベルケイド後発品はいつ上市されるか―注目新薬と市場展望⑭
■新規抗がん剤開発の行方1
■快進撃が止まらない「ドンキ」―OTC薬販売で見せたゲリラ的マインドも健在
■大日本住友が迎えた「正念場」―19年度は「赤字回避」か「健全なる赤字」か
■燻り続けるか「日英同盟」の小さな火―アストラゼネカと第一三共の相性度
■「荒野の一本杉」を貫けるか第一三共―日本市場で鍛えられた手強い外資企業


==【連 載】====================
◆OBSERVER=安田二朗 長崎大学熱帯医学研究所教授
◆世界の医薬品業界=世界の大型品とイノベーション・ジレンマ
◆薬剤経済学=がんの免疫療法━薬剤併用のときの費用対効果比(前)
◆海外時報=CART細胞療法47万ドルはチャリティー価格か
◆変革期迎えた中国医薬品業界=MR容認の方向へ
◆移植医・大島伸一回顧録=⑥学会
◆技術革新と製薬企業の明日=CART療法の衝撃
◆医薬経済気象台=景気の頼みの綱は設備投資
◆製薬企業の経営診断=ウェバー戦略に注目
◆医政羅針盤=盛り上がる子育て関連財源論争の行方
◆経済記事の読み方=「事後」から「事前」に方針転換する金融庁

◆Patient Relations=NPO法人 わたしのがんnet
◆エンディングノート= 田原総一朗

◆MR活動実態調査レポート=ウェブ型と会場型の「違い」
◆環境激変 MR進化論=他人の資料を上手につくろう
◆Dear Tomorrow 新しいヘルスケアマーケティング=米国はあまり変わっていない
◆鳥集徹の口に苦い話=医師の超高額な「非証明治療」 国は本気で法規制検討を
◆時流遡航=夢想愚考―わがこころの旅路⑯
◆読む医療=オールトライアルズ運動の必要を語るが
◆平時医療体制の破錠に備える=仕様書に〝殺される〟陸上自衛官
◆審査建言=「一罰百戒的」な薬事行政の是非
◆眺望「医薬街道」=後期高齢者に順次2割負担を

◆Current Issues
◆ニュースダイジェスト
◆NOTEBOOK●こぼれ話
◆時感/編集後記
プロダクトNo 1281681237
出版社 医薬経済社
発売日 毎月1,15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。