月刊WiLL(マンスリーウイル) 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊WiLL(マンスリーウイル)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊WiLL(マンスリーウイル)雑誌の詳細です。


月刊WiLL(マンスリーウイル)の公式サイトへ
本・雑誌 月刊WiLL(マンスリーウイル)
本・雑誌内容 大新聞は書けないことが多過ぎ、テレビは信頼に値しない。といって、ネット情報は玉石混淆。混乱する日本に信頼できる情報、まっ当なものの見方、大人の常識を提示する、おもしろくて、ためになる月刊誌!
本・雑誌内容詳細 内容紹介

◎新春特別企画
■櫻井よしこ・葛西敬之…明治百五十年 世界の中で咲き誇れ、日本!
■藤原正彦…賢者の風格は読書にあり

◎総力特集 カラ騒ぎに終った「モリ・カケ」朝日報道
■阿比留瑠比…読者の批判に「あほらし屋の鐘が鳴る」とウソぶく朝日記者
■和田政宗…朝日新聞への「死亡証明書」
■義家弘介…忖度もヘチマもない審議プロセス
■髙山正之・長谷川幸洋…記者の仮面をかぶった活動家だよ

◎大相撲の危機
■宮脇淳子…モンゴル力士はなぜ嫌われるのか
■玉木正之・川村二郎…見苦しいぞ、バンザイ白鵬

◎中国こそ脅威
■古森義久…尖閣奪取! 開戦前夜
■坂元一哉…覇権を求める中国に友人はいるか
■奥山真司…地政学でみる 中国最大の弱点・マラッカ海峡

◎新聞社の怪
■鴨野守…全都道府県調査レポート 県庁で『赤旗』購読の怪
■上念司・大高未貴…『朝日』『赤旗』購読になぜ公費支出か
■百田尚樹・有本香・我那覇真子…『沖縄タイムス』と戦闘状態に入れり

◎日本経済・産業の行く末
■高橋洋一…これもフェイク報道「日本のものづくりは危険」は大ウソ
■竹中平蔵…安倍政権で第四次産業革命を迎え撃て

◎背後の仕掛け人
■馬渕睦夫…《地球賢聞録 Special》北朝鮮
■ジェームズ・A・ライアン(聞き手:藤田裕行)…日米戦争

◎《ツネヒラの逆襲》
■古谷経衡…フィリピンは日本の敵か味方か

◎サイバー戦争
■深田萌絵…堂々と日本のデータセンターに巣喰う中国スパイ

◎サンフランシスコ慰安婦像の衝撃!
■渡邉哲也…華人“くノ一”の暗躍

◎北朝鮮難民船問題
■坂東忠信…軍籍海賊の襲来に備えよ

◎ドイツ連立政権の行方
■川口マーン惠美…ドイツも“緑のタヌキ”に潰される!?

◎時代劇復権!
■榎木孝明…時代劇で日本を取り戻そう

◎特報 原発問題
■奈良林直…世界が喝采した「日本学術会議放射線被ばく報告」フクシマはノープロブレム

◎グラビア 現代写真家シリーズ
立木義浩…“花気色”――夢の情景

◎エッセイ
■曽野綾子…《その時、輝いていた人々》「対寒対策」
■古田博司…《預言者の時代》大国幻想で疲弊するソロモン王代
■中村彰彦…《歴史の足音》松平容保はなぜ賊徒とみなされたのか
■西岡力…《月報 朝鮮半島》金正恩、白頭山に立つ
■石平…石平が観た日本の風景と日本の美
■高田都耶子…《こころのエッセイ》海軍タルト
■KAZUYA…《KAZUYAのつぶやき》ツッコミ練習に最適な朝日新聞
ほか
プロダクトNo 1281681159
出版社 ワック
発売日 毎月26日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。